HOME > 50万円は借りれるの?申込するときの注意点と利息の計算方法まとめ!

50万円は借りれるの?申込するときの注意点と利息の計算方法まとめ!

お金を借りるなら身近にある手段としてはカードローンを利用することですが、初回から50万円を融資してもらうのは簡単なことではありません。

仮に50万円借りることができたとしても、返済計画を立てておかなければ後々返済に困ってしまうということになりかねません

今回は50万円を借りる方法と、50万円借りた場合の利息や返済金額について解説していきます。


カードローンで50万円を借りるなら信用情報が大事

カードローンでお金を借りるなら、審査は避けて通れない道です。

審査では利用者の信用情報を元に、お金を貸してもちゃんと返済してくれるかどうかを判断します。

初回から50万円を借りるなら、信用情報に傷がない状態でなければ借りることは困難だと考えられます。

信用情報はあなたの過去のお金のやり取りについてまとめられた情報です。

クレジットカードや各種ローン、他社のカードローンを利用した際の借入金額や返済状況など。

一度自分の経歴を振り返ってみましょう。

他社からの借入があるか

他社から借入をしている場合は、その総額がチェックされます。

例えばA社から10万円、B社から30万円を借りている場合40万円の借金があるということです。

40万円借金がある人に50万円を貸した場合、借金はさらに増えて90万円となる為、返済するのは難しいと判断され50万円を借りることができなくなります。

これは消費者金融や銀行などは返済できない人に、無理に貸し付けをしてはいけないというルールがある為です。

また、他社借入が4つ以上ある場合は借入金額に関わらず多重債務者と判断される為、審査落ちになる可能性が大幅に上がります。


クレジットカードなどの支払いに延滞がない

先述のように、信用情報には過去のお金のやり取りもまとめられています。

クレジットカードの支払いや他社借入の返済を滞納したことがある場合には注意が必要です。

何度も滞納をしてしまったり、支払いせずに延滞中の場合は返済能力がないと見なされてしまう為、審査に落ちやすくなります

また、長期にわたって延滞した場合はブラックリストへ追加になります。

ブラックは「事故あり」とも呼ばれることがありますが、この状態になると審査落ちがほぼ確定してしまう為、こうした経歴がある人は50万円を借りるのは不可能です。


雇用形態や年収

カードローンの審査に通過する為には「安定した収入があること」が前提です。

消費者金融で5万円や10万円の借入をする場合なら、アルバイトや契約社員でも審査に通過する可能性はあります。
しかし、今回のように50万円の借入を希望するとなれば、正社員や公務員のような社会的な信用も必要です。

勤続年数が長い

勤続年数が長ければ安定した収入があることの証明になります。

逆にまだ数か月や半年しか続けていない場合は収入が高くても、すぐに退職してしまう可能性があると見なされ、優位な情報として受け取ってもらえない場合があります。

勤続年数は利用規定などで定められているわけではありませんが、審査結果を出すための判断材料の1つであることを覚えておきましょう。


年収は150万円以上が必要

なぜ150万円の年収が必要かというと、消費者金融カードローンでお金を借りる場合、総量規制という法律が適用されるからです。

総量規制とは、金融業者がお金を貸すことができる金額は「利用者の年収3分の1まで」というものです。
150万円の3分の1は50万円ですよね。

つまり、50万円を借りるためには最低でも150万円の年収がなければ借入できる条件から外れてしまうということです。

総量規制の法律が適用されるのは消費者金融だけですが、銀行カードローンだからといって低い年収で50万円借りれるというわけではありません。

年収が多ければ安定して返済できる能力があるという証拠になるので、収入が多いに越したことはありません。



融資限度額繰り上げで50万円融資してもらう

カードローンで50万円貸してもらうのなら、年収や雇用形態などの条件が良好でなければ審査落ちになる可能性が高いといえます。

もし今すぐ50万円が必要だというわけではないのなら、初めは少額で融資してもらい徐々に融資限度額を繰り上げることで50万円を融資してもらうという方法があります。

融資限度額とは?

融資限度額とは消費者金融や銀行が、あなたに融資できる総額のことです。

例えば融資限度額10万円で契約した場合、最大10万円まで貸してもらうことができるというわけです。

カードローンの特徴として10万円の融資で契約したからといって、10万円をそのまま受け取るわけではありません。

主にATMなどから希望する金額を引き出すことで、融資となります。

なので、融資限度額10万円で5万円ATMから引き出した場合、引き出した5万円が借入金額となります。


信用情報を高めて融資限度額を繰り上げ

カードローンでお金を借りて、計画的に完済できれば貸したお金をちゃんと返してくれる人だという証明になります。

結果、融資限度額を引き上げてもらえる可能性がアップします。

融資と完済を繰り返すことで、信用度を高め融資限度額を50万円まで繰り上げてもらうという方法です。

しかし、融資限度額の繰り上げはすぐに50万円なることはありません。

時間がかかる方法ではありますが、完済できたポジティブな経歴も信用情報に残るというメリットもあります。


50万円借りた場合の利息計算

お金を借りるなら利息がどれくらいかかってしまうのか、気になるという方が多いかと思います。

ここでは50万円借りた場合の利息の計算と、返済計画の一例をご紹介しています。

50万円借りようと検討中の方はぜひ参考にしてみましょう。

利息の計算方法

まずは利息はどのようにして計算されているのかについて解説していきます。

利息の計算式
借入残元金×利率÷365×借入日数


利息は上記の計算式に数字を当てはめることで計算することができます。

まずは50万円をアイフル(年利18.0%)で1カ月(30日間)借りた場合の利息を計算してみましょう。
その場合計算式は下記のようになります。

借入50万円×0.18(18.0%)÷365×30=利息7,397円

ですが、借りたお金は毎月返済していくのでずっと50万円で計算されるわけではありません。

アイフルで50万円借りた場合の返済計画

カードローンでお金を借りたら、無理のない返済計画を立てることが大切です。

50万円借りた場合、どれくらいの期間で返済することができるのか、今回はアイフルを例に解説していきます。

251,618円
業者名金利最低返済金額返済回数利息合計
アイフル18.0%13,000円58回

アイフルでは月々に返済する金額が最低13,000円と定められています。

13,000円に利息が上乗せされるわけではなく、元金と利息の合計が1回の返済金額となります。

例えば、初回返済の場合、元金5,357円+利息7,643円=合計13,000円になるということです。

しかし、最低返済金額だけで返済していくと、実際に返済できているのが5,357円だけで、利息の負担が大きくなってしまいます。


返済金額を増やして利息を抑える

返済期間が長くなればなるほど利息の負担は大きくなります。

利息の負担を抑え、支払い期間を短くするためには1回の返済金額を多くするのがおすすめです。

カードローンは毎月返済する必要がありますが、最低返済金額以上であれば追加で返済することができます。

ボーナスが入った月やちょっと余裕ができた月は、いつもより多めに返済することで返済期間を短くできますよ。

毎月の返済も最低返済金額よりも少し多めの20,000円ずつ返済すれば、返済回数は30回弱、利息は13万円弱となります。

月々の生活に支障が出ない金額を返済に充てて、利息の負担を抑えられるように計画しましょう。


まとめ

50万円を借りる方法、そして返済するときの利息についてご紹介しました。

ここでご紹介したアイフルでは初回利用の方限定で、最大30日間無利息になるサービスを利用することができます。

50万円借りたときの利息が心配という方は、アイフルの無利息サービスを利用するのもおすすめです。

今回ご紹介した内容を申し込みをするときや、返済計画を立てるときにぜひ参考にしてください。

アイフル消費者向け無担保ローン

満足度3.0

アイフル

ここがポイント!

  • カードレスでのご利用可能
  • セブン銀行ATM原則24時間お取引可能
  • 郵送物一切なしで利用可能!
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
  • イオン
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード 50万円まで不要
3.0~18.0% 800万円以内 最短30分 最短1時間 50万円まで不要
  • クチコミ
  • 審査情報
今日も暑い 星5
年収220で借り入れ無し。 初めての申し込みで最初プロミスでお願いしましたが審査通らず、ダメ元でアイフルさんにお願いしました。 電話の対応は男性も女性もいましたが、どちらの方も対応良くしてくれ、初めての借り入れで不安すぎて解らない事があると何度も電話してしまいましたが「大丈夫ですよ。そんなに不安にならないで下さい」慰めて頂きました。 最終的に希望額88で可決が80で融資して頂けました。 本当にありがとうございます!必ず返します!
Σ( ̄□ ̄)! 星5
総量規制ギリギリで多重責務ですが、20万借りれました。ありがとうございます
平均年収 359万円
平均勤続年収 3年8ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:48%
  • フリーター:20%
  • 会社員上場:7%
  • 自営:7%
  • 他:18%
保険証
  • 社会保険証:48%
  • 国民保険証:32%
  • 組合保険証:9%
  • 共済保険証:2%
  • 他:9%
平均融資額 40万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

    ※融資時間はお申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
    ※主婦の場合は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
  • アイフル 全国対応
    契約書貼付用の印紙代200円が必要(第1回目のご返済時に合わせて支払う)
    50万円を超える場合は収入証明書が必要となる
  • ※アイフル 当社ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要 慎重審査





カードローンコラム記事一覧

  • 新着記事
  • 人気記事

コラム記事をもっと見る

コラム記事をもっと見る

消費者金融・銀行カードローン一覧

実質年率
審査時間
融資限度額
(平均融資額)
融資目安
(最多融資日数)
特徴/サービス 公式サイト
プロミス プロミス 年4.5~17.8%
最短30分
500万円
(39万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
WEB完結
30日間無利息※
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アコム アコム 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(41万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
口コミが良い
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アイフル アイフル 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(40万円)
最短1時間
(即日)
1秒診断
WEB完結
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
SMBCモビット SMBCモビット 3.0~18.0%
10秒事前審査
800万円
(81万円)
最短即日
(即日)
WEB完結
おまとめ
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
J.Score(ジェイスコア) J.Score(ジェイスコア) 0.8~12.0%
最短30分
最大1,000万円
(55万円)
最短即日融資
(即日)
金融新時代へ!AIスコアで借入!
今すぐ!
お申し込み
じぶん銀行 じぶん銀行 年1.7~17.4%
-
800万円
(42万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
三菱UFJ銀行(バンクイック) 三菱UFJ銀行(バンクイック) 年1.8~14.6%
-
500万円
(102万円)
-
(-)
お試し診断
大口
今すぐ!
お申し込み
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
-
10万円~800万円
(116万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
楽天銀行カードローン 楽天銀行カードローン 年1.9~14.5%
最短2営業日
800万円
(149万円)
最短2営業日
(-)
大口 今すぐ!
お申し込み
セゾンファンデックス セゾンファンデックス 2.65~15.0%
最短即日仮審査
29,999万円
(1,000万円)
最短1週間
(-)
事業者向け 今すぐ!
お申し込み
※平均融資額とは該当の金融機関に実際にお借入れしたユーザー様(当サイト利用者の投稿)の数値です プロミス 30日間無利息サービスについてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 アコム お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要 アイフル 融資時間はお申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
主婦の場合は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
SMBCモビット 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
アルバイト、自営業の方は安定した収入がある方。
WEB完結はPC・スマートフォンからお申込みが対象です。
モビットローン申込機なら即日でカード発行 他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
J.Score(ジェイスコア) ()みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 ()貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある 情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である セゾンファンデックス 利用目的:設備投資・運転資金(仕入れ・買掛金の支払等)・事業者ローン組換えなど 諸費用:事務手数料(ご融資金額の1.5%以内<税抜>) 来社にてご契約いただけない場合は、別途20,000円~40,000円<税抜>をご負担いただきます。 調査料(ご融資金額の0.5%以内<税抜>) 収入印紙代相当額 登記費用(実費) 振込手数料(実費) 中途解約手数料:返済元金の3.0%以内
トップに戻る
© 2002-2019 お金借りれる?