HOME > お金がない彼氏と結婚するべきじゃない?男性が貧乏か見極める方法

お金がない彼氏と結婚するべきじゃない?男性が貧乏か見極める方法

結婚を前提にお付き合いしている彼氏がいる方も、みなさんの中にはいるかと思います。

しかしそんな彼氏に「お金がない」と言われたらどうでしょう。夢の結婚も躊躇してしまいますよね。

やはり結婚するためには、何かとお金が必要です。結婚指輪や結婚式、人によってはドレスの購入やハネムーン費用など……。

もちろんお金をかけずに結婚することもできますが、やはり人並の結婚式は挙げたいところですよね。

何よりお金がない彼氏と結婚するとなると、結婚後の生活にも不安がよぎります。

そこで今回は、お金がない彼氏と結婚するべきかどうか、また結婚相手を探している人には男性が貧乏かどうか見極める方法を紹介していきます。

お金がない彼氏と結婚したらどうなる?

お金がない彼氏と結婚する場合、結婚後の生活のことを考えるとやっていけるか心配ですよね。

最近では、共働きの夫婦が増えているため、女性も働けば安定した結婚生活を送れるかもしれません。

とはいえ、もし子供ができたら女性はお仕事を休まなければなりません。産休・育休が必要になります。

会社によっては、手当てが貰えるところもありますが、普通に働くよりも収入が減ることがほとんど。

現実的に将来のことを考えるなら、お金がない彼氏と結婚するのは、しっかりと検討した方が良いかもしれません。

お金がなくても幸せになることはできる

世の中、お金がなければ生きていけません。それでもお金が全てかといえばそうとも言い切れません。

たとえお金がなくても上手くやっている夫婦はいますし、幸せに暮らしているカップルもいます。

元々、相手と付き合った理由が「お金を持っていそうだから」というものでないなら、金銭面以外に惹かれる部分があったから付き合ったわけですよね。

そういったお互いの良いところや魅力を再確認して、「やっぱりこの人だからいい」と思えるなら、結婚を決めても良いかと思います。

しかし前述にもある通り、人並の結婚生活やその後、必要になるであろう出費のことを考えると、それなりにお金は必要。

現在は、どの業界も人手不足と言われており、基本的に職が見つからないことはありません。

もっと高い給料を貰える会社に転職するか、彼氏自身に散財する癖があるならそれを改めてもらうよう説得する必要があるでしょう。

パラレルワークやデュアルワークという考え方

最近では、働き方も多様化しています。必ずしも「企業に勤めているから安定している」と言える時代でもなくなってきました。

中には、本業に加えて副業で副収入を得ている人もいますし、もう一つ複業(複数の仕事をする)をしている人もいます。

いわゆるパラレルワークデュアルワークといった考え方で、二足のわらじ的な働き方をする人が増えています。

いくつかの業種に身を置くことで、片方を失っても何とかやっていける、転職する際に幅が広がるなどのメリットもあります。

また基本的には、自分の好きなことを職にしている人が多いので、ストレスフリーで働けるのも良い点だと思います。

確かに現在の日本は、保険料や年金の支払いに加え増税など、国民の負担が大きくなり、お金がないと嘆く人も多くいます。

しかし日本国民でいる以上は、日本のルールに従って、その中で健康で文化的な最低限度の生活を送る必要があります。

結婚したいと考えている相手(彼氏)が「お金がない」と言っているなら、こういった働き方や転職を勧めてみるのも一つかと思います。

気になる男性が貧乏か見極める方法

これから将来のことを考えられる相手を探す場合、その条件の一つに「年収」が入っている人は多くいるのではないでしょうか。

実際問題、年収いくらかという点は、結婚相手を探す上で大切です。しかし年収何千万円といった高収入男性を求めるのは、現代社会においてかなりハードルが高いと言えるでしょう。

もちろん高収入の男性もたくさんいますが、そういった男性はほんの一握り。それに、あまり金銭的要望を全面に出すのは印象が悪いですね。

正直に「年収はいくらですか?」と聞くのは気が引けるという人もいるでしょうし、相手によっては失礼にあたります。

では、それとなく気になる男性が貧乏かどうか見極めるにはどうすれば良いのでしょうか?

デートで行くお店の価格帯から見極める

一番分かりやすいのは、やはりデートでいくお店の価格帯から見極めるという方法です。

もちろん当事者の好みなどもあるでしょうが、安い居酒屋や飲み放題コースのあるお店などをチョイスする男性は、お金持ちとは言えないかもしれません。

お互いに「雑多な居酒屋の雰囲気が好き」ということもあるかと思いますので、一概に言い切ることはできませんが……。

反対に高級レストランの予約を取ってくれたり、高価な料理が出てくるお店に連れていってくれたりする場合は、比較的年収が高いことが予想できます。

それでも人によっては、見栄をはって高いお店をチョイスしている可能性もあるので難しいところです。

この場合は、会話の中で相手がどういう話をしているのか耳を傾けてみましょう。

自分の過去の武勇伝ばかり話す人や内容を大きく話す人には要注意です。

会計時の対応で見極める

割り勘をする男性=貧乏とは一概に言えません。デート時の食事は、基本的に男性が奢るものというイメージがあります。

しかし一般男性の収入を考えるなら、変に見栄をはられるより正直に「割り勘でお願いします」と言ってくれた方がよっぽど誠実。

今後もデートしたいと思う相手なら、お金で関係性を築くのではなく、金銭的にもきっちりフラットな関係を築くのが良いでしょう。

割り勘は良いとしても、小銭単位で細かく徴収してくる男性に関しては、少し考えた方が良いかもしれません。

お金にうるさい人は、良く言えば金銭管理がきっちりしていると捉えられますが、逆に言えばトラブルにも発展しやすいです。

「金の切れ目が縁の切れ目」とも言いますので、いざ付き合い始めたは良いものの「お金を貸してほしい」など金銭トラブルが起こる可能性もあります。

基本的には「平等」に支払えば良いですが、細かい部分は男性が持ってあげるとあまり金銭面で窮屈に感じず、お互い気楽な付き合いができるのではないでしょうか。

デートコースで見極める

人並の収入があれば、それなりに大人のデートを楽しむことができるはずです。

ある程度の収入があればいろんなものに触れる機会が増えますから、いろんなデートプランを立てることができます。

お金のかからないデートコースでも、充実した楽しい時間を過ごすことができるわけです。

しかしお金のない人は、デートとしてできる範囲が限られているので、毎回決まったデートコースになりがちです。

カラオケに行くとか、近くのショッピングモールに行くとか、デートプランの考え方がどちらかというと学生寄り。

付き合う中でたまにカラオケに行くのであれば良いですが、毎回そういったデートコースだと飽きますし「お金がないのかな」という判断材料にもなるでしょう。

まとめ

お金がない彼氏と結婚するべきか否か……。この問題に関しては、「結婚するべきではない」と断言することはできません。

自分の人生において、お金に重きを置くのか、それともそれ以外の幸せの部分に重きを置くのかで変わってくると思います。

彼氏にお金がなくても、良いところや魅力がたくさんあるのであれば、結婚生活も上手くやっていけるのではないでしょうか。

人並の生活さえできないほどお金がないのであれば、彼氏自身が転職や働き方を変えた方が良いかもしれません。

お金がないことが原因でストレスになったり関係が悪化したりする可能性があるのであれば、結婚はしない方が良いと言えるでしょう。

しかしお金でのみ繋がれた関係性というのは、少し寂しい気もしますので、できればお金以外の面で素敵な関係性を築ける相手と結婚すべきです。

トップに戻る
© 2002-2019 お金借りれる?