HOME > クレジットカードの限度額は増やすことが可能!上限を引き上げる方法を解説

クレジットカードの限度額は増やすことが可能!上限を引き上げる方法を解説

「クレジットカードを積極的に使っていたら、突然カードが使えなくなった・・・」

このようなトラブルを経験したことはありませんか?

急にクレジットカードが利用できなくなるのは、カードの使いすぎが原因である可能性が高いです。

各カードには限度額が存在しており、利用合計が限度額に達してしまうとカードがしばらく使えなくなります。

しかし特定の方法を実践することで、クレジットカードの限度額は増額することができます。

限度額が高くなれば、カードを使うことで今まで以上に快適な生活を楽しむことも可能です。

この記事ではクレジットカードの限度額に関する知識や、限度額を引き上げる方法などについて解説します。

クレジットカードの限度額について

クレジットカードの限度額とは、カードの利用可能枠を表した数値です。

各カードに設定されている限度額は、利用明細などで確認することができます。

ここでは限度額の種類などについて詳しく解説します。

クレジットカードの限度額は3つに分けられる

クレジットカードの利用限度額は、「どの目的にいくらまで使えるか」を表した数値です。

限度額の内訳は、以下のようになっています。

  • ショッピング枠
  • 内 割賦枠
  • キャッシング枠

ショッピング枠は、カードで買い物をする時の限度額です。

たとえば【ショッピング枠:10万円】と表記されていた場合、10万円までは買い物ができるということになります。

内 割賦枠は、ボーナス払い・リボ払い・分割払いで使える上限額を表しています。

【内 割賦枠:50万円】と表記されていた場合、ボーナス払い・リボ払い・分割払いの上限は総額で50万円までです。

キャッシング枠は、カードキャッシングの限度額を表した数値です。

【キャッシング枠:5万円】と表記されていた場合、5万円までは借入を行うことができます。

初めてクレジットカードを契約した方は、必ずこれらの内訳を確認しておいてください。

限度額は年収・返済能力に応じて変動する

クレジットカードの限度額は、各カード会社が申込者情報をチェックして決めています。

この時に最も重要となるのが、以下のデータです。

  • 雇用形態
  • 年収
  • 年齢
  • 家族構成
  • 住宅ローンの有無
  • 信用情報

この中で審査時に最も重要となるのは、信用情報です。

カード会社は基本的に、返済能力や信頼性の低い方への融資を避ける傾向があります。

そのため信用情報の中に【返済遅延・代位弁済】などの情報が記録されていた場合、審査で落とされる可能性が高いです。

申請を行う際は、信用情報に問題がないか確認しておいてください。

また内 割賦枠とキャッシング枠は、【割賦販売法】【貸金業法】という法律に従って設定されています。

設定基準などはカード会社ごとに異なるため、限度額の数値は各クレジットカードごとに異なることが多いです。

利用枠ごとの限度額の算出方法は、以下の通りです。

枠の種類 算出方法
ショッピング枠 各カード会社が職業や年収などの申込者情報・信用情報などを確認、統計的な分析を行った後に算出
内 割賦枠 割賦販売法に従い、年収から生活維持費と年間請求予定額を差し引いた「包括支払可能見込額」に90%を乗じた金額を上限とし、各カード会社がその範囲内で設定
キャッシング枠 貸金業法に従い、年収の1/3を超えないよう各カード会社が設定

これからクレジットカードを申し込む方は、事前に年収や信用情報を確認しておいてください。

限度額が元に戻るタイミング

買い物やキャッシングでクレジットカードを使うと、利用した分だけ限度額は減ります。

限度額いっぱいまで使った場合、そのカードは限度額が元に戻るまで使用することができません。

ここではクレジットカードの限度額が戻るタイミングなどについて解説します。

元に戻るのは先月分の請求額が引き落とされた時

基本的にカードの限度額は、先月の支払いが完了した後に元の状態へ戻ります。

たとえば支払日が10日だった場合、限度額が元に戻るのは10日以降です。

支払日当日に利用料金が引き落としされれば、減った限度額はすぐに復活します。

ただし注意してほしいのは、支払日を過ぎても支払いが完了しない限り限度額は復活しないという点です。

口座の残高不足などが原因でカードの引き落としができなかった場合、当然カードの限度額は減ったままになります。

場合によっては返済遅延とみなされ、カードが利用停止になるかもしれません。

クレジットカードを利用した際は、請求分をきちんと返済できるように対応してください。

分割・リボ払いは元に戻るまで時間がかかる

分割払いやリボ払いは、毎月の返済負担を軽減したい時にとても便利です。

しかしこれらのサービスは、限度額が復活するまでにかなりの時間がかかります。

たとえば5万円の商品を分割払い(5回)で購入した場合、1ヵ月ごとの返済額は1万円です。

この金額で返済を続けていくと、限度額が元に戻るまでには5ヵ月もかかります。

そのため分割払いやリボ払いを多用していると、限度額が圧迫されてしまう可能性が高いです。

必要な時に限度額が不足してしまい、日常生活にも悪影響が生じるかもしれません。

リボ払いや分割払いを利用する時は、限度額が不足してしまわないよう十分注意してください。

クレジットカードの限度額を引き上げる方法

買い物やキャッシングで減った限度額は、利用料金を支払うことで元に戻すことが可能です。

しかし利用者の中には、「請求分が引き落としされるまで待てない」という方もいるかと思います。

そんな時は、限度額の引き上げを試してみてください。

限度額を引き上げる方法として有効なのは、以下の3つです。

  • カード会社に増額申請を行う
  • 一時増額を申し込む
  • カードをグレードアップさせる

ここではそれぞれの方法について詳しく解説します。

カード会社に増額申請を行う

カードの限度額を引き上げたいと思った時は、カード会社に増額申請を行うのが一般的です。

増額申請は、電話やメールなどで行うことができます。

カード会社によっては、公式サイトやアプリから増額申請を出すことも可能です。

申請の流れは以下の通りです。

    • カード会社に増額を申請する

    • カード会社内で審査が実施される

    • 審査完了後、申込者に結果が伝えられる

  • 審査を通過できた方のみ、限度が行われる

増額申請はカードを利用している方であれば、誰でも行うことができます。

ただし審査を通過できるかどうかは、申込者の信用情報次第です。

きちんと期日通りに返済を行っていれば、審査は有利に進めることができます。

逆にクレジットカードの支払いを遅延・延滞していた場合、審査を通過するのは非常に難しいです。

これから増額申請を行う予定の方は、信用情報に問題がないかチェックしておいてください。

またカード会社の審査が完了するまでには、早くても2~3営業日程かかります。

すぐに限度額を増額したいという方は、なるべく早めに申請を行っておくのがベストです。

一時増額を申し込む

急なトラブルや用事に対応するために限度額を増額したい時は、カード会社に一時増額を申請してみましょう。

一部のクレジットカードは申請を行うことで、一時的に限度額を引き上げてもらうことができます。

申請する適切な理由として挙げられるのは、以下のような内容です。

  • 引っ越し費用のためにお金を借りたい
  • 子供の入学費用にお金が必要
  • 旅行・出張の費用を工面するために限度額を増やしたい

ただし増額申請と異なり、一時増額には適用期間に制限があります。

各カード会社ごとにそれぞれ異なりますが、期間の長さは約2~3ヵ月です。

適用期間を満了した後、限度額は増額する前の値に戻ってしまいます。

そのため限度額を増額した状態で維持するには、期間満了後に増額申請を行わなければいけません。

あくまで一時増額は2~3ヵ月の間しか利用できないことを、よく覚えておいてください。

ちなみに一時増額が適用されている間は、増額申請を行うことができません。

分割払いやリボ払いなども利用できなくなるケースが多いので、申請する際は注意が必要です。

カードをグレードアップさせる

クレジットカードの限度額は、カードをグレードアップことでも増やすことが可能です。

たとえば「楽天カード」を利用していた場合、グレードアップを行うとカードを【楽天ゴールドカード】【楽天プレミアムカード】に切り替えることができます。

【JCBカード】をお持ちの方は、【JCBゴールドカード】などにランクアップすることが可能です。

またクレジットカードをグレードアップさせると、ステータスや利用できる特典もランクアップします。

場合によってはカードを切り替えることで、特典・サービスの内容が豪華になるかもしれません。

「せっかくだから持っているカードを新しいものへ切り替えたい」という方は、ぜひ検討してみてください。

ただしカードをグレードアップさせる際は、改めてカード会社の審査を受ける必要があります。

カードの利用状況や返済履歴に問題があった場合、カードをグレードアップさせることはできません。

信用情報の内容があまりに悪いと、カードの限度額を制限されてしまう可能性が高いです。

カードのグレードアップを申請する際は信用情報に問題がないか、前もって内容をチェックしておいてください。

まとめ

クレジットカードの限度額を引き上げる方法などについて解説しましたが、いかがでしたか?

買い物やキャッシングを利用すると、クレジットカードの限度額はその分だけ減ってしまいます。

ですが前月の請求額をきちんと返済しておけば、限度額は元の状態に戻すことが可能です。

またクレジットカードの限度額は、カード会社に相談を行うことで増額できます。

増額できるかは申込者次第になりますが、カードを今まで以上に活用したい方にはピッタリな選択肢です。

これからクレジットカードの増額申請を行う方はここで解説した知識を活かし、自分の目的に合った方法で限度額の引き上げを申し込んでみてください。

© 2002-2023 お金借りる?