HOME > 比較 > 低金利15.0%以下
低金利15.0%以下

カードローンを申し込む時は、まず金利をチェックするのが当たり前です。

金利が高いと利息の支払い額が増えてしまい、結果的にローンの返済総額も高額になってしまいます。

「4~5万円しか借りていないのに、利息のせいで返済総額が6万円まで増えた・・・」

こんな失敗、なるべくなら避けたいですよね?

そこで今回は低金利を重視する人にオススメなカードローンや、利息の節約にピッタリな対策などについて調べてみました!

低金利のカードローンを探している人は、ぜひ内容をチェックしてくださいね。

低金利を重視する人には銀行系カードローンがピッタリ

カードローンには消費者金融系カードローンと、銀行系カードローンの2種類が存在します。

この2つの中で最も金利が低いのは、銀行系カードローンです!

ここでは銀行系カードローンの特徴について詳しく紹介しますね。

銀行カードローンの金利は約14%

消費者金融系カードローンは審査スピードがとても速いですが、金利は平均で約18%とかなり高めです。

そのため長期間借入を行っていると、高額な利息が発生してしまうことがあります。

しかし銀行カードローンの平均金利は、14%ほどとかなり低いです。

だから長期間借入を行っても、ローンの利息を最小限に抑えることができます!

ちなみにそれぞれの銀行カードローンの金利は、以下の通りです。

カードローン名 金利(年率)
りそなカードローン 年3.5%~12.475%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6%
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6%
セブン銀行カードローン 年15.0%

なるべく低い金利でお金を借りたい人は、こういったカードローンをうまく活用してくださいね。

審査は消費者金融カードローンよりも難しい

銀行系カードローンは、消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができます。

しかしその分、カードローンの審査は厳しいです。

それもそうですよね・・・銀行系カードローンは金利が低い分、申込者の数がとても多いです。

担当者は審査を行うことで、この中から信頼できる申込者を選別しなければいけません。

だから必然的に、審査はかなり難しいものになってしまうんです。

審査時間もかなり延びてしまうので、審査結果を確認できるのは早くても1週間後になります。

これから銀行系カードローンを申し込む人は、十分注意してくださいね。

利用する際は銀行口座が必要

銀行カードローンを使って融資を受け取る際は、銀行口座が必要です。

そのため銀行口座を持っていない人は、カードローンを申し込む際に口座開設も行わなければいけません。

場合によっては、手続きが完了するまで1週間以上かかることもあります。

銀行系カードローンを申し込む時は、事前に口座の有無を確認しておいてください。

即日融資を希望する人には消費者金融系カードローンがオススメ

銀行系カードローンは金利が低いですが、その代わり審査にかなりの時間がかかってしまいます。

「申込日当日中に融資を受け取りたい!」という人には、消費者金融系カードローンが最適です。

ここでは消費者金融系カードローンについて紹介しますね。

条件によっては利息0円で借りることも可能

消費者金融系カードローンの多くは、無利息サービスを取り扱っています。

無利息サービスとは一定期間の間、ローンの利息を0円にできるサービスです。

このサービスを利用すれば、消費者金融から実質無料でお金を借りる事ができます。

無利息サービスを取り扱っている消費者金融は、以下の通りです。

カードローン名 サービス名
プロミス 30日間無利息サービス
アコム 30日間金利0円サービス
アイフル 30日間利息0円サービス

サービス期間は30日間となっていることが多いです。

うまく活用すれば、銀行系カードローンよりも返済総額を安くすることができますよ!

1ヵ月以内で完済できる自信がある人は、ぜひ検討してみてくださいね。

サービス終了後の金利はかなり高い

消費者金融系カードローンの多くは、30日間無利息で借入を行うことが可能です。

しかしこの期間が過ぎた後は、返済時に利息を支払う必要があります。

たとえば金利18.0%のカードローンで10万円借りた場合、1年間の返済総額は以下の通りです。

返済金額 元金 利息
110,011円 100,000円 10,011円

返済期間を1年に設定しても、約10,000円の利息が発生してしまうんです・・・

もちろん返済期間が長くなれば、ローンの利息はもっと増えていきます。

消費者金融系カードローンを利用しようと考えている人は、気をつけてくださいね。

カードローンの金利について

カードローンに適用されている金利は、銀行や消費者金融ごとにそれぞれ異なります。

実は金利には固定金利・変動金利といった種類があり、この2つの金利には違った特徴があるんです。

ここでは固定金利・変動金利の特徴について紹介しますね。

固定金利

固定金利は市場金利の変動に関係なく、一定の値に固定され続ける金利のことです。

変動金利と違い、固定金利は市場金利の影響を受けません。

だから市場金利が上昇しても、固定金利なら金利を低い状態のままで維持することができます。

ただし固定金利は変動金利に比べて、金利の設定が高めです。

そのため長期間借入すると、返済総額が高くなってしまいます

どちらかというと、安定した金利で借入を行いたい人に適した金利です。

変動金利

変動金利は市場金利の変動に合わせて、たびたび変化する金利のことです。

一般的に変動金利の見直しは、3~5年に1回のペースで行われます。

固定金利よりも金利設定が低いので、利息を安く抑えたい人に最適です。

しかし変動金利は市場金利の変動に合わせて、金利が変動します。

市場金利が高くなると、利息も同じように高くなってしまう可能性が高いです。

低金利で借入して、短期間でローンを完済したい人に向いている金利といえますね。

返済期間を短縮するとローンの利息はもっと安くなる!

ローンの利息を安く抑えるには、低金利のローンを利用するのが最も簡単な方法です。

でも実はある方法を使うと、どのカードローンを利用していても利息を安くすることができるんです!

その方法とは、「返済期間をできるだけ短縮する」です。

カードローンの利息は、借入期間の日数に応じて加算されます。

だから借入期間が長くなれば、その分だけローンの利息も高くなってしまうんです・・・

しかし逆に返済期間を短縮すれば、ローンの利息はかなり安くなります!

たとえばプロミスで10万円借りた場合、1年間の返済総額と6ヵ月の返済総額は以下の通りです。

返済期間 元金 利息 返済総額
1年 100,000円 9,894円 109,894円
6ヵ月 100,000円  5,254円 105,254円

返済期間を6ヵ月短縮するだけで、利息はこんなに安くなります。

「カードローンの利息を少しでも節約したい!」という人は、ぜひこの方法を活用してくださいね!

低金利を重視する人にオススメなカードローン

カードローンの金利についていろいろ紹介しましたけど、いかがでしたか?

ローンの利息をなるべく最小限に抑えるには、それぞれのカードローンの金利・特徴などをきちんと調べることが大事です。

これからカードローンを申し込む人は、自分の目的に合ったカードローンを探してみてくださいね。

ここからは、低金利を重視する人にオススメなカードローンをいくつか紹介します。

りそな銀行りそなプレミアムフリーローン

平均融資額 69万円 最多融資日数 即日
実質年率 年5.0%~6.0% 借入限度額 100~最大500万円[1万円単位]
審査時間 - 融資スピード 非公表
- - コンビニ
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
  • JP BANK

おまとめしたい方

  • 口コミ
  • 審査情報
【口コミは必ずしも最新の金利・商品ではありません。最新情報は各社HPで確認してください】

匿名星5

初めてお金を借りたのですが
最初は怖ったです
ですが丁寧な接客わかりやすい解説で安心しました
アコム様から借りましたがはじめの30日間は利息はつかないので初めての方でも安心しん出来ると思います

匿名星5

対応がすごく良かったです。ありがとうございます。
※りそな銀行の借入審査の独自データ(当サイト利用者の投稿)です
雇用形態
  • フリーター:36%
  • 会社員一般:27%
  • 派遣社員:9%
  • 公務員:9%
  • 他:19%
保険証
  • 国民保険証:45%
  • 社会保険証:27%
  • その他:9%
  • 共済保険証:9%
  • 他:10%

審査情報を詳しくみる

  • ※1 りそな銀行の住宅ローンとマイゲート利用者は-0.5%の金利優遇あり。優遇後の金利は、年5.5%、またはカードローンセット型は年5.2%。
    ※2 借入れ限度額は、100万円以上、500万円以内(1万円単位)

みずほ銀行カードローン

平均融資額 135万円 最多融資日数 -
実質年率 年2.0%~14.0% 借入限度額 10万円~800万円
審査時間 最短翌営業日 融資スピード -
- - コンビニ
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン

大口で借りたい方

  • 口コミ
  • 審査情報
【口コミは必ずしも最新の金利・商品ではありません。最新情報は各社HPで確認してください】

星3

口座ある人は、便利かな。金利にも魅了です。

匿名星5

悪い評判が多いみたいですが私は過去に債務整理をしております。現在は年収550万円他社借り入れ無し。大手他社は殆ど審査が通りませんでしたが50万円融資即可決。口座を新規に開設したので融資まで時間がかかりましたが、支店の対応も凄く良かったです。しっかり返済して枠を100にしたいです!
※みずほ銀行の借入審査の独自データ(当サイト利用者の投稿)です
雇用形態
  • 会社員一般:62%
  • フリーター:11%
  • 会社員上場:8%
  • 派遣社員:5%
  • 他:14%
保険証
  • 社会保険証:62%
  • 国民保険証:19%
  • 組合保険証:7%
  • 共済保険証:5%
  • 他:7%

審査情報を詳しくみる

  • 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    自営業者の方も利用できます。
    ※ご利用は計画的に
トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?