HOME > ショッピングローンの審査は早い?実際に利用して分かったこと

ショッピングローンの審査は早い?実際に利用して分かったこと

みなさん、ショッピングローンって利用したことありますか? 人によっては、カードローンよりも身近な存在ではないでしょうか。

家電量販店などに行くと「ショッピングローンをご利用いただけます」と記載されている商品なんかもよく見かけるかと思います。

今回は、このショッピングローンについてお話していきます。また実際に使ってみて分かった審査の難易度やスピード感なども解説していきます。

ショッピングローンとは?


ショッピングローンとは、信販会社などが取り扱っている「立替払い商品」のことを指します。家電量販店などのお店によって、さまざまなショッピングローンと提携しています。

もちろん提携するショッピングローンによって金利も異なりますが、中にはキャンペーンで金利手数料を店舗が負担してくれるケースもあります。

ショッピングローンの仕組みについて


ショッピングローンの仕組みとしては、商品購入時にショッピングローンに申込をして審査を受けます。審査に通れば、ショッピングローンを提供する会社から店舗に一括で商品の代金が支払われます。

商品購入者は、ショッピングローンを提供する会社に対して返済していくわけですね。返済回数などは、自身の収入と照らし合わせながら返済負担を考慮して選ぶことができます。

もちろん返済回数が多くなれば、毎月の返済負担は少なくなりますが、利息が発生する回数も多くなるので、かかってくるので返済総額が大きくなります。

それでも電化製品や家具など高額商品を買いたい時に、分割で購入できるショッピングローンは便利ですよね。

ショッピングローンとクレジットカードの違いは?


買い物をする時、ショッピングローンを活用するのも一つですが、中にはクレジットカードで支払いする方も多いかと思います。

クレジットカードでも分割払いが可能ですし、ショッピングローンと対して変わらないのではないか? という疑問もあると思います。

ショッピングローンとクレジットカードの違いとしては、主に下表のようなものが挙げられます。

名称ショッピングローンクレジットカード
返済方法原則分割返済(一括返済も可能)原則一括返済(分割返済も可能)
審査スピード最短即日2周間程度
カード有無なしあり
キャッシング機能なしあり

ショッピングローンの利用には、カードが不要となっています。信販会社などが代わりに店舗への支払いをしますので、カード発行手続きなどは必要ありません。

そのため審査完了から利用までも非常にスピーディーです。場合によっては、最短即日で利用することができます。

クレジットカードの場合は、文字通りカード発行が必要です。カードさえ手元に届けばとても便利なのですが、発行まで2周間程度かかるケースもあります。

そしてショッピングローンは、その商品だけを購入するために契約するものです。一方、クレジットカードは、限度額の範囲内であれば繰り返し利用することが可能です。

ショッピングローンは、一度契約すれば追加で利用することはできません。返済するだけです。不必要にお金を使いすぎることがないので、計画的に利用することが可能です。

実際にショッピングローンを使ってみた


つい最近ショッピングローンを使う機会がありました。せっかくなので、こちらの記事に利用した時のことを記載していきたいと思います。

私が購入したのは、Apple製品の「iPad Pro」と「Apple Pencil」です。イラストを描いてみたくなりまして、思い切って買ってみようという考えに至りました。

しかしiPad Proってなかなか高いですね……。モデルやストレージなどスペックによっては、89,800円〜211,800円とかなり差があります。

私は、以下のスペックで購入することにしました。

モデル12.9インチのディスプレイ
仕上げスペースグレイ
ストレージ64GB
Wi-Fi+CellularWi-Fi
合計金額111,800円(税別)

そしてApple Pencil(第2世代)が14,500円でしたので、総額126,300円+消費税で136,404円が支払い金額となりました。

一括で買えないこともありませんでしたが、1回の買い物で10万円を超えてくるとなかなか支払いに恐怖を覚えます。

そんな時に便利なのがショッピングローンです。実は、私以前にもMacBook Proを購入した際にショッピングローンを活用しました。

その時、24回まで金利0%というキャンペーンをやっていたんですね。ちょうど2年前にMacBook Proを購入して24回の支払いが終わったところだというのに……。

今回も24回まで金利0%キャンペーンを実施中でしたので、再び私は24回分割払いでiPad Proを購入するのでした。

ちなみに支払回数は、「6, 10, 12, 18, 20, 24, 30, 36回」の8パターンから選ぶことができます。Appleが金利負担してくれるのは24回までなので、30回、36回となると利息が発生してしまうので注意。

金利の負担はできるだけ抑えよう


Appleは、割と積極的に金利0円キャンペーンをやっています。「3万円以上のお買い物で」といった条件こそありますが、3万円以下ならクレカ一括で買っちゃいますよね。

家電量販店でも、「◯◯万円以上のお買い物ならショッピングローン金利を負担しますよー」みたいなところがあったりします。

金利があるのとないのとでは、返済総額はもちろん返済負担も違ってきます。では、金利が適用されるパターンとされないパターンで比較してみましょう。

Appleは、オリコのショッピングローンと提携しています。通常金利は、実質年率9.5%となっています。

金利0円であれば、136,404円の商品代だけを24回の分割払いで返していくだけです。返済額は初回のみ5,695円で、2回目以降は5,683円となっています。

では、金利9.5%だとどうなるかというと「136,404円×9.5%=12,958円」となりますから、金利だけでも13,000円近く支払わないといけないのです。

13,000円もあれば、ディスプレイの保護フィルムやカバーなんかも購入できますよね。ショッピングローンを利用する時は、金利負担をお店がしてくれるかを確認しましょう。

オリコショッピングローンの審査スピードは?


ショッピングローンの審査スピードは、早いのか遅いのかどちらでしょうか。今回利用したオリコのショッピングローンで言えば、かなり早かったです。

3月29日(金)13:09
【Orico】契約内容ご確認のお知らせ


申込書を送信してからすぐ上記のメールが届きました。

3月29日(金)13:09
【Orico】お申込み受付完了のお知らせ


同時に申込受付完了のお知らせメールも届きました。
今から審査に入るということですね。

3月29日(金)13:11
【Orico】審査完了のお知らせ


待つこと約2分……。
もう審査完了のお知らせが届きました。(笑)

私の場合、以前に一度利用していることも審査に影響しているのかもしれません。2年間一度も遅れることなく返済していましたし。

返済が終わった瞬間すぐに再度契約していますから、もしかしたら優良客だと判断されたのではないでしょうか。それにしても審査時間2分は早すぎる……。

その後Appleから「ご注文ありがとうございます。」というメールが来て、購入が確定しました。そして翌日の30日には、iPad ProとApple Pencilが届きましたよ。

こんな感じでショッピングローンも使ってみると、カードローンより便利だったりします。余計な借入をする心配もありませんし、計画的に返済できますね。

またAppleのように金利0円キャンペーンを実施しているタイミングで活用すれば、利息を節約することができるのでお得にローンを活用できます。

分割払いで返済負担を軽減しても、利息は0円のままなので返済総額が膨れることもありません。

PCやタブレットはもちろん、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった家電製品を購入する際なんかも、ショッピングローンを活用してみてはいかがでしょうか?

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?