HOME > カードローンは収入証明不要で契約できる?収入証明の提出が不要な条件とは?

カードローンは収入証明不要で契約できる?収入証明の提出が不要な条件とは?

カードローンを申し込む際、本人確認書類と収入証明書を提出するのが一般的です。しかし借入を希望する方の中には、「収入証明書不要でカードローンは契約できないの?」と考える方も少なくありません。

源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書を「提出するのが面倒」や「いち早く融資を受けたい」、「身分証明書だけで申込したい」など考えられる方も多いかと思います。

今回は「収入証明とは何か」や「収入証明不要で申し込めるカードローン」などについて詳しくご紹介していきます。

結論から言うと、50万円以下の借入なら収入証明不要にしている金融会社が多いです。

収入証明書不要で申し込めるカードローンは次の通りです。

提供企業

特徴

金利

融資限度額

収入証明書が不要になる条件

プロミス

・30日間無利息サービス

・最短1時間で借りられる

4.5%〜17.8%

500万円

・希望借入額が50万円未満

・希望借入額+他社利用残高が100万円未満

アコム

・30日間無利息サービス

・最短1時間で借りられる

3.0〜18.0%

800万円

・希望借入額が50万円未満

・希望借入額+他社利用残高が100万円未満

アイフル

・初めての方

は最大30日間無利息

・融資まで最短即日

3.0%〜18.0%

800万円※1

・希望借入額が50万円未満

・希望借入額+他社利用残高が100万円未満

・前回収入証明書をご提出から3年以上経過

レイクALSA

・web申し込みで60日間無利息サービス

・借入額が5万円未満なら180日間無利息サービス

4.5%〜18.0%

500万円

・希望借入額が50万円未満

・希望借入額+他社利用残高が100万円未満

・前回収入証明書をご提出から3年以上経過

みずほ銀行

・低金利が魅力

・高額の借入も可能

2.0%〜14.0%

800万円

・希望借入額が50万円未満

※1…一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円

この記事のポイントは以下の通りです。

  • 借入額が50万円以下だと収入証明書不要で契約できる可能性がある
  • 収入証明書なしで申し込みたい場合は消費者金融だと可能
  • 借入額が50万円以下でも、場合によっては提出を求められることがある

初心者の方にも分かりやすいように解説していきますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

カードローン申込時に収入証明書を提出する理由

カードローンの申し込み時、収入証明書を提出することが多いです。なぜ申込に収入証明書が必要なのでしょうか?

カードローンを申し込む時に収入証明書の提出が求められるのは、金融業者が申込者の収入を確認するためです。各金融業者は収入証明書の内容を確認することで、申込者の年収・返済能力に合わせて融資限度額が決まります。

カードローンの申し込みを簡単に図式化すると、次の通りになります。

カードローンの申し込みに収入証明書が必要な理由をまとめると、次の通りになります。

  • 金融機関が申込者の年収を確認するため
  • 申込者が借入希望額での返済ができるか判断するため

上記のようにカードローンは審査されるため、借入の申し込み額はご自身が無理なく返済できる範囲内で申し込むようにしましょう。各社、公式ホームページで返済シミュレーションを提供しています。無料で利用できますので、事前に確認するようにしましょう。

その際、注意すべきポイントは「返済日」と「返済方法」です。

カードローンは限度額までであれば、自由に借りることができます。借入を利用した金額と期間に対して、契約時の金利がかかる商品です。したがって「いつ返済するか」といった計画が必要になります。

合わせて返済する方法についても確認するようにしましょう。コンビニATMで返済できる手軽なカードローンもあれば、指定された場所のみでの返済といった場合があるためです。

返済日と返済方法を理解しておくことで「予定より多くの支払いが発生した」「余分な金利の支払いが必要」などの事態を、未然に防げます

上記のようにカードローンの利用には、返済を前提とした計画が必要です。そのためにも収入証明書を用意し、事前に無理なく返済できるかを確認するようにしましょう。

カードローンの申し込みにて提出できる収入証明書を解説していきます。

収入証明書として提出できる書類

収入証明書とは、どのような書類を指すかご存知でしょうか?収入証明書とは申込者の年収を確認できる書類のことを言います。

前述の通り、収入証明書は金融機関の審査に利用されます。一部カードローンには収入証明書が、不要で申し込むことができます。後述で詳しく解説していきます。

収入証明書として提出できるのは、次の書類です。

  • 源泉徴収票(最新)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 所得証明書(最新)
  • 住民税決定通知書(最新) など

個人事業主の方は収入証明書の提出に注意が必要です。会社員やアルバイトの方と異なり、収入が勤め先から支給される給料ではないためです。

そのため収入証明書の提出には、公的な機関が発行した次の書類を提出するようにしましょう。

  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税証明書
  • 所得証明書

確定申告書については受付印が必要になりますので、注意が必要しましょう。また自営業者の提出書類は原則、最新であることが求められる場合が多いです。

カードローンを利用したいと考える方には「今すぐにお金を用意したい」といった方もいらっしゃると思います。申し込み時提出書類を準備しておくと、スムーズな手続きができます。そのため事前に収入証明書を用意しておきましょう。

50万円以下の借入なら収入証明不要で借りられる

カードローンには大きく消費者金融カードローンと、銀行カードローンの2つに分けられます。

収入証明書を提出せずにカードローンを契約したい場合は、消費者金融を利用するのが最適です。消費者金融は借入希望額が50万円以下であれば、収入証明書不要で契約できるケースがあるからです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの一般的に言われる違いは、次の表を参考にしてください。

項目/分類

消費者金融カードローン

銀行カードローン

金利

高い

低い

審査時間

早い

遅い

借入限度額

小さい

大きい

総量規制※

対象

対象外

収入証明書

不要の場合あり

各社異なる

※総量規制とは、年収の1/3以上は融資できない規制を指します。銀行は総量規制の対象外ですが近年、独自の規制でカードローン融資は年収の1/3までとする銀行が増えてきています。

消費者金融カードローンにはその他、消費者金融ならではのサービスがあります。例えば「即日融資」や「無利息期間キャンペーン」、「WEB完結申込」などです。

消費者金融カードローンは銀行カードローンなどと比較して手軽に利用することができ、少額のお金を短い期間借りるのにベストと言えるでしょう。

次の画像は消費者金融金融カードローンと銀行カードローン、を簡単に表したものです。ご自身にあった商品を利用するようにしましょう。

銀行カードローンは収入証明書不要で申し込む場合、借入金額が50万円未満となる場合が多いです。

一方、消費者金融カードローンは借入金額が50万円未満でかつ、借入申込希望額に他社借入残高加えた額が100万円未満の場合、収入証明書の提出を不要とする場合が多いです。

そのため収入証明書不要で消費者金融カードローンを利用したい場合、次のことに注意しましょう。

  • 借りたい金額が50万円未満
  • 借入希望額+他社利用残高が、100万円未満

ここでは収入証明書不要で申込したい方に向けて、さらに詳しく解説していきます。

即日融資に対応できるのは消費者金融のみ

消費者金融は収入証明書不要で申し込みできる上、即日融資にも対応しています。そのため「今日中にまとまった額のお金を用意しなければいけない」という時でも、すぐに用意することが可能です。

即日融資とは借入を申し込んだ日のうちに、お金を借りることができることを指します。

そのため「なるべく早く借入したい」「明日にはお金を用意したい」など、お急ぎの方には消費者金融カードローンの相性がいいです。

消費者金融カードローンを即日融資で利用する場合、次の事項に注意する必要があります。

  • 必要書類の準備
  • 土日祝の対応ができるか
  • 申込方法と営業時間の確認

カードローンの申し込み時に、次の書類の提出することが最低限必要です。

  • カードローン申込書(正確に記入)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入証明書(条件によっては不要)

事前に準備しておくことで、余分なタイムロスを防ぐことができます。そのため「できるだけ早くお金を用意したい」「融資をすぐに受けたい」と考える方は、申し込みに先立って用意することをおすすめします。

銀行や一部の金融機関は土日祝はお休みです。そのため「融資を受けたい日が土日祝…」といった場合に対応することが難しいです。

しかしほとんどの大手消費者金融は店舗はお休みであっても、土日祝の営業を自動契約機や電話、WEBにて行っています。

以下の方法を行うことで、平日だけでなく土日祝の申し込み当日での融資を利用することができます。

スマホ・パソコンなどからWEB申し込み

審査に通過後は自動契約機でローンカードを受取

ローンカードを利用してATMからお金を引き出す

ただし即日融資を希望していても申し込む時間によっては、翌日以降になることがあります。そのため時間に余裕をもって、申し込みをするようにしましょう。

また即日融資を利用する際、審査の流れと審査内容を理解しておくと良いでしょう。一般的なカードローンの審査は、以下のように行われます。

  • 必要書類の準備
  • カードローンの申し込み
  • 必要書類の提出
  • 申込者の審査
  • ローンカードの受取と利用開始

カードローンの審査では申込内容や申込者の収入をチェックするだけでなく、申込者本人の信用情報や在籍確認などを行います。

信用情報は信用取引に関した情報を指し、クレジットカードやローンの利用状況などを審査します。一般的に信用情報に問題があると、審査に通過しづらいと言われています。

金融機関が信用情報を審査する項目の例は、次の通りです。

  • 現在どれくらいローンを利用しているか
  • 利用しているローンの返済はきちん行われているか
  • 今回、同時に複数の金融機関に融資申し込みをしていないか

そのためカードローンを利用したい場合は、過去のローン利用歴などを確認しておくようにしましょう。もし返済が遅れたことがあったり、返済期間を延期したことなどがある場合は注意をしましょう。

またカードローンは審査完了をもって利用できる商品です。そのためお金を借りるためには審査を終える必要があります。特に申込者が本当に努めているかを確かめる「在籍確認」について対策するようにしましょう。

特に土日祝は会社がお休みの場合が多いです。消費者金融は申込者の返済能力を調査することが法律で義務付けられており、在籍確認を必ず行う必要があります。そのため「在籍確認ができず、融資が受けられない…」といったことに繋がりかねません。

上記のようにならないためにも即日融資を土日祝に行いたい場合は、申込時に相談するようにしましょう。

より詳しく即日融資について知りたい方は「最短即日審査で契約&即日融資で利用できる消費者金融カードローン」をご覧ください。

一部銀行も収入証明書なしで申し込むことは可能

銀行カードローンは、各銀行ごとに独自のルールを導入しています。特定の条件を満たしていれば、収入証明書不要でカードローンを契約できるかもしれません。

銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて、金利が低く設定されていることが一般的です。ただし審査スピードや土日祝の営業、無利息期間キャンペーンなどにおいて、消費者金融に劣る点があります。

借入までの時間に余裕があり消費者金融が提供している無利息期間キャンペーン(目安:30日)以上の期間、お金を借りる予定の方は銀行カードローンを確認しましょう。

収入証明書不要で申し込みできる銀行カードローンは、以下の通りです。

提供企業

特徴

金利

融資限度額

収入証明書が不要になる条件

みずほ銀行

・低金利が魅力

・高額の借入も可能

2.0%〜14.0%※

800万円

・希望借入額が50万円未満

三菱UFJ銀行

・テレビ窓口でのスピード手続きに定評

・パート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可

1.8%〜14.6%

500万円

・希望借入額が50万円未満

auじぶん銀行

・auユーザーが使いやすい

・提携ATMの手数料無料

1.48%〜17.5%

800万円

・希望借入額が50万円未満

ジャパンネット銀行

・初回のみ30日間無利息OK

・ジャパンネット銀行の口座があればスムーズに借入可能

1.59%〜18%

1,000万円

・希望借入額が50万円未満

カードローンを申し込む際の注意点

特定の条件を満たせれば、収入証明書不要でカードローンを契約することは可能です。ただしカードローンを申し込む際は、以下の点に注意する必要があります。

  • 50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書が必要
  • 契約後に収入証明書の提出が求められるケースもある

「収入証明書の提出が必要ないと考えていたのに、提出を求められ書類の準備に時間がかかった…」など収入証明書を提出が必要になることで、お金が必要になるタイミングで融資を受けられない場合があります。

そのため収入証明書の提出が必要になる場合を、理解することが重要です。ここでは「収入証明書が不要になる条件」と「契約後に収入証明書の提出が必要になるケース」について紹介します。

50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書が必要

消費者金融は基本的に借入額が50万円以下の場合、収入証明書なしで申し込みできることがあります。ただし他社での借入金との合計が100万円を超える際は、提出を求められる可能性が高いです。

そのため借入希望額と、他社での利用残高を事前に確認するようにしましょう。

他社の利用残高を事前に確認しておくことで収入証明書の提出に備えることができるだけでなく、計画的な返済計画に役立てることができます。

今、自分が「いくらローンを利用していて」「毎月の返済はいくらしているのか」また「どのくらいのお金を新しく借り」「合計でいくら返済していくのか」を知れます。

ご自身の無理のない返済プランを立てることができるため、現在ローンを利用している方は事前に確認しておきましょう。

一般的な返済計画の立て方の手順は、以下の通りです。

収入証明書の提出が必要になるケースに備えることで、返済計画を立てることができます。他社の借入状況の確認と合わせて、ご自身の返済計画に活用しましょう。

契約後に収入証明書の提出が求められるケースもある

収入証明書の提出は、カードローンの新規申込時に求められることが多いです。しかし以下の項目に当てはまる方は、契約後であっても収入証明書の提出を求められる可能性があります。

収入証明書の提出から3年以上経過している方

転職、起業を行った方

以上のケースの時に収入証明書を提出する理由は、金融機関が申込者の収入に変化があるかどうかを確認するためです。

収入証明書の提出が必要になる場合がありますので、念のために収入証明書を用意するようにしましょう。

まとめ

ここまで収入証明書が不要で、カードローンを利用する場合について解説してきました。収入証明書が無いことで「書類準備の手間が削減」「身分証明書だけの提出で申し込み」ができ、手軽にカードローンを申し込めます。

これまで解説してきたポイントを、おさらいしておきましょう。収入証明書不要で利用できるカードローンのチェックポイントは、次の通りです。

  • 50万円未満の借入を希望している
  • 借入希望額と、他社の利用残高が100万円未満
  • 早くお金を借りたい場合は、消費者金融がベスト

またお急ぎでカードローンを利用したい方は、消費者金融が提供している即日融資サービスを利用がおすすめです。その際、注意すべき点は次の通りです。

  • 土日祝の融資ができるか
  • 必要書類を準備できているか
  • 受付時間などによって即日融資ができない場合もある

特定の条件をクリアすることで、収入証明書不要で申し込みできるカードローンは次の通りです。

提供企業

特徴

金利

融資限度額

プロミス

・30日間無利息サービス

・最短1時間で借りられる

4.5%〜17.8%

500万円

アコム

・30日間無利息サービス

・最短1時間で借りられる

3.0〜18.0%

800万円

アイフル

・初めての方

は最大30日間無利息

・融資まで最短即日

3.0%〜18.0%

800万円※1

レイクALSA

・web申し込みで60日間無利息サービス

・借入額が5万円未満なら180日間無利息サービス

4.5%〜18.0%

500万円

みずほ銀行

・低金利が魅力

・高額の借入も可能

2.0%〜14.0%

800万円

三菱UFJ銀行

・テレビ窓口でのスピード手続きに定評

・パート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可

1.8%〜14.6%

500万円

auじぶん銀行

・auユーザーが使いやすい

・提携ATMの手数料無料

1.48%〜17.5%

800万円

ジャパンネット銀行

・初回のみ30日間無利息OK

・ジャパンネット銀行の口座があればスムーズに借入可能

1.59%〜18%

1,000万円


※1…一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円

ただし「収入証明書の提出から3年以上経過している」「転職や起業を行った」などの場合、収入証明書の提出が必要になる場合があります。そのため申し込みに先立って、収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?