HOME > 楽天銀行カードローンは在籍確認あり?事前にできる準備とは?

楽天銀行カードローンは在籍確認あり?事前にできる準備とは?

楽天銀行カードローンの審査では、在籍確認が必ず行われます。

審査過程で実施される「在籍確認」については、いくつかのポイントをおさえておかないと最悪審査落ちすることも考えられます。

今回は、楽天銀行カードローンの審査では在籍確認が実施されるか、もし実施されるとすれば確認のタイミングや、周りにローン申し込みが知られてしまうかどうかも詳しく見ていきます。

<この記事でわかること>

・楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)に申し込むと在籍確認が実施されるかどうか?

・在籍確認の連絡が来るタイミング

・周りに知られる可能性が低い方法で、在籍確認を済ませてもらう方法

・電話での在籍確認を避ける、カードローンの申し込み方法

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の審査は在籍確認される

冒頭でもお伝えした通り、楽天銀行カードローンの審査終盤で、必ず電話での在籍確認が行われます。

カードローンを申し込む人によっては、自分が在籍確認の対象になるかどうか知っておきたいケースもあると思いますが、全員在籍確認の電話は覚悟しておきましょう。

楽天銀行カードローンの公式サイトには、以下のよくある質問が掲載されています。

<楽天銀行カードローンよくある質問>

質問:審査の際、勤務先への在籍確認はありますか?

答え:審査の一環としてお電話にてご勤務先への在籍確認を行わせていただきます。在籍確認のお電話は、非通知設定・担当者個人名でご連絡いたしますのでご安心ください。

※社名を尋ねられた場合、「楽天銀行の○○(担当者名)」とお伝えします。

※非通知拒否設定の場合、電話番号を通知の上お電話させていただきます。 (専業主婦の方は、在籍確認はございません。)

引用:楽天銀行カードローンよくある質問

他社カードローンによっては、「お電話させていただく場合も…」といった表現をしているところもあります。

その点、楽天銀行カードローンは「電話をかけます」と明言していますので、電話での在籍確認は避けられないと思ったほうがいいでしょう。

在籍確認される理由

楽天銀行カードローンに申し込んだ場合、在籍確認が実施されるのには、以下の理由があります。

 1.申し込み者が申告した勤務先情報に、間違いがないかを確認するため

 2.勤務先で実際に勤めているか、確認するため

カードローンの在籍確認は、楽天銀行カードローンのような銀行カードローンだけではなく、消費者金融カードローンでも実施されます。

ローンを取り扱う金融機関は、返済能力がない人には融資をしません。

在籍確認は申し込み者が信用できる人かどうか、そして実際に仕事をしていて定期的な収入が見込める人かを、確認するために実施されるのです。

在籍確認で聞かれること

在籍確認の電話がかかってきた場合、本人が対応できる場合と、そうでない場合の2パターンがあります。

それぞれ、担当者が確認する内容は異なります。

①本人が対応できる場合

本人が社内にいて電話対応可能な場合は、電話に出た際「フルネーム」「生年月日」「住所」を聞かれるケースがほとんどです。

会話のイメージとしては、以下のような流れとなります。

審査担当者「わたくし〇〇と申しますが、△△様はいらっしゃいますか?」

職場の同僚「はい、△△でございますね。社内におりますのでお電話おつなぎいたします」申し込み者本人「お待たせしました。△△です」

審査担当者「恐れ入ります。△△□□さまでしょうか?楽天銀行カードローンのお申し込み確認でお電話させて頂きました〇〇と申します。ご本人さま確認のため生年月日とご住所を教えて頂いても大丈夫でしょうか?」

申し込み者本人「生年月日は〇〇、住所は〇〇市〇〇町…」

審査担当者「ご協力ありがとうございました。こちらで確認は完了しましたので、審査結果についてはあらためてご連絡させて頂きます」

②本人が社内にいない場合

カードローンに申し込んだ本人が不在だった場合は、同僚が対応することになります。

同僚が電話対応した場合は、申し込み者本人の生年月日などを聞かれることはなく、勤務していることさえわかれば確認は完了します。

在籍確認のタイミング

楽天銀行カードローンに申し込んだ場合、以下の流れで審査が実施されます。

  1. 基本的な審査を楽天銀行が実施
  2. 保証会社の楽天カード株式会社が利用者の与信審査(在籍確認を含む)を実施

実際に在籍確認の電話をかけてくるのは、楽天カード株式会社の審査担当者です。

この審査の流れをみるかぎり、在籍確認がおこなわれるタイミングは、「基本的な仮審査後の審査終盤」であることがわかります。

在籍確認は審査に通過する一歩手前

カードローン審査の流れは、どこのカードローンでもおおむね同じです。

審査では最初に機械的な確認がおこなわれ、申し込み情報に間違いがないか、信用情報機関データにキズがないか確認されます。

基本的な審査に通過した場合のみ、必要書類をチェックしたり、人間による在籍確認が実施されるのです。

在籍確認の電話がかかってきたことは、審査通過の一歩手前に来ているともいえます。

在籍確認されても職場の人に知られる可能性の低い方法

楽天銀行カードローンの申し込みで在籍確認が実施されるとわかっても、職場にカードローンのことが知られないか不安になるのも無理はありません。

いくら簡単な確認とはいえ、同僚に詮索されることは避けたいものです。

そこで、職場でカードローンの利用を、秘密にできる2つの方法をご紹介していきます。

自分が出られる電話番号を伝える

ひとつ目の方法は、「自分が電話に出られる電話番号で申し込む」方法です。

特に、中小企業以上の会社となると、一般的には会社の代表電話と部署直通電話番号は異なります。

代表電話で申し込むと、社内の受付担当者が電話にでてしまいます。

同僚が在籍確認の電話に対応してしまうと、あとで色々問いただされる可能性があるため、所属部署以外の電話番号では申し込まないようにしましょう。

職場で借金を疑われないためには、可能な限り直通電話番号で申し込みましょう。

職場の人に質問された時の言い訳3つ

ふたつ目の方法は、疑われたときのために言い訳を用意しておく方法です。

職場に電話をかけてくる金融機関は、なにも銀行だけではありません。

クレジットカード会社やマイカーローンを取り扱う信販会社なども、在籍確認を実施します。

そのため、職場の人に言える言い訳を用意しておきましょう。

「クレジットカードに申し込んだから、個人名で在籍確認があった」

「マイカーローンの審査で会社に電話がかかってくると言われていた」

「知人の融資保証人になったが、銀行が個人名で電話をしてくると言われていた」

上記のような理由は、誰にでも起こり得るようなことばかりです。

同僚に聞かれても、堂々としておけば大丈夫でしょう。

楽天銀行カードローンの在籍確認は周りに気づかれにくい

カードローンを利用していることが職場の同僚に知られてしまうと、会社には居づらくなりますし、もしかすると社内での評価も下がって昇進に影響が出るかもしれません。

ただ、楽天銀行カードローンの在籍確認では、職場に知られないような配慮がされています。

本人以外が対応しても、カードローンの審査とは伝えない

楽天銀行カードローンはもちろん、銀行や消費者金融は利用者のプライバシーに配慮して手続きをしてくれます。

そのため、楽天銀行カードローンの在籍確認においても、電話で用件を伝えることはありません。

申し込んだ本人が社内におらず、同僚が「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねても「また改めます」というだけで電話を切ります。

電話口で「また改めます」「ご本人の携帯へ電話します」と言っても、在籍していることがわかれば、再度在籍確認で電話がかかってくることはありません。

本人が不在でも在籍確認を完了させることがある

もし申し込み者本人が不在だった場合、そのあとで何度も会社に電話がかかってくると、同僚に怪しまれる可能性があります。

前述のとおり、楽天銀行カードローンの在籍確認では、会社で勤務していることがわかれば確認は完了します。

したがって、何度も電話をかけてきたりして、同僚にカードローンの利用を疑われることはないでしょう。

ただし、職場で電話を受けた人が、以下のような受け答えをしてしまった場合は要注意です。

「〇〇という者はおりません」

「次回出社日は未定です」

「長期でお休みをいただいております」

上記回答例のなかで、どんなケースに注意すべきなのかは、このあと詳しく触れます。

在籍確認は1~2分で終わる

楽天銀行カードローンの在籍確認で、コールセンターとの電話のやり取りが長いと、同僚に怪しまれてしまう可能性があります。

その点、さきほどからお伝えしているとおり、楽天銀行カードローンの在籍確認は勤務実態がわかれば1~2分で終話します。

「〇〇は外出しております」「〇〇は会議中で席を外しております」といった回答があれば、それ以上聞かれることもありません。

一日に何十本もの電話を受けているような会社であれば、在籍確認の電話があったことも忘れ去られるくらい簡単な確認で電話は終わります。

したがって、同僚に知られてしまうこともないでしょう。

個人名で在籍確認される

在籍確認がかかってきたときに、担当のオペレーターは申し込んだ人の会社へ個人名で電話をかけます。

冒頭の「楽天銀行カードローンよくある質問」でもご紹介したとおり、在籍確認の電話ではプライバシーに配慮して、個人名で電話をかけてきてくれます。

法人からの電話ばかり対応する会社で、個人名からの電話がかかってくると怪しまれるかもしれません。それでも、銀行名をストレートに言われるよりはましでしょう。

ただし、よくある質問にもあるとおり、会社名を何度も確認されてしまうと「楽天銀行の〇〇です」と銀行名を言うルールになっています。

どうしても同僚にカードローンの利用を知られたくないなら、はじめから「楽天銀行の住宅ローンを検討しているので電話があるかも」くらいの言い訳は用意したほうがいいかもしれません。

在籍確認が原因で審査に落ちる可能性もある

楽天銀行カードローンの審査は、決して甘くはありません。

在籍確認の電話対応次第でも、審査に落ちてしまうことがあります。

在籍確認の電話で審査落ちするケースについて、具体的に見ていくことにしましょう。

在籍確認の電話が繋がらなかった

在籍確認の電話で審査に落ちてしまう、もっとも多いケースは「電話がつながらない」場合です。

電話がつながらないのには、いくつかの原因が考えられます。

代表的なケースは、以下のとおりです。

  1. 申し込み時に申告した勤務先の電話番号が間違えていた
  2. 勤務先が休みだった
  3. 勤務先のコールセンターや代表電話で申し込んだため、勤務先の電話担当者が在籍について即答できなかった
  4. 個人経営の店などで携帯に転送されるなどして、電話がつながらない
  5. 嘘の電話番号で申し込んだ

楽天銀行は収入を得ているかどうかわからないような人に、お金を貸すことはありません。

したがって勤務先に電話がつながらない場合は、審査が一時的に保留されるか、最悪は審査落ちしてしまいます。

申し込み内容に不備があった

楽天銀行カードローン審査では、利用者が信用できる人かどうか、厳しくチェックされます。

そのため、以下のような申し込み不備があると、審査落ちにつながることがあります。

  • 勤務先の会社名や住所が実態と異なる
  • 電話で確認された内容と、申し込み情報が異なる

楽天銀行カードローンの申し込みに際しては、以下の勤務先情報を入力する必要があります。

不備なく申し込めるように、手続き前には以下情報を整理しておきましょう。

<楽天銀行カードローンの申し込みに必要な勤務先情報>

勤務先基本情報

勤務先会社名、所在地、電話番号

勤務先詳細情報

従業員数、勤務先種別(上場、非上場など)、業種、職種

その他情報

役職、勤続年数、収入形態(固定給、歩合給など)、税込み年収、給料日

休職中または産休中だった

「本人が不在でも在籍確認を完了させることがある」の章でもお伝えしたとおり、電話を受けた担当者の受け答え次第では、審査に落ちてしまうこともあります。

たとえば、「〇〇は在籍しておりますが、次回出社日は未定でして…」と答えた場合、無給状態が疑われてしまいます。

産休中の場合も、会社によっては一部給料が支払われるケースもありますが、一定期間を過ぎると給料は支払われません。

「毎日勤務先に出勤していない=収入がない=返済能力なし」と判断されて、審査に落ちる可能性があるのです。

上司や同僚の受け答えが悪かった

勤務先で電話を受けた担当者が、適当な受け答えをしてしまった場合も要注意です。

たとえば大きな会社によくあるケースですが、電話担当者が申し込み者の在籍について即答できず、そのまま放置されたりすると審査に落ちることも考えられます。

一度で確認できなかった場合、時間を変えて再度電話をかけてきてくれますが、何度も同じ対応だった場合は審査通過できないかもしれません。

どうしても在籍確認されたくない方は「SMBCモビット」を検討してみよう

楽天銀行カードローンは、公式サイトで「電話での在籍確認をします」と公言しているカードローンです。

一方で、楽天銀行カードローン以外の他社ローンでは、「電話をしません」と約束しているローン会社もあります。

「電話での在籍確認なし」としているローン会社のひとつに、SMBCモビットがあります。

SMBCモビットのカードローンには、いくつかの申し込み方法があり、web完結申し込みで手続きした場合にかぎり在籍確認の電話がかかってくることはありません。

ただ、SMBCモビットのカードローンで電話確認を避けるためには、以下の書類を用意する必要があります。

一部、書類準備に時間がかかる書類もありますので、申し込む場合は事前に公式サイトでチェックして用意しておきましょう。

<SMBCモビットのWEB完結申し込みに必要な書類や条件>

①本人確認書類を提出すること

運転免許証やパスポート

②指定の銀行口座を保有していること

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のうち、いずれかの口座を持っていることが条件

③指定口座で口座引き落としにより返済すること

上記の口座を使って、口座引き落としにて返済すること

※通常のATM返済は利用できない

④勤務先証明の書類を提出すること

以下いずれかの書類を提出できること

源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・直近2ヶ月の給与明細書(賞与がある場合は、直近1年分の賞与明細書も必要)

⑤収入証明書類を提出すること

以下2種類の書類を提出できること

全国健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証、または組合保険証)

直近1ヶ月の給与明細書(上記④で提出できない場合のみ)

よくある質問

最後に、楽天銀行カードローンの申し込みで気になる、「よくある質問」にもお答えしておきます。

どの質問も、実際の申し込みであり得ることばかりですので、事前によくチェックしておきましょう。

アルバイトの方は在籍確認にどう対応したらいいのか

アルバイトをしている人でも楽天銀行カードローンには申し込めますし、在籍確認の電話でも特別な対応は必要ありません。

正社員の人が申し込むように、勤務先の連絡先をきちんと申告すれば問題はないでしょう。

ただし、大勢のアルバイトを抱えているような会社や、登録制アルバイトを管理している会社の場合は要注意です。

アルバイト先の電話担当者が、何百人といるアルバイトスタッフの名前を覚えていない可能性があるからです。

アルバイト先が上記に該当する場合は、事前に職場の状況を楽天銀行に申し出るか、自分が電話対応できる連絡先で申し込むようにしましょう。

派遣の方は在籍確認にどう対応したらいいのか

派遣社員の人が申し込む場合、「連絡先は派遣元?それとも派遣先?」といった質問がよくあります。

楽天銀行カードローンの申し込みでは、出向先や派遣先有無が確認されますので、派遣先で働いている場合は画面の指示にしたがって申し込めば大丈夫です。

一般的に考えて、金融機関が確認したいのは「実際に働いているかどうか?」です。

派遣社員のなかには、派遣登録だけして実際には働いていない人もいます。

したがって、きちんと収入を得ていることを証明するためには、派遣先電話番号で申し込むのが正解といえるでしょう。

テレワークの場合は在籍確認にどう対応したらいいのか

現在様々な事情で、出社をせずにテレワークをしている人も増えてきました。

テレワーク中に職場に電話がかかってくると、「現在社内にはおりません」となるわけですが、テレワーク中でも勤務をしていれば問題はありません。

もし電話対応に不安があるなら、職場の電話担当者に「クレジットカードに申し込んだから個人名で電話があるかも」と事前に伝えておくようにしましょう。

まとめ

「カードローンの審査担当者から電話がかかってくる」と考えると、どうしても不安になる気持ちはわかります。

ただ、在籍確認の電話はあらゆる金融機関でもやっていることですし、簡単な確認で電話は終了します。

今回の記事でお伝えしたポイントをおさえて、事前に対策をしておけばそれほど不安に感じる必要もないでしょう。

楽天銀行カードローンから在籍確認の電話がかかってくると、審査通過まであと少しです。

最後の手続きで審査落ちとならないためにも、細心の注意をはらって対応したいものですね。

© 2002-2023 お金借りる?