HOME > SMBCモビットは電話での在籍確認なし?書類審査のみで職場連絡なしが可能

SMBCモビットは電話での在籍確認なし?書類審査のみで職場連絡なしが可能

SMBCモビットも、審査を行う際は在籍確認が必ず実施されます。

ですがSMBCモビットは「WEB完結申込」を利用することで、在籍確認の方法を電話以外に変更することが可能です。

「勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのは困る」という方に適しています。

今回は、より詳しくSMBCモビットの在籍確認について解説します。

<この記事でわかること>

  • SMBCモビットの審査で在籍確認が実施される可能性
  • 在籍確認なしでSMBCモビットに申し込めるかどうか?
  • 在籍確認でSMBCモビットの審査に落ちるケースとは?
  • SMBCモビットの在籍確認で、職場にカードローンの利用がバレる可能性

〈SMBCモビットの基本情報〉

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み方法 公式サイトから申し込み,電話,郵送,ローン契約機
返済方法 口座引き落とし,ATM返済

目次

SMBCモビットにも在籍確認はある

冒頭でお伝えした通り、SMBCモビットの審査では在籍確認が必ず行われます。

ここからは、在籍確認が実施される理由や、手続きの流れを詳しく見ていきましょう。

SMBCモビットを含む消費者金融カードローンでは、利用者の返済能力を確認するために在籍確認が行われます。

確認方法を「電話」以外に申請しても、在籍確認自体を避けることはできません。

(どのような方法で在籍確認をするかは、のちほど詳しく解説します)

WEB完結申し込み以外は電話が来る

SMBCモビットの在籍確認で電話がかかってこないのは、「web完結申込」で申し込んだ場合のみです。

SMBCモビットには、WEB完結申込以外にもいくつかの申し込み方法が用意されています。

下記の方法以外で申し込んだ場合、職場への電話連絡は避けられません。

<SMBCモビット申し込み方法別/在籍確認の方法>

  • 申し込み方法 在籍確認のやり方
  • WEB完結申し込み
  • 原則電話なし(書類での在籍確認)
  • 通常のWEB申し込み 原則電話あり
  • 自動契約機での申し込み 原則電話あり
  • 郵送・電話での申し込み 原則電話あり

在籍確認される理由

SMBCモビットのような消費者金融カードローンは、貸金業法で規制されています。

貸し倒れリスクがあるため、返済能力のない人に融資を行うことはできません。

そのため、金融業者はさまざまな手段で利用者の返済能力を確認します。

職場に在籍しているかどうか確認するのは、以下理由も含め「利用者の返済能力を確認するため」なのです。

  • 申告した勤務先で本当に働いているか?(嘘の勤務先で申し込む人がいるため)
  • 在籍はしているものの、長期休暇などで収入を得ていないのではないか?(産休・病欠のケース)
  • 勤務先情報を含め申告情報は正しいか?(申し込みした人が正直な人かどうかを確認)

土・日・祝でも在籍確認がある

ちなみに、SMBCモビットの在籍確認は土日や祝日でも実施されます。

SMBCモビットの審査対応時間は、営業時間と同じ「土日祝を含む9:00~21:00」です。

一部の銀行カードローンなどでは、土日祝日が休業のため電話確認をしないケースがあります。

しかしSMBCモビットの場合は土日祝も営業しているため、電話をかける場合が多いです。

勤務先が土日祝休みの場合でも、事前相談を行っておけば柔軟に対応してくれます。

在籍確認のタイミング

SMBCモビットの申し込みから契約完了までの流れは、以下の通りです。

審査の基本的な流れは、他社とそれほど変わりません。

申し込み直後はコンピューターによる信用情報機関データの確認などが実施され、審査終盤で人の手による審査がおこなわれます。

<SMBCモビット審査の流れと、在籍確認のタイミング>

 

手続きの流れ

在籍確認のタイミング

STEP1

申し込みスタート(申し込み情報の入力)

STEP2

仮審査(基本情報の確認と信用情報機関データ照会)

STEP3

本審査(提出書類の不備確認と在籍確認)

STEP4

契約完了

在籍確認は審査に通過する一歩手前

上記の表を見ると、在籍確認が実施されるのは「審査終盤」であることが多いです。

職場に電話がかかってくる在籍確認は、人によっては困る方もいるでしょう。

ただし在籍確認の結果次第では、審査で落ちるケースもあります。

WEB完結申し込みなら書類提出で在籍確認の電話をなしにできる

冒頭でも解説しましたが、SMBCモビットでも在籍確認自体を回避することはできません。

確認方法を電話以外に申請すると、書類提出による在籍確認が実施されます。

申し込みを行う際は、勤務先が証明できる書類を提出しなければいけません。

ここからは、WEB完結申し込みの手続き方法について詳しく解説していきます。

WEB完結申し込みの特徴

SMBCモビットのWEB完結申し込みには、以下の特徴が存在します。

「特徴」 ①原則、SMBCモビットからの電話連絡なし

WEB完結申し込みで申請した場合、基本的にSMBCモビットから電話がかかってくることはありません。

ただし、審査の途中で確認が必要になった際は、電話がかかってくるケースもあります。

電話をかける主な理由は申込情報に不備があった時や、申込情報が間違っていた時などです。

SMBCモビットに申し込みを行う際は、申込情報に不備がないかよく確認しておいてください。

②郵送物なし

WEB完結申し込みで申請した場合、ローンカードを発行する必要はありません。

事前相談を行っておけば、契約書や明細書なの郵送物もなしに変更できます。

家族には内緒でカードローンを利用したい人にも最適です。

③借り入れもWEB手続きでOK

SMBCモビットは、振込キャッシングにも対応できます。

自宅や外出先でも、自由に融資を送金することが可能です。

口座振替を利用すれば、わざわざ銀行・コンビニATMで返済を行う必要もありません。

WEB完結申し込みの条件

上記のとおり、SMBCモビットのWEB完結申し込みは魅力的な手続き方法です。

ただし、WEB完結申し込みにはいくつかの条件があります。

特に必要書類が通常申し込みと異なる点には、十分注意してください。

必要書類

通常の申し込み方法で、SMBCモビットを申請する場合は、運転免許証やパスポートなどの身分証明書だけ用意すれば手続きできます。

(※収入と借り入れ限度額次第では、収入証明書類の提出も必要です)

しかし、SMBCモビットのWEB完結申し込みでは、本人確認書類とは別で以下の書類が必要になります。

<必要書類と条件一覧>

①本人確認書類を提出すること

運転免許証やパスポート

②指定の銀行口座を保有していること

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のうち、いずれかの口座を持っていることが条件

③指定口座で口座引き落としにより返済すること

上記の口座を使って、口座引き落としにて返済すること

※通常のATM返済は利用できない

④勤務先証明の書類を提出すること

以下いずれかの書類を提出できること

源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・直近2ヶ月の給与明細書(賞与がある場合は、直近1年分の賞与明細書も必要)

⑤収入証明書類を提出すること

以下2種類の書類を提出できること

全国健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証、または組合保険証)

直近1ヶ月の給与明細書(上記④で提出できない場合のみ)

メリット・デメリット

WEB完結申し込みは、勤務先への電話を回避できる便利な申し込み方法です。

しかし細かい点を確認してみると、デメリットもいくつか存在します。

<WEB完結申し込みのメリット>

  • 申し込み者に電話がないため、家族や同僚に内緒で申し込める
  • 電話対応ができない時間帯や場所でも申し込める
  • SMBCモビットから書類やカードが郵送されないため、家族に知られにくい
  • カードが発行されないため、キャッシング用カードを見られて家族に借金が知られることを防げる

<WEB完結申し込みのデメリット>

  • 源泉徴収票や給与明細書など、面倒な書類提出が必要
  • 指定の銀行口座を持っていない場合は、口座を作る手間がかかる
  • カードがないため、ATMでの借り入れができない
  • 振り込みキャッシングを利用すると、口座に見慣れない振り込み履歴が残り、家族にカードローンの利用が気づかれることもある

WEB完結申し込みを利用しても電話連絡や郵送物が来る場合もある

上記のとおり、SMBCモビットのWEB完結申し込みでは、原則電話連絡と郵送物の発送はありません。

しかし公式サイトにも明記されている通り、審査で確認が必要になった際は電話をかける可能性もあります。

申し込み内容や必要書類に不備があった場合申し込み者の携帯に電話

SMBCモビットから電話がかかってくるケースとして多いのは、「申し込み不備」です。

たとえば、以下のようなケースが考えられます。

  • 申し込み情報で入力した本人情報と、本人確認書類の情報が相違している
  • スマホで撮影した書類が不鮮明
  • 必要となる書類が揃っていない
  • 最新の書類が提出されていない(一昨年の源泉徴収票が提出されたなど)

SMBCモビットからの電話を避けたい場合は、安易な手続きミスが発生しないよう十分に注意しましょう。

返済期日に入金されなかった場合申し込み者の携帯に督促電話

カードローンの契約が無事完了した後も、電話がかかってくる可能性はゼロではありません。

融資の返済を遅延・延滞してしまうと、高確率で担当者から電話がかかってくきます。

そのため延滞・遅延が発覚した場合は、自分から連絡をとるのが適切です。

早い段階で電話をかけておけば、自宅・勤務先への連絡を回避できる可能性があります。

遅延や延滞の電話連絡を無視した場合、督促状が自宅に郵送される

カードローンの返済が遅れてしまっても、きちんと連絡を入れて1ヶ月以内に返済すれば問題はありません。

しかし延滞期間が1ヶ月を超えた場合は、自宅に督促状が発送されてしまいます。

自宅への電話なら、家族にカードローンの利用を疑われてもごまかせるかもしれません。

ですが督促状を見られた場合、隠し続けるのは難しいです。

SMBCモビットからの督促状は、長期延滞が発生した場合に送付されます。

くれぐれも、延滞はすぐ解消するように返済しましょう。

督促状も無視した場合、安全確認の為自宅や職場に電話がいく

自宅への督促状が送られてから返済すれば、度重なる長期延滞ではない限り、カードローンを解約されるなどのペナルティーは避けられるでしょう。

(一時的に新規借り入れができなくなり、返済専用ローンになる可能性はあります)

しかし、督促状を長期間放置すると、今度は職場に電話がかかってくるかもしれません。

申し込みの時とは違い、返済が確認できるまで何度もかかってくる可能性もあります。

在籍確認の場合は、本人が社内にいなくても折り返しの電話は不要です。

その点、督促電話のケースでは「折り返しご連絡ください」と伝言されることも考えられます。

こうなると、同僚にカードローンの延滞が知られる可能性もあり、職場にも居づらくなりますので十分注意したいところです。

WEB完結申し込み以外の申し込み方法でもSMBCモビットの在籍確認は周りに気づかれにくい

さきほどのとおり、SMBCモビットではWEB完結申し込み以外の手続き方法も用意されています。

WEB完結申し込み以外で手続きした場合、審査の一環で電話がかかってきます。

本人以外が対応しても、カードローンの審査とは伝えない

SMBCモビットが電話をかける場合、本人以外の方に用件を伝えることはありません。

電話を受けた方が「どのようなご用件でしょうか?」と言ったとしても、カードローンの存在が発覚することはないので安心してください。

本人以外の方が電話をとった場合、「後ほどまたご連絡します」と電話を切るケースが多いです。

本人が不在でも在籍確認を完了させることがある

SMBCモビットから電話がかかってきた時、申込者本人が不在だと不安を感じてしまうケースが多いです。

しかし以下の電話トーク例にもあるとおり、本人の在籍が確認できれば手続きは完了となります。

<本人不在の場合・在籍確認のトーク例>

審査担当者「〇〇様はいらっしゃいますか?」

勤務先「あいにく外出しておりますが…」

審査担当者「さようでございますか。何時ごろお戻りでしょうか?」

勤務先「18時頃になる予定です。帰社次第お電話させましょうか?」

審査担当者「いえ、また改めますので結構です。ありがとうございました」

上記では「また改めます」となっていますが、確認が完了すれば再度電話をかけることはありません。

在籍確認は1~2分で終わる

SMBCモビットから電話がかかってきても、実際の会話時間は1~2分程度です。

もし、電話で根掘り葉掘り確認されると困ってしまいますが、在籍さえ確認できれば電話は終了します。

審査担当者からの電話がかかってくると、少し身構えてしまいますが、それほど気にする必要はないでしょう。

個人名で在籍確認される

在籍確認は個人名で電話されるのが一般的です。

いくらカードローンの利用が浸透しているとはいえ、借金することに対してはネガティブなイメージを持つ人が多いのも事実です。

SMBCモビットや他社消費者金融カードローンを利用する人は、家族や知人に内緒で申し込んでいるケースがほとんどでしょう。

カードローンを取り扱う消費者金融各社も、利用者心理は理解してくれていますので、細心の注意をはらって個人名で電話をかけてきてくれます。

在籍確認が原因で審査に落ちる可能性もある

在籍確認の電話は、審査の一環で実施されるため、もし在籍確認が完了しなかった場合は審査落ちすることもあります。

在籍確認でどのような事態になると、審査に落ちてしまうのか、いくつかのケースを見てみましょう。

在籍確認の電話が繋がらなかった

そもそも、勤務先に電話してもつながらない場合は審査が保留されるか、審査落ちしてしまうことがあります。

職場に電話をしてもつながらないケースとしては、以下が考えられます。

  • 電話番号が間違っている
  • 代表電話で申し込んだため、受付担当者が在籍について即答できなかった
  • 派遣社員なのに派遣元の会社連絡先で申し込んだ
  • 勤務先が休業中だった

もし、勤務先事情で「一時的に電話がつながらない」と想定される場合は、事前にSMBCモビットへ相談しておくのがいいでしょう。

申し込み内容に不備があった

申し込み内容の不備といっても、さまざまなケースがあります。

代表的な不備としては、以下のようなパターンが多いでしょう。

  • 勤務先の会社名が実在する社名と異なっている
  • 提出された書類に記載されている会社名と、勤務先情報が相違している

SMBCモビットに提出した申し込み情報が間違っている場合、SMBCモビットの審査担当者は「虚偽申告」か「ケアレスミス」なのか判断がつきません。

そのため、最悪のケースとして不備が解消されない場合は、審査落ちにつながることもあります。

休職中または産休中だった

勤務先に籍はあるものの、長期休暇で無給状態の場合も審査落ちすることがあります。

たとえば、以下のようなケースです。

  • 病気やケガで長期休暇を取得している
  • 産休中
  • 育児休暇中

上記の場合、勤務先によっては一定期間給与が支給される場合もあるため、一概にすべての人が審査落ちするわけではありません。

ただ病気による長期休暇でも、有給消化期間を経て傷病手当金の支給期間が終われば実質収入はなくなります。

SMBCモビットの在籍確認で、以下の受け答えがあると要注意です。

<無給状態が疑われる受け答え>

「〇〇は在籍しておりますが、現在長期休暇をいただいております」

「次回出社日は未定です」

「〇〇は現在産休中で、次回出社日は未定です」

アリバイ会社を利用した

カードローンを利用する人のなかには、借金したい一心でアリバイ会社を利用するケースがあります。

アリバイ会社とは、実際には勤務実態がなくても、勤務しているように装ってくれる会社のことです。

利用者は手数料を支払い、アリバイ会社は在籍確認の電話に対応したり、源泉徴収票など収入証明書の偽造をしてくれたりします。

一見、SMBCモビットの審査担当者を騙せるような気もしますが、審査担当者は審査のプロです。

ちょっとした受け答えから矛盾を見つけ、アリバイ会社の利用が判明次第、審査でNG判断をするかもしれません。

また、届け出た情報だけで判断がつかない場合は、追加の証明書類を提出するように求められる可能性もあります。

ローン会社によっては、アリバイ会社の連絡先や住所などをデータベース化していることも考えられます。

安易に、アリバイ会社を利用することは避けたほうが無難です。

よくある質問

最後に、SMBCモビットの在籍確認で発生するかもしれない、いくつかの質問についてもお答えしておきます。

テレワークの際在籍確認はどうなる?

様々な理由で会社に出勤できず、家でリモートワークしている人もおられると思います。

SMBCモビットに申し込んだ人がテレワーク中の場合、勤務先に電話をしても「不在です」となるわけですが、テレワーク中でも在籍の確認さえ済めばなんら問題はありません。

電話に出た同僚が「現在、テレワーク中でして折り返し連絡させましょうか?」と回答すれば、審査落ちすることもないでしょう。

在籍確認に落ちてしまったら

SMBCモビットの在籍確認で問題があり、在籍確認が終了しなかった場合も、想定しておく必要があります。

もし、在籍確認が原因で審査に影響を及ぼしている場合は、SMBCモビットの審査担当者から「勤務先に電話をしてもつながりませんが」といった連絡がはいります。

SMBCモビットから在籍確認ができない理由を教えてもらったら、そこで教えてもらった情報をもとに再審査を受けましょう。

しかし、場合によっては、審査落ちの理由を教えてもらえないことも多いです。

カードローンの審査に落ちた場合、次からつぎへと他社カードローンに申し込むと、再度同じ結果になることがあります。

もし審査で落ちてしまった場合は、自身の信用情報を確認してみましょう。

信用情報は、JICCやCICなどの「信用情報機関本人開示サービス」で確認できます。

参考:JICCの本人開示サービス

参考: CICの本人開示サービス

アルバイト、パート、派遣の場合

SMBCモビットに申し込む場合、申込条件さえ満たしていれば特に雇用形態は問われません。

したがって、アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用者でも申し込めます。

ただし、非正規雇用者は以下の点に注意する必要があります。

  • アルバイトやパートを大量雇用していて、電話担当者が名前を把握していない
  • 登録制アルバイトや、業務委託形式をとっている会社の場合、収入不安定と判断される可能性がある
  • 派遣会社に登録しているだけで、実際に働いていない人は審査落ちする

自分がカードローンに申し込む際は、上記に該当していないかをよく確認してから、申し込むようにしましょう。

まとめ

SMBCモビットには、さまざまな申し込み方法が用意されており、「原則電話連絡なし」で申し込める手続き方法もあります。

ただ、SMBCモビットから電話がかかってこないといっても、決して審査が甘いわけではありません。

在籍確認では、「電話」「書類」のいずれかで、申し込み者の属性が厳しくチェックされます。

今回の記事を参考に、申し込み不備が原因で審査落ちすることのないよう、細心の注意をはらって申し込むようにしましょう。

トップに戻る
© 2002-2021 お金借りれる?