HOME > クレジットカードの在籍確認はある?職場連絡をなしにする方法

クレジットカードの在籍確認はある?職場連絡をなしにする方法

クレジットカードの審査は在籍確認や勤務先への電話連絡はある?

クレジットカードに申し込む場合、審査の過程で必ず行われるものが「在籍確認」です。

在籍確認とは、いわゆる本人確認のことを指します。

クレジットカード会社から、申込者の勤務先に電話連絡で行われます。

みなさんの中には、在籍確認や職場への電話連絡が嫌という方もいるでしょう。

そういう方は、クレジットカードへの申し込みをためらっているかと思います。

そこで今回は、なぜ在籍確認が必要なのかという点について解説していきます。

また併せて、在籍確認なしのクレジットカードはないのかという点にも触れていきます。

クレジットカードの在籍確認はある?

そもそもクレジットカードの審査で行われる在籍確認とは、どういったことを言うのでしょうか。

クレジットカードを発行する際、クレジットカード会社が申込者の勤務先に電話連絡をして在籍を確認します。

この勤務先への電話連絡を行うことを在籍確認と呼びます。

基本的にクレジットカードを持つためには、申込者に安定継続収入がなければいけません。

加えて返済能力の有無がある(=信用性がある)と判断されたうえで発行されます。

しかし申込者の中には、架空の勤務先情報を申告するケースもあるのです。

本当は無職だった場合、クレジットカードの利用金額を返済できないことになります。

こういった事態を未然に防ぐため、申告された勤務先で本当に働いているのかを確認するのです。

在籍確認は必ず行われる?

稀に「在籍確認なしで発行できるクレジットカード」が紹介されているのを見かけることがあります。

しかし先ほども言ったように、在籍確認は申込者の返済能力や信用性を確認するために重要な項目です。

そのため、基本的にクレジットカードの審査では、在籍確認が行われると思っておきましょう。

しかし申込状況や申し込みしたサービス内容によって、在籍確認の有無・内容が異なります。

例えば、すでにほかのクレジットカードを利用している場合、在籍確認が行われないこともあるのです。

申込者の属性や信用情報は、「個人信用情報機関」と呼ばれるところに登録されています。

具体的には、勤務先の電話番号、企業名、年収、勤続年数、クレカの利用・返済履歴などの情報です。

新たにクレジットカードを発行する場合、申込内容とこの個人信用情報が照合できれば在籍確認がないケースもあるのです。

ただし最初にクレジットカードを作った時から、勤務先情報などが変わっている場合は、在籍確認が行われることになります。

在籍確認の電話はどんなことを聞かれる?

クレジットカードの在籍確認は、クレジットカード会社から自身の勤務先に電話連絡という手法で行われます。

「勤務先に電話がかかってくる」というところに、抵抗を覚えてしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし実際の在籍確認は、簡単な質問をされる程度なので抵抗感を覚える必要は全くありません。

具体的には、名前や生年月日、住所など本人である確認が取れる情報について質問されます。

もちろんすでにクレジットカードを持っている方であれば、在籍確認なしになるかもっと簡易的な内容になるでしょう。

消費者金融系クレジットカードの在籍確認は?
消費者金融系クレジットカードといえば、例えばアコムが発行している「ACマスターカード」があります。こういった消費者金融が取り扱っているクレジットカードの場合、在籍確認の電話連絡は消費者金融の会社名ではなく審査担当者の個人名でかかってきます。

在籍確認が行われるタイミングはいつ?

在籍確認は、基本的にクレジットカードの審査終盤で行われます。

在籍確認の電話連絡がかかってきたということは、ほぼ審査に通過したと言ってもよいでしょう。

では、クレジットカードの在籍確認が行われるタイミングはいつでしょうか。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査(信用情報照会)
  4. 在籍確認
  5. カード発行

基本的な流れは、このようになっています。

クレジットカードの職場連絡なしにする方法

クレジットカードの在籍確認は、それほど抵抗を覚える必要はありません。

しかしそれでも、できることなら在籍確認されたくないという方もいるでしょう。

ここからは、クレジットカードの在籍確認がされる確率を下げる方法について解説していきます。

在籍確認の電話連絡を避けたい方は、参考にしてみてください。

クレジットヒストリーが良好

クレジットカードやカードローン等の利用履歴をはじめとした信用情報をクレジットヒストリーと言います。

このクレジットヒストリーは、個人信用情報機関というところに記録されています。

クレジットカード会社が審査の際に、申込者の信用情報などを確認するために個人信用情報機関を照会します。

この個人信用情報機関には、クレカ、ローン以外にも携帯料金の支払い履歴なども記録されています。

つまりクレカ利用代金やローンを延滞することなく支払い続けていれば、良好なクレジットヒストリーが育っていきます。

反対に何度も返済の延滞や債務整理といった金融事故の履歴が残っていると、クレジットヒストリーは悪くなります。

このクレジットヒストリーが良好だと判断された場合、在籍確認が行われないケースもあります。

勤続年数が長い

クレジットカード申込時には、勤務先の勤続年数を申告します。

この勤続年数が長ければ、在籍確認が省かれることがあるようです。

勤続年数が長い=安定した継続収入があるということになります。

つまりクレジットカード会社にとっては、「利用代金の支払いに遅れる可能性が低い」と判断できます。

勤続年数が短い、短期間に何度も転職しているという方は、反対に在籍確認が行われる確率は上がるでしょう。

すでに同じ会社が発行するクレジットカードを持っている

新たに申し込んだクレジットカードと同じ会社が発行している、別のクレジットカードをすでに持っている場合も在籍確認が省略される可能性があります。

クレジットカード会社は、すでに前回の入会審査で申込者の確認作業が完了しています。

そのうえ、カードの利用情報・支払情報なども把握しているため、大きな問題がなければ在籍確認しなくても大丈夫と判断するわけです。

もちろん前回の申し込みの時から勤務先が変わっていれば、在籍確認は行われることになるでしょう。

審査スピードが早いクレジットカードに申し込む

クレジットカードによって、審査にかかる時間が異なります。

中には、審査スピードが早いクレジットカードも存在します。

審査スピードが早いクレジットカードは、在籍確認の工程を省くこともあるようです。

クレジットカード会社は、在籍確認を行う分、時間やコストがかかります。

クレジットヒストリーなどに大きな問題があり、在籍確認の必要性が大きく感じられた場合のみ行います。

クレジットカードの中で、特に審査スピードが早く在籍確認なしとなる可能性の高いカードは以下です。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • 三井住友カード

春シーズンに申し込みを行う

クレジットカード業界にも、繁忙期が存在します。

特に新社会人や新入生が増える春シーズンは、クレジットカードの申込数も増加します。

この時期、クレジットカード会社は審査業務に追われ非常に忙しい時期です。

そのため、申込者一人ひとりに対して在籍確認を行う余裕がなくなります。

春シーズンに申し込みすれば、在籍確認の作業を省略される可能性が高くなるのです。

職場連絡の可能性が低いクレジットカード

在籍確認が行われる可能性の低いクレジットカードとしては、やはり審査スピードの早いところです。

ここからは、先ほどあげた「楽天カード」「エポスカード」「三井住友カード」について紹介していきます。

ただし、これらのクレジットカードでも在籍確認が行われる可能性もじゅうぶんにあります。

必ず在籍確認が行われないことを保証するものではないので、あらかじめご了承ください。

楽天カード|ポイントがザクザク貯まる

楽天カード

楽天カードの魅力を3つにまとめると、以下のようなことがあげられます。

  • 年会費永年無料
  • ポイントがザクザク貯まる
  • 安心のセキュリティ

年会費は永年無料なので、初めてクレジットカードを持つという方でも気軽に申し込みできます。

また楽天ポイントが貯まりやすいので、お得にクレジットカードを利用できるのもメリットです。

今なら、新規入会&利用で5,000ポイントもらえます。

年会費 永年無料
利用可能額 最高100万円
ポイント還元率 1.0%

>>楽天カードの詳細はコチラ!

エポスカード

エポスカード

エポスカードの魅力を3つにまとめると、以下のようなことがあげられます。

  • 年会費永年無料
  • 優待店10,000店舗
  • 最短即日発行

エポスカードは、丸井グループの関連会社「株式会社エポスカード」が発行するクレジットカードです。

年会費・発行手数料無料で、優待店が10,000店舗に及ぶため優待割引の面で非常にお得です。

WEBからの新規入会であれば、2,000円相当のポイントがプレゼントされます。

年会費 永年無料
利用可能額 最高50万円
ポイント還元率 0.5%

>>エポスカードの詳細はコチラ!

三井住友カード

三井住友カード
三井住友カードの魅力を3つにまとめると、以下のようなことがあげられます。

  • 世界シェアNo.1のVISAカード
  • 最高ランクのカードセキュリティ
  • ポイントUPモールでポイント最大20倍

三井住友カードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。

日本で初めて発行されたVISAカードで、最高ランクのカードセキュリティが魅力となっています。

初年度年会費無料で2年目以降は1,250円(税抜)かかりますが、条件によっては無料または割引となります。

年会費 初年度無料*
利用可能額 最高50万円
ポイント還元率 0.5%〜10%

*2年目以降1,250円(税抜)。ただし条件によっては2年目以降も無料または割引になる。

>>三井住友カードの詳細はコチラ!

クレジットカードによっては在籍確認なしになる場合もある

基本的にクレジットカードの審査では、在籍確認が行われます。

しかしすでにクレジットカードを持っている場合は、在籍確認が省略されるケースもあります。

ただしクレジットカードを持っていたとしても、返済を遅延するなどクレジットヒストリーに問題があると話は別です。

しっかりと遅延することなく支払いをして、良好なクレジットヒストリーを育てていることが重要です。

またクレジットヒストリーは、クレジットカード以外にローンや携帯料金の支払履歴も含まれます。

こういった金融取引においては、返済遅れなどしないように気をつけましょう。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?