HOME > 服が欲しいけどお金がない!我慢せず節約しながら洋服を買う方法

服が欲しいけどお金がない!我慢せず節約しながら洋服を買う方法

服が欲しいけどお金がないから我慢している方は多いのではないでしょうか。実は、私もそんな人の1人だったりします。

服って流行り廃りが早いですし、どんどん新しい服が欲しくなりますよね。もちろん長く使えるような洋服もありますが、自分好みの洋服を見つけちゃうと我慢するのが辛い……。

買った時はすごくテンションが上がるのですが、後でカードの請求額を確認して「え、こんな使ってたっけ……」ってなっちゃうんですよね。

「まぁでも来月になったらカード更新されるし♪」なんてことを繰り返して、気がつけばクレジットカードの沼にはまってしまうという……。

友達と遊ぶお金や生活費だって必要だし、将来に備えて貯金もしておきたい。でも洋服とか買い物も我慢したくない! そんなお金のやりくりって可能なのでしょうか?

今回は、服が欲しいけどお金がない方に向けて、買い物を我慢せず、かつ、節約しながら洋服を買う方法についてお話していきたいと思います。

毎月、洋服に使っているお金はいくら?


生活などに必要なお金や貯金用のお金を確保しつつ、欲しい洋服を手に入れるためには、まず自分が服を購入するのにどれくらい使っているのかを知ることです。

例えば、月のお給料が20万円くらいだとします。その20万円の中で出費の割合を出してみましょう。

洋服代5万円
生活費5万円
交際費3万円
携帯代1万円
交通費1万円
雑 費1万円
食 費4万円
合 計20万円

現状の出費がざっくりこんな感じだとしましょう。

もはや得たお金は、全て使い切るって感じですね。貯金したいのであれば、このままじゃダメなのでどうにか節約していかなければなりません。

洋服をプチプラなどに路線変更


きっとみなさん好きな洋服のブランドがあると思います。他のブランドとかプチプラファッションなんてポリシーに反する! なんて人もいるのではないでしょうか。

でも最近のプチプラブランドも質が良いですし、おしゃれデザインのアイテムもたくさんありますよね。

ブランドに頼るよりも、いかにプチプラアイテムでおしゃれにコーディネートするか。真のおしゃれさんなら、こういったファッションの楽しみ方も一つだと思います。

毎月、1着1万円相当の洋服を5着買っていたとしますよね。これを1着5,000円相当にまで落とせば、2万5,000円も節約できちゃいます。

もちろんもっと安いアイテムを購入すれば、これまでと同じ数のアイテムを購入しているにも関わらず、出費を抑えることができるわけですね。

古着屋も結構おすすめ


好きなファッションのスタイルにもよると思いますが、古着屋さんを利用するのもおすすめです。おしゃれなアイテムが安く売られていることがあります。

ただアイテムによっては、プレミアなどが付いていて、本来の定価よりも高い値段で売られていることもあるので要注意。

服の好みが合う人は、古着屋さんで掘り出しアイテムを見つけるのも楽しいですよ。一点物とかもあるので他人と差をつけられます。

本当に欲しい洋服だけを買う


今まで自分好みの洋服があったらすぐ買っていた方もいるのではないでしょうか。しかし、節約や貯金をしたいなら、財布を出す前にじっくり検討してみましょう。
  • 本当にいる?
  • 買ってどれくらい着る?
  • 持ってる服と合わせやすい?
  • 似たデザインで安いやつない?
  • 他に優先するものはない?
こういったことを考えることで、「いや、これはやめておこう」となるかもしれません。本当に欲しい洋服だけを買うことで、無駄な出費を抑えることができます。

買っても数回しか着ないとか、いざ買ってみたらイメージと違ったとかそういうアイテムってありませんか? 結局着ないならそれって節約か貯金に回した方が有意義ですよね。

着なくなった洋服は「売る」か「捨てる」


洋服好きの人って、ついつい過去に買ったアイテムを大切にしちゃうんですよね。どうせ着ないのに「どこかで使うかも」なんて思って、タンスの肥やしが溜まっていきます。

でもたまには、断捨離するのも大切です。最近では、ミニマリストが増えていますからね。着ない服を処分すれば、服選びが慎重になって次回から買う量が減るかもしれません。

ちなみに洋服は、売ってもあまり良い値段が付きません。ブランド品とか高級品なら別ですが、それ以外は「あれ、たったこれだけ?」となる可能性が高いです。まぁ0円よりは良いと思います。

もちろん今回は、「我慢しない」ことがポイントですから、無理して買わないように意識する必要はありません。「そんなたくさん買わなくていいや」程度に思えるなら減らしても良いと思います。

洋服代以外の出費で抑えられる部分はないか


洋服代以外で節約できるお金としては、どういったものが挙げられるでしょうか。先述したものから挙げると例の項目があります。

生活費5万円
交際費3万円
携帯代1万円
交通費1万円
雑 費1万円
食 費4万円

この中から節約できるお金がないか考えてみましょう。

生活費を節約


生活費は、家賃とか諸々含むので今より安い家賃のところでなければ節約が難しいかもしれません。それこそ水道代とか光熱費とか電気代を節約する話になってきます。

よっぽど無駄遣いしていない限りは、無理に節約して窮屈な生活になってしまうとストレスになってしまいます。

食費を節約


食費に関しては、もう少し削ることができるかもしれませんね。頑張れば、半分の2万円くらいには節約できるのではないでしょうか。

交際費を節約


交際費も場合によっては抑えられるかもしれません。ただ付き合いもあると思いますので、ある程度はお誘いがあれば乗った方が良いでしょう。

でもちょっと安めの居酒屋を選ぶとか、カフェでお茶だけにするとか、そういう風にすれば多少は節約できると思います。

携帯代を節約


おそらくほとんどの方は、スマホを使っていると思います。大体大手キャリアを使っている場合、月々1万円前後の支払いとなるのではないでしょうか。もちろん契約内容によって前後はすると思います。

特にキャリアにこだわりがないのであれば、格安SIMに替えるのも一つの方法です。格安SIMなら月々2,000〜3,000円の支払いで済むケースもあります。

最近では、SNSし放題といったプランもあります。ただインターネットの通信速度制限にかかりやすいこともあるため、動画やインターネットをよく利用する人は要検討。

大手キャリアでも、プランを見直してみると結構無駄なオプションが付いていることがよくあります。一度、確認してみることをおすすめします。

交通費・雑費を節約


電車やバスを利用して通勤・通学している人は、定期やICカードの料金がかかりますよね。いわゆる定期代を節約しようと思ったら、やはり徒歩から自転車しかありません。

ある程度距離がある人は、徒歩だと厳しいので自転車になるでしょう。ただ自転車の場合は、駐輪場の費用などが発生する場合もあるので気をつけてください。

会社や学校が所有する駐輪スペースがあるなら問題はありません。節約のために路駐していると撤去されて、無駄なお金を支払わなければならなくなるので注意。

節約で浮いたお金はいくら?


これまでお話した部分で上手く節約できたとして、大体いくらのお金が浮くのでしょうか?

洋服代5万円 → 2万5,000円
生活費5万円 → 4万円
交際費3万円 → 2万円
携帯代1万円 → 3,000円
交通費1万円 → 0円
雑 費1万円 → 5,000円
食 費4万円 → 2万円
合 計20万円 → 11万3,000円

なんと8万7,000円も節約することができましたね。洋服代を我慢しなかったとしても、6万2,000円ですから、貯金する余裕も生まれます。

もちろんここまで節約しようと思ったら、なかなか大変かもしれませんが、本気で服が欲しいならその他にかかるお金を削るしかありません。

給料日前にどうしても服が欲しい場合は、カードローンを利用するのも一つの方法ですが、契約時に設定した返済額・返済期日でお金を返さなければいけません。

また借入した分だけでなく利息も発生しますから、その分も加味して無理なく返済できそうなら利用してみてはいかがでしょうか。

今すぐ服が欲しいなら即日融資可能のカードローン


限定商品・人気商品となると、早く購入しないとすぐに売り切れになるかもしれませんね。たまたま店頭で気になる商品を見つけたけど在庫残りわずかで、しかも手持ちのお金がない! なんてケースもあるかもしれません。

そんな時は、即日融資に対応しているカードローンがおすすめです。即日融資可能のカードローンとしては消費者金融が挙げられます。

プロミスなど大手消費者金融であれば、サービスもきちんとしているので安心ですし初めての方でも利用しやすいでしょう。

審査がスピーディーで、早めに申込すれば即日融資だって可能です。ただ金利が銀行カードローンに比べて高いというデメリットはあります。

それでも初めて契約する方であれば、無利息サービスなんかも用意しているのでお得に借入できるでしょう。

5万円以下の借入で良いなら、おすすめはレイクALSAです。レイクALSAは、初めての契約で5万円以下の借入の場合、180日間無利息で利用することができます。

3ヶ月間、利息がかからないのであれば、無理せずスムーズに返済できますよね。ただ5万円以上借入すれば、通常通りの金利が適用されますので注意。

lake00_300x250
レイクALSAの公式サイトでお申込み

服が欲しいなら節約して我慢しない買い物を楽しもう


服が欲しいけど我慢しなければならない状況というのは、おしゃれ好きの方からすればとてもストレスですよね。我慢せずに買い物を楽しみたいなら、洋服代以外のお金を節約しましょう。

家計簿を取るなど、自分の収入と支出を見直してみましょう。以外にも無駄な出費が多いことに気がつくかもしれません。無駄があれば、単純にそこを削ればお金は浮くはずです。

それでも今すぐ服が欲しい場合は、一時的にカードローンに頼るのも一つの方法です。中には、即日融資・無利息サービスのあるカードローンもあります。

ただ自分の物欲を解消するためだけに、お金を借りることがクセ付かないように気をつけてください。返済に追われて生活が苦しくなれば本末転倒です。

きちんと計画を立てて、無理なく返済できる範囲で借入するようにしましょう。

レイクALSA

満足度3.5

新生銀行

ここがポイント!

  • カードレスで利用可能!
  • 主婦・学生もパート・アルバイトOK※安定した収入がある方
  • お借入れ全額60日間特典
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード -
4.5~18.0% 1万円~500万円 最短15秒 Webで最短60分融資も可能! -
  • クチコミ
  • 審査情報
ゴミクズ 星5
神企業か❗
【一部削除】街金2件150万円。ダメ元でネットでレイクに申し込みした所、20秒で仮審査10万円OKでした。速攻で無人契約機に行き、カード発行。まさかの大手に審査通るなんて❗宝くじ当たったかのようにビックリしました。みなさん申し込むだけでもチャレンジしてみて下さい。仮審査結果はすぐにネット上ででるので、とても良いです。あと、街金でオススメなのがアローかライフティーです。時間はかかりますがここもすごい神です
リンゴ秘め 星5
車をぶつけ修理をしようと思い、【一部削除】お金がない状況で他社では不可ばかりだったのに、レイクさんではお借りすることができました。
30万まで借り入れ可能ですが、修理代だけの15万円をお借りし毎月支払も5千円なので無理なく返済していこうと思います。
オペレーターの方も初心者の私に分かりやすく優しく疑問にも丁寧に教えて頂き頭の下がる思いです。
後15万は手を着けずに車を大切にしようと思います。
ありがとうございました!
平均年収 366万円
平均勤続年収 3年11ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:54%
  • フリーター:18%
  • 会社員上場:8%
  • 自営:7%
  • 他:13%
保険証
  • 社会保険証:46%
  • 国民保険証:33%
  • 組合保険証:8%
  • 共済保険証:2%
  • 他:11%
平均融資額 35万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 ※収入証明はレイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 <特典>・初めてご契約の方は初回契約日の翌日から特典利用可能 「お借入れ全額60日間特典」もしくは「お借入れ額5万円まで180日間特典」の選べる特典サービス ・いずれも契約額1万円~200万円まで ・60日間特典はWeb申込限定・30日間特典、60日間特典、180日間特典は併用不可 ・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいたお客さま・特典期間終了後は通常金利適用。ご契約額が200万超えの方は30日特典のみになります。Web以外で申込された方は60日間特典を選べません。
  • レイクALSA
トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?