HOME > キャッシングの豆知識 > キャッシングのQ&A > 自宅訪問はどんな感じなの?
キャッシングの豆知識

自宅訪問はどんな感じなの?

連絡さえしていれば自宅への訪問はほとんどしない

延滞していても業者に定期的に
連絡が取れていれば自宅への訪問回収は
ほとんどありません。

ですので自宅に訪問されたくなければ、
何が何でも電話で連絡はするように
しておけば良いのです。

自宅訪問になる前は信用情報機関に照会

延滞発生後は手紙と電話での
督促を行うのはご存知だと思います。

ほとんどの人は電話に出る、
中にはちゃんと連絡してくれるものです。

しかし中には何度電話しても
ずっと留守電だったり
電話が止まっていたりと
本人と連絡がまったくつかないことがあります。

もちろん勤務先も辞めてしまってると
本人から連絡を待つ以外に方法がありません。
この状況になった場合に業者がとる行動は
信用情報機関に照会して
他社に申し込んでいないか調べます。
もし申し込んでいればラッキー。
新しい勤務先や携帯番号などが
ゲットできる可能性が大だからです。

住民票で追っかける

消費者金融の契約書の特約事項などに
・債権保全の意味で住民票を取得に関する事項
が書かれています。

これはもし返済に遅れて
本人と連絡が取れない場合に
住民票を取得されても異議は言いません
というものです。

先の信用情報機関の照会で
本人が見当たらなかった場合は
住民票を取得して、
どこかに転出していないかを調査します。

もし転出していればラッキー。
新たに判明した住所から104にて調査します。
もし電話番号がわからなければ、
ついに自宅訪問の準備を開始するのです。

自宅訪問実行

地図で本人の自宅の位置を確認し出動です。
回収担当者は基本的には1名、
多くても2名で行くことが一般的です。

2名の場合は1名のみが訪問し
残りの1名が車で待機という感じです。

自宅に本人がいない場合がありますので
不在通知や訪問通知なるものを
あらかじめ用意しておきます。

これの内容は
「本日は債権回収のため自宅に訪問させて頂きましたが不在のようですので後日お伺いさせて頂きます」
などと書かれているものです。

まず、自宅について調べることは居住確認です。
電気メーターやガスメーターが
動いているか確認します。

また、ポストの中も見て
他社からも追われているか確認します。

中には他社の督促の手紙を抜き取って
ポイする業者もいるようです。
(いわゆる大手はしないです)

訪問回収開始

自宅で本人が居ればいいですのですが、
家族しか居なかった場合は
本人の借金をバラします。

しっかり契約書のコピーなども添えて
返済が滞って困っている
ということをアピールします。

法律では第三者に請求をしては
いけないことになっていますが、
心情に訴えかけてきますので
請求に近いものがあるでしょう。

もし本人が出てくればラッキーです。
この場合はほとんどビビってしまう
ケースが多く全額とはいかなくても
いくらかは集金できます。

ポストやベランダは覗かれる

もし自宅に誰もいない場合は
先に述べたように不在通知を
ポストやドア挟み込んでおきます。

そして窓から家の中の様子を見て
居住しているか確認します。
ゴミが散らかっていることが多いですが、
週刊誌などが最新号だったりすれば
間違いなく居住している証拠になります。

他にもベランダで洗濯物を見て
何人居住しているか確認したりもします。

聞き込みから張り込みまで

  • 自宅に何時に帰ってくるのか?
  • 果たして住んでいるのか?
を確認するのに重要なのが
近所の人間への聞き込みです。

いかにもサラ金という感じではなく
運送業を装って聞き込むことがあります。

しかし、他社も聞き込みを
開始していることが多いため
社名までは名乗りませんが
金融会社だと言った方が
変に怪しまれないので
そうやって聞き込みすることもあります。

もし聞き込みがうまくいかない場合は
自宅の前に車を停めて
張り込みもすることもあります。
本人がいつ帰ってくるかわからない

自宅訪問が慣れる顧客

一度でも自宅訪問されてしまうと、
それに慣れてしまい
毎回自宅に訪問しないと
回収できない顧客がいるようです。

自宅訪問はガソリン代や人件費、
そして時間もかかりコストがでかいです。
それでも毎回のように集金する
消費者金融は偉いのかもしれませんね。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?