HOME > リボ払いのやばさはカードローンよりも危険?気を付けるべきポイントとは?

リボ払いのやばさはカードローンよりも危険?気を付けるべきポイントとは?

テレビやクレジットカードの会員画面などで
リボ払いで無理なく支払い
今リボ払いに変更すると〇〇ポイント
といった広告を見たことはありませんか?

銀行がそうした広告をしている反面、ネットではリボ払いがやばいという意見が非常に多く挙がっています。


リボ払いはここがやばい!返済に困る理由とは?

リボ払いはクレジットカードの毎月の支払額を一定にすることができる返済方法です。
「今月ちょっと使いすぎたから来月が心配……」
「毎月クレジットカードの支払いに追われている」

という方にとっては飛びつきたくなるようなメリットですね。
しかし、お財布を助けるはずのメリットは一歩間違えれば膨大な借金を抱えてしまう原因となるのです。

まずはリボ払いのやばいと言われている3つのポイントを見てみましょう。

  • 返済金額が一定である
  • 手数料が高い
  • 支払い残高がわかりづらい

リボ払いで陥ってしまいがちな3つのポイントを具体的に説明していきます。

返済金額が一定になる落とし穴

1つ目のポイントは返済金額が一定になること。
簡単に説明すると、例えばあなたが10万円のクレジットカードの支払いをリボ払いに変更し、月々の支払いを1万円で設定した場合、あなたの月々の支払いは1万円で済むようになります。

しかし、リボ払いの罠にかかってしまうのはまさにこのポイントなのです。

完済するまでの期間を長くしてしまう原因であり、次に説明する手数料をどんどん膨らませてしまう隙を与えてしまうことになります。

「とりあえず1万円くらいなら財布にも優しいか」という軽い気持ちでリボ払いにしてしまうと、
リボ払いの支払いが終わらないというやばい状況のスタートを切ることになってしまいます。

支払い金額の中には手数料も含まれている

2つ目のポイントは支払いが終わらない原因となる手数料です。

手数料はどこのクレジットカード会社でも、平均的に年利15.0%で設定されています。
リボ払いの金利は「年利」なので月ごとに利率は分担されます。

15.0%の場合、半年で返済完了できれば7.5%。
さらに半分の3か月で返済完了できれば3.75%となり、早く返済すれば返済するほど手数料の負担は少なくて済みます

しかし、リボ払いを魅力に感じてしまうのは月々の支払いが少なくて済むという点。
ついつい返済金額を少額で設定し、毎月支払っているのに返済総額がほとんど減っていないという状況になってしまうのです。

返済総額を把握しづらい為、めんどくさがってないがしろにしてしまう人も多いようです。

「いやいや、さすがに気づくでしょう」
と思ったあなたは特に注意してください。

リボ払いの総額が減っていないことを「気づく」のでは既に手遅れになっているケースが多々あるからです。

リボ払いで生まれる心の隙

3つ目に注意すべきポイントはリボ払いに対する意識。
リボ払いは月々の支払い額が少ないので油断してしまう原因となります。

ほとんどのクレジットカードのリボ払いは支払日に、指定した口座から自動的に引き落とされるので「毎月返済できている」と安心感を持ってしまいますが、上記でも説明したように月々の支払いで返済している一部は手数料です。

さらに、いつも経済状況が苦しいという方にありがちなのが、リボ払いで1回分の支払い額を抑えることで「余裕」ができたと勘違いすることです。

ちゃんと返済している安心感」と「お金の余裕」によって「まだお金を使っても大丈夫」だという錯覚が生まれ、どんどんリボ払いを利用してしまうのです。


リボ払いの借金地獄に落ちないようにする方法

リボ払いを利用しようか迷っている、既にリボ払いを利用しているという方は以下の点に注意することで借金地獄に陥ることを回避できます。
  • そもそも利用しない
  • 繰り上げ返済できる計画を立てる
  • 元本の残高を把握する
  • 自動リボ払いに注意する

それぞれ詳しく説明します。

そもそも利用しないようにする

まだリボ払いを利用していない方に限られますが、リボ払いを利用しなければリボ払いで借金を作ってしまう心配はありません。
特にお金をついつい使ってしまう方やお金の管理が苦手だという方はリボ払いを利用しない方が良いでしょう

お金が必要であれば無駄遣いをせず節約したり、アルバイトをして収入を増やすのも1つの手段です。
祝い金がもらえるアルバイト求人で稼ぐ方法で祝い金をもらう方法の情報を公開しています。

リボ払いを利用するくらいなら、しっかり稼いで支払いをさっさと済ませたほうが後々の心配が減りますよ。


繰り上げ返済をして返済期間の長期化を防ぐ

リボ払いの返済には毎月の支払いとは別に、追加で返済することができます。
先ほど説明したように、リボ払いは早く返済できればできるほど手数料の負担が少なく済みます。

余裕ができたお金は返済にあてることで、完済できるまでの期間を短くし、リボ払いの借金地獄にはまりにくくなるのです。
会社のボーナスなど大きな収入があった際は一括で返済してしまうのもアリ。

どうしてもリボ払いを使わざるを得ない時は、一括返済できる目途も立てておくことで、手数料の負担を大幅に抑えることができるかもしれません。

勝手にリボ払い!?申込時に注意!

クレジットカードを新しく作ろうとしている方に注意していただきたいのは、申込用紙の自動リボ払いの項目です。

クレジットカード申込み時に「自動リボ払い」を「申し込まない」(あるいは「設定しない」)を選択するようにしましょう。

ここで自動リボ払いに設定してしまうと、クレジットカードで支払ったものは全て自動的にリボ払いに適用されてしまいます。

新しくクレジットカードを作る時は申込用紙の内容をしっかり確認しながら記入を進めましょう。

各社の自動リボ払いは以下のようなサービス名で申込書に記載されています。
カード会社サービス名
イオンカード全リボ
エポスカードいつでもリボ
dカードこえたらリボ
三井住友VISAカードマイ・ペイすリボ
楽天カード自動リボ
MUFGカード楽Pay

また、クレジットカードの中にはリボ払い専用カードというものもあり、その名の通りリボ払いだけしか利用できないクレジットカードです。

申込時の還元ポイントが高いなどのキャンペーンが魅力的なものが多く、ついつい「リボ払い専用」という文字を見落としがちなので、自分が申し込もうとしているのがリボ払い専用カードではないか注意しましょう。


一括払いが一番!リボ払いを使うくらいなら分割払い

忘れてはいけないのが、「一括払いなら手数料がかからず、借金もせずに済む方法」であるということです。

「どうしてもこれが欲しいけどお金がちょっと心配……」
「支払いのお金が足りないかも……」

それでも経済状況が良くない時は、分割払いを利用しましょう。
分割払いなら支払い回数が決まっているので、リボ払いのようにダラダラ返済し、ブクブクと借金が膨れ上がることはありません。

また、2回分割までなら手数料もかからないので負担する金額は変わらず、支払日のおよそ1週間前までならクレジットカードの支払い方法を変更することが可能です。


  • クレジット利用残高
  • 所持金
  • 口座残高

突然お金が足りない状況も避ける為に、これらをめんどくさがらず日頃からチェックし、お金の管理をしっかりチェックするように心がけましょう。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?