HOME > 実体験レポート > バンクイック、テレビ電話で申込み実体験!
バンクイック、テレビ電話で申込み実体験!

今回は、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのテレビ窓口での実体験を行います。

(以下、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックはバンクイックと言います)

簡単にバンクイックの商品内容をご説明します。

銀行系カードローンならでは、金利1.8%~14.6%と消費者金融系のカードローンと比べ、かなりお得に借入できます。

お申込み方法は主に5つあります。ネットでのお申込みと、モバイル、電話、郵送、店頭のテレビ窓口でのお申込み方法がございます。

今回は、テレビ窓口でのお申込みを実体験します。

1. バンクイックテレビ窓口前


こちらになります。

消費者金融系の自動契約機とは違い、セキュリティ面で劣っているのではないかと思うくらい簡易な仕切りしかありませんでした。

では、実際に申込みを行っていきます。

このような画面になります。

スタートボタンを押すと、次の画面に進みます。

今回お申込みを行うのが、バンクイックですので、カードローンを選択します。

次の画面はこちらになります。

こちらのテレビ窓口でバンクイックのお申込み・契約のお手続き・カードの受取をすることが出来ます。

用意しなければいけないものがあります。

一つは、本人確認書類です。運転免許証が必要になります。さらに、50万円超の借入をする場合は、収入証明書が必要になりますので、準備しておきましょう。

では、バンクイックの申込みを行っていきます。



新規申込みをタッチすると右の画面になります。先ほど説明しました必要書類について細かく書かれています。

確認ができましたら、確認をタッチして次に進みましょう。



次の画面では、申込みのためにお持ちいただいた書類を選択する画面になります。本人確認のための書類は、運転免許証と健康保険証、パスポートを選択します。

補足資料としては、収入証明書、その他の書類があります。

本日、運転免許証と、健康保険証を持ってきたので、運転免許証と健康保険証を選択後、確認ボタンが表示されますので、タッチして次の画面に進みます。



次の画面では、バンクイックを利用できる方、資金の使い道、利用限度額、利用期間、担保、保証人、保証料・手数料の詳しい内容が書かれていますので、ご確認ください。確認ができましたら、確認ボタンをタッチして次の画面に進みましょう。

利用できる方のご説明を致しますと、年齢が満20歳以上ので65歳未満の国内に在住する個人のお客様で、原則として、安定した収入がある方になります。

利用限度額は、10万円以上で、500万円までとなります。


次の画面では、借入利率の説明になります。利用限度額によって、利率が変動致します。年率1.8%~14.6%となります。銀行系のカードローンなので、かなり金利は低くなっています。利用者にとっては金利が低いのはとてもありがたい!それでは次の画面に進みましょう。


次の画面では、返済方式についての説明になります。三つの返済方式があります。自動支払いによるご返済と、ATMでのご返済、お振込みによるご返済になります。バンクイックカードを使って提携ATMで返済をした場合、ATM利用手数料・時間外利用手数料が無料となっています。

その他、詳しく書いてありますので、よく確認して頂いて、次の画面に進みましょう。確認ボタンをタッチします。


次の画面に進みますと、テレビ窓口ブースに備え付けられている、カードローンバンクイックの規約集がございますので、そちらをお取りになって、「はい」をタッチします。


その名の通り、バンクイックの規定が書かれています。時間のある時にでも、お読みいただくと様々な情報が書かれていますので、おもしろいと思います。信用情報機関への登録機関や、リストに名前を登録された場合の保存期間などが詳しく書かれています。


こちらが次の画面になります。

規約への同意を求められます。

同意をしないと次に進むことが出来ませんので、画面の左側「同意する」をタッチして次の画面に進みます。


次の画面に進むと、何やら印刷を行っているようです。

待つこと数分、


個人情報の取り扱いに関する同意書が発行されました。


画面のちょうど真下から、紙が2枚印刷されました。こちらの紙に同意のサインを書くのでしょうか?どうやらそのようです。


画面には、印刷された用紙の記入の仕方を説明されています。

画面に従い、用紙に記入していきましょう。



記入をするときに気を付けたいのは、誤字です。用紙は1枚しかありませんので、誤記入に注意しましょう。

2. 電話のやりとり開始

ここで突然、テレビ窓口より、声が聞こえてきました。ここから、電話でのやりとりになるそうです。

担当の方は、女性で、かなり丁寧な言葉遣いで安心しました。

まず、聞かれた内容としては、本人確認できるものをスキャナ部分にかざしてくださいとのことでした。私は運転免許証をスキャナ部分に設置して、その後、本人確認のための簡単な質問を答えました。

聞かれた内容としては、

名前、生年月日、干支、西暦、借入したお金の使い道、現在の自宅に住んでいる年数、会社名、勤続年数、健康保険の種類、給料日などを聞かれました。

なりすまし防止のために、生年月日のほかに、昭和、平成だけではなく、西暦と干支も答えさせられました。

電話を続けているうちにどうやら審査が終わったようです。

3. バンクイックの審査結果

結果は審査に落ちてしまいました。やはり、銀行系のカードローンはハードルが高いのでしょうか。残念です。

ちなみに、この審査に落ちてしまったことも、信用情報登録機関への登録が行われています。最低でも6か月登録されます。

今回のバンクイックのテレビ窓口での実体験を行って分かったことは、事前に、ネットや電話で申込みをしておくとさらに早く、審査を行うことが出来ることです。

しかし、銀行系のカードローンは審査に通りにくくなっているのは確かです。

バンクイックのテレビ窓口のポイントとしては、

平日、15時以降でも、土曜日、日曜日、祝日でもお申込みが可能な点です。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。

50万円超の借入が必要な場合は、収入証明書が必要になります。

以上で、バンクイックのテレビ窓口実体験レポートを終了します。

安心の銀行系カードローン

バンクイック

審査時間 融資時間 実質年率 融資限度額
1.8~14.6% 500万円

安心の銀行カードローン。

バンクイック公式サイトへ

三菱UFJ銀行(バンクイック)の口コミ評判はこちら

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?