HOME > 【わかりやすい】SMBCモビットの審査通過率と審査の内容をくわしく解説!

【わかりやすい】SMBCモビットの審査通過率と審査の内容をくわしく解説!

「SMBCモビットに申し込みたいけど、審査で落とされないか不安・・・」

これからカードローンを申し込む方で、こういった悩みを抱えている方はいませんか?

そんな時は申し込みを行う前に、カードローンの審査通過率を確認するのが最も有効です。

審査通過率とは新規申込者のうち、どれぐらいの方が審査を通過できたのかを表した数値です。

事前に審査通過率を確認しておくと、申込時の不安をある程度軽減することができます。

ここからは審査通過率や、SMBCモビットの審査内容などについて解説します。

審査通過率について

審査通過率は新規申込者の数に対して、審査を通過できた方の数がどれぐらいなのかを示しています。

たとえば新規申込者数が200人で契約者数が100人だった場合、審査通過率は50%です。

審査通過率が高いと、審査のハードルはその分だけ低くなります。

そのため審査通過率を確認しておくと、カードローンの審査難易度がどれくらいなのか予想することができます。

各カードローンの審査通過率を比較すれば、審査が比較的通りやすいカードローンを見つけることも可能です。

カードローンの審査に不安を感じている方は、まず申込先の審査通過率をチェックしてみてください。

SMBCモビットは審査通過率を公表していない

一部の消費者金融は、ホームページ上に審査通過率を公開しています。

しかしSMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのホームページに掲載されているのは、プロミスの審査通過率だけです。

SMBCモビットの審査通過率を正確に確認することはできません。

ただしSMBCモビットとプロミスは、グループ会社が同一となっています。

そのため、審査通過率にはほとんど差がない可能性が高いです。

各カードローンの審査通過率は以下の通りです。

2016年4月-2017年3月審査通過率の比較
日付 消費者金融の審査通過率(%)
SMBCモビット プロミス  アコム アイフル
2016年4月 非公開 42.4 47.2 45.9
5月 44.0 48.2 47.0
6月 44.3 48.7 47.5
7月 41.9 48.0 44.8
8月 44.2 49.2 47.0
9月 43.9 48.6 47.0
10月 43.6 49.3 46.3
11月 43.5 50.2 46.5
12月 41.0 46.9 43.5
2017年1月 41.0 44.8 41.4
2月 42.5 46.6 41.8
3月 42.4 48.2 43.5
平均 42.8 48.0 45.3

(参考:プロミス・アコム・アイフル2016年4月-2017年3月月次データ)

ちなみに審査通過率は、各カードローンごとに名称が異なります。

  • プロミス→成約率
  • アコム→新規貸付率
  • アイフル→新規成約率

審査通過率を確認する際は、間違えないようご注意ください。

SMBCモビットの審査満足度1位!

冒頭で解説したように、SMBCモビットの審査通過率は明確には表記されていません。

ですが2016年オリコン日本顧客満足度ランキングでは、審査満足度1位を獲得しています。

2016年オリコン日本顧客満足度ランキング
評価項目 順位 得点
金利 3 46.81
借入条件 1 70.75
借入のしやすさ 1 75.41
申込み手続き 1 74.78
ATMの利用のしやすさ 63.80
審査 1 73.90
審査担当者 60.45
返済のしやすさ 1 72.00
繰り上げ返済のしやすさ 3 61.18
返済サポート 3 59.69
セキュリティ 1 74.13
合計 67.19

(参考:2016年オリコン日本顧客満足度ランキング)

審査面でこのように高い評価が得られているのは、SMBCモビットが10秒簡易審査を提供しているからです。

10秒簡易審査とは
SMBCモビット公式サイトにある簡単な情報を入力するだけの申込フォームのこと。10秒で審査結果を確認することができ、チャットによるサポートを実施してもらうことも可能です。


入力してすぐに審査結果を確認することができるため、忙しくてなかなかカードローンの申し込みができない方にオススメです。

ただし、10秒簡易審査はお試し審査のようなシミュレーションではありません。

れっきとした正式な審査(一次審査)です。

そのため適当にデータを入力してしまうと、審査で落とされてしまう可能性があります。

これから申し込みを行う方は気をつけてください。

試しに審査結果を確認しておきたい場合は、以下のような『お借入診断』を利用するのがオススメです。

モビット借入診断

口コミ的にもSMBCモビットの評価は高い

当サイト『お金借りれる?』には、SMBCモビットに関する口コミが多数投稿されています。

以下は投稿された口コミをいくつか抜粋したものです。

モビット口コミ
モビット口コミ2
この他にも、SMBCモビットの口コミにはいろいろな内容のものが存在します。

利用者の感想がどんなものか気になる方は、ぜひ一度内容をチェックしてみてください。

SMBCモビットの公式サイトでお申込み

SMBCモビットで実施されている審査の内容

SMBCモビットに申し込みを行うと、3つの審査が実施されます。

主な内容は、以下の通りです。

さまざまな視点からの審査
書類審査 申込者が最初に申告した申込書類による審査
信用情報機関への個人信用情報問い合わせ 申込者の返済能力があるかを確認する
在籍確認 申込者の勤務先に連絡する在籍確認

ここではそれぞれの審査内容について詳しく解説していきます。

SMBCモビットの公式サイトでお申込み

一次審査の内容

一次審査とは、先ほど説明した10秒簡易審査のことです。

この審査を行う際、SMBCモビットは申込者が申告した申込内容を社内システムでチェックします。

システムで申請内容をチェックすることで、申込者が貸付条件を満たしているか確認するためです。

SMBCモビットの貸付対象は以下の通りです。

  1. 満20歳〜69歳で安定した収入があること
  2. アルバイト・パート・自営業でも借入可能
  3. SMBCモビットの基準を満たしていること

審査を通過するには、これらの条件を満たしておく必要があります。

これらの中で特に注意してほしいのが、「SMBCモビットの基準を満たしていること」という部分です。

SMBCモビットは審査基準を公表していないため、申し込みを行う際は基準を予想して適切な対応を行う必要があります。

SMBCモビットの審査基準として予想されるのは、以下の2つです。

  • 申込者の個人信用情報
  • 与信スコアリングシステムでの評価

これからSMBCモビットに申し込みを行う方は、これらの基準をきちんと満たせるよう努力してください。

きちんとお金を返済してくれますか?

ではここで

消費者金融が審査の中で、重要視している

申込者の個人信用情報について詳しく解説します。

個人信用情報とは
名前や住所といった個人情報のほかに

クレジットカード・ローンなどの

契約内容・返済・支払い状況に関する情報を指します。

申込者の個人信用情報は

消費者金融が指定信用情報機関で

申込者の情報を照会すれば、確認ができます。

ちなみに、指定信用情報機関とは

内閣総理大臣に指定されている信用情報機関のことです。

信用情報機関
CIC

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
おもに割賦販売(かっぷはんばい:売買代金の支払いを分割にして支払う販売)、ローンなどのクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関
JICC

株式会社日本信用情報機構
おもに消費者金融・クレジット会社・金融機関などを会員とする情報機関
JBA

一般社団法人全国銀行協会
おもに銀行を会員とする情報機関

消費者金融は

信用情報機関で申込者の個人信用情報の照会することで

申込者に返済能力があるのか信用度を確かめています。

それとあわせて

申告した申込内容と個人信用情報に

大きな間違いがないかも調べています。

SMBCモビットの公式サイトでお申込み

年収・業種・他社の借入件数の属性が重要!

一次審査では、さらに申込者の属性も評価します。

属性とは
申込者が申込時に申告した

個人情報のことです。

具体的には、年齢・住所・性別・職業(雇用形態)・年収・他社借入件数などを指します。

これらの属性を消費者金融は、与信スコアリングシステムという

コンピューターによって点数化するシステムで、評価します。

この属性の中で、もっとも重要なのが

  • 年収
  • 業種
  • 他社の借入状況

この3つの属性が高いと

消費者金融の評価も高くなり、審査に通りやすくなります。

では、この3つの属性が高いとは

一体どのようなことでしょうか。

年収

一般的に

年収が400万円以上なら消費者金融の評価は高い

といわれています。

一方で

年収が200万円以下なら消費者金融の評価が低い

ともいわれています。

もちろん年収が200万円以下だというだけで

審査に落ちることはありません。

しかし、審査に通ったとしても

借入できる金額は多くはありません。

なぜなら

貸金業法の改正により

総量規制という決まりがあるからです。

年収ごとに最大で、どれくらい借入できるのか

その金額を表にまとめました。

【年収別】融資の上限金額一覧表
年収 上限金額
100万円 約30万円まで
200万円 約67万円まで
300万円 100万円まで
400万円 約133万円まで
500万円 約165万円まで
600万円 200万円まで

年収100万円の人より

年収600万円の人のほうが

当然、融資枠が増えます。

融資枠が増えると

消費者金融に支払われる利息も増えます。

その利息が、消費者金融の利益です。

そのため、申込者の年収が高ければ高いほど

消費者金融の評価も高くなるのです。

つまり、審査通過率が高くなる、ということです。

業種

公的機関>大企業>中小企業>自営業

企業の大きさや安定した業種かどうかで

消費者金融の評価が変わり、審査に通過しやすくなります。

1番評価の高い業種は、公的機関です。

ほかの業種の人は審査に通らない

という訳ではありませんのでご安心ください。

SMBCモビットの貸付対象にも書かれていますが

アルバイト・パートでも借入は可能です。

ただし、無職・専業主婦(夫)は

借入ができませんのでご注意ください。

借入ができる前提になるのは

『安定した収入がある人』だからです。

他社の借入状況

他社の借入状況は

消費者金融が一番注目している項目です。

なぜなら

申込者が、どの程度お金に困っているのかを判断できるからです。

他社の借入が多いと

審査が不利になる可能性は高くなります。

なぜ

他社の借入状況で審査に不利になってしまうのか

下記の例をご覧ください。

例1.借入件数
属性がほぼ同じAさんとBさんが、SMBCモビットで借入の申し込みをしました。

申込内容の中で、違ってたのは2人の借入件数です。

  1. Aさん→借入件数1件で50万円
  2. Bさん→借入件数3件で50万円

AさんとBさんのどちらが、審査に不利になるでしょうか?

答えは

2.Bさんの借入件数3件で50万円

「どうして他社の消費者金融は、Bさんに少額しか貸さなかったんだろう?」

「Bさんに何か問題があるのでは?」

SMBCモビットの審査担当者は

3件に申し込まないと50万円が借りられないBさんのことを

「Bさんには、一度に多額のお金を貸せない理由があるのではないか」

と考えるので、Bさんの方が審査に不利になります。

申込者の信用度が高いと

消費者金融1件だけで、多く借りられるからです。

例2.借入残高
属性がほぼ同じCさんとDさんが、SMBCモビットで借入の申し込みをしました。

2人の違いは他社での借入残高です。

  1. Cさん→他社1件で50万円
  2. Dさん→他社1件で100万円

さて、CさんとDさんのどちらが

審査に不利になるでしょうか?

答えは

2.Dさんの他社1件で100万円

一見、「どちらも大丈夫なんじゃない!?」

と思われるかもしれませんが

借入残高に注目してください。

Cさんより、Dさんのほうが借入残高が多いですよね。

ではなぜ

借入残高が多いと、審査に不利なのでしょうか。

それは、

他社の返済でお金を使うので

SMBCモビットの返済にまわすお金は少ないだろう

とSMBCモビットが判断するからです。

他社の借入残高が多いと評価が下がり

審査では不利になります。

また、SMBCモビットなどの消費者金融は総量規制があるので

申込者の借入残高がすでに年収3分の1に達していたら、貸付をしません。


このように、SMBCモビットなどの消費者金融は

借入件数・借入残高を重要視しています。

消費者金融に申し込むなら

借入件数や借入残高が少ないほうが有利ということです。

もしも、借入件数・借入残高が多い場合

「私、ほかの消費者金融で借りている件数多い!どうしよう…」

「借入件数が多いと、もうほかの消費者金融では借りられないのか…」

と不安になる必要はありません。

借入件数や借入残高が多いときは

  • 借入件数を減らす
  • 年収3分の1を超える借入残高があるなら

    先に借入残高を減らす

といった対策をとりましょう。

たとえば

借入件数を減らしたいなら

おまとめローンがオススメです!

おまとめローンを使ってローンをまとめると

他社の借入件数が減らせます。

すると、審査通過率がグーンと上がります!

SMBCモビットの公式サイトでお申込み

本審査の内容

一次審査に通ると

『申込内容の確認』が、SMBCモビットから連絡が入ります。

その時に、在籍確認しても問題ないか確認をしてくれます。

もし在籍確認に要望がある場合は

遠慮せずにSMBCモビットへ相談することをオススメします。

本審査に入ると

SMBCモビットの審査担当者が最終チェックが行います。

申込内容にウソや記入ミスがなかったかなどを調べます。

この本審査に入ると

めったに落ちるることはありません。

ですが、ウソの申告や記入ミスがあった場合は即審査に落ちます。

申込内容は正直に、かつ正確に申告しましょう。

本審査で消費者金融がすることは

在籍確認と、利用限度額を決めることです。

ここではじめて

「あなたに〇〇万円まで融資可能です」

とわかります。

本審査に通ると、契約の手続きをします。

本人確認書類をSMBCモビットに送って

ようやく借入ができます。

SMBCモビットの在籍確認については

下記の記事に詳しく書いているので

あわせて読んでみてください。


SMBCモビットの公式サイトでお申込み

かりれるくんまとめ

SMBCモビットには審査通過率は非公開だけど

オリコンの顧客満足度ランキング(2016)では、審査の評価は高くて1位だよ。

  • 一次審査では、申込者が申告した申込内容を審査するんだ

    申込者の属性・他社の借入状況などを調べているよ
  • 本審査では、在籍確認と審査担当者による最終チェックをするよ

    これで利用限度額が決まるんだよ

SMBCモビットの審査がどのように行われているかを把握しておくだけでも、心強いよね☆

SMBCモビット

満足度3.6

SMBCモビット

ここがポイント!

  • 「WEB完結申込」なら電話連絡無し
  • アルバイトや自営業者でも対応可能
  • 入力項目が少なくすぐに申込み可能
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
  • イオン
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード -
3.0~18.0% 1~800万円 10秒簡易審査 最短即日 -
  • クチコミ
  • 審査情報
エリ 星5
ネットで申し込みするとすぐに折り返し携帯にかかってきました。口答で15分くらい。そのあと免許証と収入証明をアプリで送信➡一時間後に結果メールがきて指定口座に振り込まれました
umakabo 星5
10秒審査後、そのまま申込ました。年収470万、他社50万借り入れがあり、借り換え先を探しての申し込みでした。審査結果は限度額145万円で可決でした。当日に審査が完了し、振り込み融資は希望しませんでしたが、電話対応は大変丁寧でしたよ。
平均年収 383万円
平均勤続年収 4年5ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:54%
  • フリーター:13%
  • 自営:7%
  • 会社員上場:6%
  • 他:20%
保険証
  • 社会保険証:47%
  • 国民保険証:23%
  • 組合保険証:8%
  • 共済保険証:3%
  • 他:19%
平均融資額 81万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
    ※アルバイト、自営業の方は安定した収入がある方。
    ※WEB完結はPC・スマートフォンからお申込みが対象です。
    ※モビットローン申込機なら即日でカード発行
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
  • SMBCモビット (1)全国対応

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?