HOME > キャッシングの豆知識 > キャッシングのQ&A > 消費者金融の金利と利息を解説!借入前に返済計画を立てる為の情報
キャッシングの豆知識

消費者金融の金利と利息を解説!借入前に返済計画を立てる為の情報

消費者金融でお金を借りることを考えている方のなかには、カードローンの金利や利息の計算方法がわからず不安を抱えている人もいると思います。

消費者金融でお金を借りるときは、金利が低ければ低いほどお金を返済するときの利息を抑えることができます。

消費者金融の金利の計算方法を知れば、自分の借入状況や利息を把握することができます。

 

消費者金融の金利は、各カードローン会社により異なりますが、「実質年率3.0%~18.0%」が平均的な金利となります。

カードローンの返済する利息は、この金利によって決定されます。

この記事では消費者金融の金利一覧や、カードローンの利息計算方法について詳しく解説していきます。

消費者金融は金利を実質年率と表記

消費者金融では金利ではなく実質年率と表記されます。

例えば「金利◯◯%〜◯◯%(実質年率)」のように表記されます。

金利という表記ではなく、実質年率という表記にするよう「貸金業法」という法律によって義務づけられています。

なぜなら悪徳業者に「手数料や礼金」といったものを、利息以外のお金を要求させないようにするためです。

それら手数料や礼金などの諸費用も金利に含めたものを実質年率といいます。

要するに実質年率とは、金利に対する利息だけではなく手数料や礼金なども含まれているということです。

消費者金融の金利一覧

消費者金融の金利は、カードローン会社によって異なります。

消費者金融の金利を各カードローン会社ごとに一覧にしたので参考にしてください。

消費者金融(カードローン)

金利(実質年率)

プロミス

4.5%~17.8%

アイフル

3.0%~18.0%

SMBCモビット

3.0%~18.0%

レイクALSA

4.5%~18.0%

フクホー

7.3%~18.0%

上表のように消費者金融によって、金利は変わるので注意してください。

金利の表記は下限金利と上限金利があり、この範囲の中で適用される金利が決定されます。

必ずしも、下限金利でお金を借りることができるわけではありません。

 

下記にて、各消費者金融の金利の特徴を比較してみました。

消費者金融(カードローン)

特徴

プロミス

下限金利は高いが上限金利が低いため、上限金利で適用される方におすすめ

アイフル

上限金利は高いが下限金利が低いため、下限金利で適用される方にはおすすめ

SMBCモビット

上限金利は高いが下限金利が低いため、下限金利で適用される方にはおすすめ

レイクALSA

金利でのメリットは無いが、無利息サービスが3種類ある

フクホー

下限金利は他社と比べて高いが、審査が甘いため契約しやすい

消費者金融の金利の決まり方

3.0%〜18.0%と実質年率が設定されていますが、カードローンが初めての人からすると自分にどの金利が適用されるか見当もつきません。

消費者金融の利用が初めてで50万円までの融資の場合は、高い方の金利(上限金利)が適用されることが多いです。

なぜなら、どんなにきちんと勤めている人でも、即日の簡単な審査だけでお金を貸して確実に返済できるかどうかわからないからです。

 

例えば自動車保険会社は、若年層による事故が多いため、保険料は高めに設定されています。

自動車保険会社の場合
  1. 事故が多い
  2. 保険会社が保険金を支払う
  3. 保険金がたくさん必要
  4. 保険料を高くして保険金に支払いに備える
  5. 事故に備えて保険金を高めに設定する

自動車保険会社の場合は、万が一の事故に備えて保険金を高めに設定することで損失を抑えることができます。

消費者金融の場合
  1. お金を返さない人がいる
  2. 損失がでる
  3. 収益を増やすため金利を高くする
  4. 利息収入が増える
  5. 損失のカバー
  6. 事故(貸し倒れ)が多いため金利を高めに設定する

消費者金融の場合は、貸し倒れによる返済不能を回避するため金利を高く設定して損失をカバーします。

また消費者金融は慈善事業ではありません。

たくさんの方にお金を貸すサービスを提供することは、貸し倒れが発生します。この損失をカバーするために高めの金利に設定することになります。

法律により上限金利が決まっている

消費者金融の金利は「利息制限法」によって上限が決められています。

上限金利は、借入金額に応じて年15.0%~年20.0%に2016年6月に引き下げられました。

借入金額に応じた上限金利は下記になります。

元金10万円未満

金利(実質年率)20.0%まで

10万円〜100万円未満

金利(実質年率)18.0%まで

100万円以上

金利(実質年率)15.0%まで

他にも「出資法」という法律(出資の受け入れ預け金及び金利等の取り締まりに関する法律)も同じ金利に設定されているので高金利の心配なくお金を借りることができます。

参考:日本貸金業協会

カードローン利息計算の方法

消費者金融の金利は、お金を返済するときに支払う利息の金額を算出するための数値になります。消費者金融でお金を借りたサービス料が利息で、利息を計算するために必要な数値が金利になります。

消費者金融の利息は、日数ベースの日割りで計算するのが基本的な計算方法になります。

カードローン利息計算方法

「元金×金利(実質年率)÷365日×借入期間(日数)=利息」

これがカードローンの利息計算の基本的な方法になります。元金と金利、借入期間がわかれば利息を計算することができます。

それでは実際にカードローンの利息を計算してみましょう。

元金による利息の変動

消費者金融では、元金が少なければ少ない方が利息は少なくなります。

金利18%でお金を借りた場合の元金による利息の変動を確認しましょう。

元金

利息の計算式

支払う利息

1万円

1万円×18%÷365日×30日

150円

3万円

3万円×18%÷365日×30日

450円

5万円

5万円×18%÷365日×30日

750円

10万円

10万円×18%÷365日×30日

1,500円

上表のように借入金額によって返済する利息の金額は変わります。

そのため、消費者金融で返済を積み重ねて元金が減っていくほど、支払う利息も低くなっていきます。

借入日数による利息の変動

消費者金融の利息は、元金だけでなく借入日数によっても変わってきます。借入日数が短くなればなるほど返済する利息は少なくなります。

10万円を借りた場合を表にしたので確認してください。

借入日数

利息の計算式

支払う利息

10日

10万円×18%÷10日×30日

500円

20日

10万円×18%÷20日×30日

1,000円

30日

10万円×18%÷30日×30日

1,500円

このように消費者金融でお金を借りた場合は、返済期間を短くすれば利息を少なく抑えることができます。

借入日数が増えれば増えるほど支払う利息も多くことを覚えておきましょう。

カードローン利息計算シミュレーション

1年間30万円を金利18%のカードローン会社で借入した場合

300,000円(元金)×0.18%(金利)=54,000円(1年間の利息)

1日分の利息を求める計算式54,000円(1年間の利息)÷365日=147.9円(1日分の利息)

1カ月分(30日)の利息を求める計算式147.9円(1日分の利息)×30日=4,438円(1カ月分の利息)

1カ月あたりの利息は、4,438円かかるということです。

上記の計算方法が消費者金融の基本的な利息計算方法になります。利息だけを返済しても元金は返済されていないので注意してください。

利息以上の金額を払うことで元金が返済されていくシステムになります。

毎月1万円返済する場合のシミュレーション

月々1万円ずつ返済した場合

10,000円-4,438円=5,562円(5,562円が実際に返済している金額)

1万円を返済したあとの元金の残高は300,000円-5,562円=294,438円

2回目の1万円返済する時に支払う利息は294,438円(元金)×0.18%(金利)÷365日×30日=4,356円

1回目の時と同じく10,000円-4,356円=5,644円(元金の返済にまわされるお金)294,438円-5,644円=288,794円(元金の残高)

元金30万円を実質年率18.0%で毎月1万円ずつ返済していくと40回の支払い、つまり約3年4カ月で完済できることがわかります。

毎月支払う利息を決めるのが金利になります。

金利が高くなればそれだけ支払う利息も高くなるので注意が必要です。

 

当サイトでは元金や金利などを入力するだけで、簡単に計算できる返済シミュレーションがあります。

もし金利計算が苦手だと感じた方は、下記のシミュレーションを利用すれば利息の計算がすぐに行うことができるので活用してください。

「お金借りれる?ローンシミュレーション」

消費者金融の最低返済額と完済までの期間

消費者金融(アコム/アイフル/SMBCモビット/プロミス)の最低返済額で、30万円を完済した総額を下記の表にまとめてみました。

 

アコム

アイフル

SMBCモビット

プロミス

最低返済額

8,000円

11,000円

11,000円

11,000円

金利(実質年率)

18.0%

18.0%

18.0%

17.8%

返済回数

57回

36回

36回

36回

総利息額

153,784円

95,704円

95,704円

94,189円

完済できるまで

4年9カ月

3年

3年

3年

このように最低返済額が少ないと支払う利息が増えます。毎月の返済する負担は軽くなっていいと思いますが、できるだけ返済額を上げるほうが消費者金融に利息をたくさん払わずに済みます。

返済期間も短くて済むので負担が軽くなります。

毎月の返済額を増やすとどれだけ利息をおさえられるのかを表にまとめてみました。

金利

毎月の返済額

返済回数

総返済額

完済できるまで

18.0%

12,000円

33回

385,444円

2年9カ月

20,000円

18回

347,758円

1年6カ月

15.0%

12,000円

31回

366,973円

2年7カ月

20,000円

17回

338,539円

1年5カ月

12.0%

12,000円

30回

350,624円

2年6カ月

20,000円

17回

329,924円

1年5カ月

8.0%

12,000円

28回

331,486円

2年4カ月

20,000円

16回

319,178円

1年4カ月

4.0%

12,000円

27回

314,764円

2年3カ月

20,000円

16回

309,244円

1年4カ月

消費者金融は高利ではなく適正金利

日本とは言えど貧富の差は存在します。消費者金融のターゲットとする顧客は平均年収前後ということですので、それらの方々を支える金融機関です。

しかし、消費者金融は慈善事業ではなく営利を目的とした企業体ですので金利がかかるのは仕方がありません。また、低属性の方へ融資するという高いリスクをとっていますので、金利が高いからダメだということではなく、むしろこの金利が適正と言えます。

仮に法規制により上限金利が引き下げられることがあれば、日本全体としての消費生活は低下することは間違いありません。

不況と呼ばれるこの時代は、消費者金融をうまく利用することでよりよい生活を実現することができる一つの方法です。

無利息サービスを提供するカードローンがある

消費者金融の金利に関しては、業者によってそれぞれ異なります。しかし「年3.0%〜年18.0%」の間が多いです。

中小消費者金融となると最高金利が年20.0%のところもあります。大手消費者金融の金利は以下です。

消費者金融

下限金利

上限金利

プロミス

4.5%

17.8%

アコム

3.0%

18.0%

アイフル

3.0%

18.0%

SMBCモビット

3.0%

18.0%

下限金利に関しては、プロミスが最も高いです。一方で上限金利に関しては、プロミスが最も低いです。

またSMBCモビットを除く、プロミス・アコム・アイフルの3社は、初めて利用する方に限り、30日間無利息サービスを提供しています。プロミスとアコム・アイフルでは、30日間無利息サービスの適用時期が異なります。

  • プロミス初回出金日の翌日から30日間
  • アコム・アイフル契約日の翌日から30日間

契約後すぐに借入するのであれば、上記3社ならどこでも問題ありません。

しかし契約だけ済ませておき、必要な時に借入したいということであれば、初回出金日から無利息期間が適用されるプロミスがおすすめと言えます。

プロミス

満足度4.1

プロミス

ここがポイント!

  • Web完結申込み!30日間無利息!
  • 管理人の一押し最短即日融資OK
  • 大手消費者金融口コミNo1!
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
  • イオン
  • JP BANK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード 50万円まで不要
4.5~17.8% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間 50万円まで不要
  • クチコミ
  • 審査情報
星5
審査通るか通らないか、待ってる間携帯に審査時間 最短30分って情報をみてると、5分以内に審査通ったんですけど! 素晴らしい、頭が下がります!
債務者 星5
web完結で申し込み。電話もなく全てネットで出来ました!借り入れまでとても早かったです!ありがとうございます!
平均年収 351万円
平均勤続年収 3年9ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:53%
  • フリーター:20%
  • 会社員上場:6%
  • 自営:6%
  • 他:15%
保険証
  • 社会保険証:49%
  • 国民保険証:31%
  • 組合保険証:8%
  • 共済保険証:2%
  • 他:10%
平均融資額 39万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

    即日融資は申し込みの時間によって対応ができない場合があります。
    30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • プロミス アルバイト、主婦(パート・アルバイトなどの安定した収入のある方)、自営業、学生の方もお申込みできます。

低金利の金融サービスの登場

消費者金融と銀行カードローンの金利を紹介しましたが、最近他社を圧倒する低金利設定の金融サービス「J.Score(ジェイスコア)」が誕生しました。

J.Score(ジェイスコア)の金利は、0.8%*〜12.0%となっています。

*貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo!JAPANとの情報連携をすべて行った場合に限り適用いたします。

2017年9月25日に、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって、J.Score(ジェイスコア)という金融サービスが新たにスタートしました。

AIスコア・レンディングという独自の方法で貸付を行います。いくつかの質問に答えることで、AIが利用者のスコアを算出してくれます。

AIによって算出されたスコアによって、適正金利や利用限度額の目安が分かります。利用する際、スコアを元に審査を行いそこで実際の金利や利用限度額が決定します。

またWEB完結のみに対応しており、実店舗が存在しません。店舗維持費や人件費の削減によりローコスト運営が可能となっています。結果、低金利での融資が可能となっているのです。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?