HOME > 金欠で生活費がやばい!カードローンや節約で金欠生活を乗り切る方法

金欠で生活費がやばい!カードローンや節約で金欠生活を乗り切る方法

給料日前になると家賃や公共料金、携帯電話の支払い等で「金欠でやばい!」という事態に陥ることは珍しくないと思います。

そういう時に限って、自由に使えるお金の予算をオーバーしてしまい、金欠で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

給料日前や月末になって金欠に陥った場合は、生活費を節約するなど、どうにかしてお金を工面しなければなりません。

今回は、金欠の方に向けて、給料日まで乗り切る方法をご紹介していきます。

金欠の時にできる節約方法


口座残高も財布の中身も現金がないというまさに金欠状態の場合、給料日までどうやって凌ぐか考えなくてはいけません。どういった節約方法があるのか考えてみましょう。

とにかくお金を使わない方法を考えなくてはいけませんが、食費などどうしても必要な出費も出てくると思います。

一人暮らしの方の一ヶ月あたりにかかる食費は、大体25,000円〜40,000円と言われています。もちろん個人差はありますが、食費は節約しやすい部分ではないでしょうか。

給料日が来るまでは、極力外食を控え、自炊をして作り置きするなど出費を抑える努力が必要です。過度な食事制限で節約するのは健康に悪いですが、多少量を減らすなどは致し方ないと言えるでしょう。

外出を控える


会社に行く時は仕方ありませんが、金欠の間は休日の外出を控えるのも効果的です。外出すれば、どうしてもお金を使ってしまいます。

ちょっと休憩しようと立ち寄ったカフェでコーヒーを飲んだり、魅力的な商品に目移りしてつい買ってしまったりすることもありますよね。

外には、誘惑がたくさん潜んでいます。たまたま友人に遭遇してご飯や遊びに誘われてしまうこともあるでしょう。

あまり家にこもりっぱなしでいるのも体に良くはありませんが、給料日までは我慢も必要です。家にいれば、基本的にお金を使うことはありません。

テレビを観たり読書をしたりするのも良いでしょう。ゲームなんかもおすすめです。ただインターネットはあまりおすすめしません。

ついAmazonや楽天といった通販サイトを観てしまったり、SNSで魅力的な商品を見つけてしまったりすることもあります。インターネットの世界も誘惑で溢れています。

普段から無駄遣いしない


備えあれば憂いなしと言うように、できれば普段から貯蓄しておきたいところですね。常に金欠状態の生活は精神衛生的にも良くありません。

お金に余裕があれば精神面でも余裕が生まれます。趣味にお金を使ったり、美味しいものを食べたり、好きなところにお出かけしたりすることができます。

本当に自分にとって有意義なことに投資するためにも、普段のお金の使い方を見直して、無駄遣いがあればなくすようにしたいところです。

物を買う時はじっくり検討すること


洋服や雑貨にしても日用品にしても、購入しようと手に取った時、「本当に必要か?」と心の中で自問自答してみてください。

購入後の生活や自分自身に与える影響をイメージしてみましょう。特に衝動買いしてしまう方は要注意です。

例えば服を買う時、そのアイテムだけを見て、かわいい or かっこいいからと特に何も考えず買っていませんか?

いざ買って帰ると何と合わせていいか分からず、結局タンスの肥やしになって終わるなんてこともあるかもしれません。自分が今持っている服装と合わせやすいものや本当にほしいアイテムに絞るだけでも節約できますよ。

あとは、買うお店を選ぶということです。オンラインショップでは、同じアイテムでも実店舗より安価で販売されていることもあります。

ただクレジットカードを使って買い物をする時は注意が必要です。購入ボタンをポチッとするだけで買えてしまいますから、翌月のクレカの支払いが大変なことになることもあります。

またよっぽどアパレルブランドにこだわりがないなら、古着屋さんやファストファッションブランドを利用するのも一つの手です。

古着屋さんなら、有名ブランドでもリーズナブルに販売されていることもありますし、ファストファッションブランドも近年では品質が良くなってきています。

買い物一つ一つの質を高めれば、自ずと不必要なものは切り捨てて、自分にとって本当に必要なものだけ購入できるようになるはずです。

ミニマリストとして生きる


みなさんは、ミニマリストという言葉をご存知ですか? この言葉は、2010年頃から海外で普及し始めた考え方・ライフスタイルです。

ミニマリストを簡単に説明すると、生活の中で物を最小限に減らすことで豊かな生活を手に入れようとする人のことを言います。

ミニマリストを目指して無駄をなくす


「最小限の」という意味がある英単語「minimal(ミニマル)」から派生した言葉で、最近では日本でも徐々に浸透しつつあります。

大量生産・大量消費という現代社会において、あえて無駄なものは省き必要最低限の物だけを身の回りに置こうという考え方なのです。

無駄が一切ないので洗練された生活を送ることができます。衝動買いや無駄な出費もきっと減るはずですよ。

また無駄を省くためには、必然的に断捨離が必要になりますね。普通に処分するでも良いですが、せっかくなら買取に出すことで金欠解消にも繋がるでしょう。

金欠に備えて契約しておくと便利なカードローン


「金欠! お金がない!」という時にお金を捻出する方法としては、カードローンもあります。カードローンを契約しておけば、必要な時に利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入することができます。

新規で申込する場合は、最短即日審査・即日融資に対応している大手消費者金融などがおすすめです。スムーズに手続きできれば、1時間前後で申込から借入まで可能です。

金欠になった時に申込から行えるほど余裕がない方は、事前に契約だけ済ませておくのも一つの手です。いざという時の緊急措置として利用できます。

ただ大手消費者金融にあるような「30日間無利息サービス」を利用したい場合は、注意が必要です。

無利息サービスを利用するならプロミスがおすすめ


事前に契約しておけば、金欠になった際などいざという時に便利なカードローン。しかし初めて契約するのであれば、申込するカードローン選びには注意が必要です。

プロミスやアイフル、アコムといった大手消費者金融は、いずれも最短即日融資に対応しており、初めての方であれば30日間無利息サービスを提供しています。

この30日間無利息サービスですが、実は利用する消費者金融によってサービス開始時期が異なるのです。

プロミスは初回出金日の翌日から30日間ですが、アイフルとアコムは契約日の翌日から30日間となります。つまりアイフルとアコムは、契約後すぐに借入しないと無利息期間が短くなっていくわけです。

そのため、アイフルとアコムに関しては、最大30日間無利息サービス」と言った方が正しいですね。

その点を踏まえると、事前に契約だけしておき、自分の必要なタイミングで借入してもきちんと30日分無利息期間が適用されるプロミスがおすすめと言えます。

プロミス

満足度3.5

プロミス

ここがポイント!

  • Web完結申込み!30日間無利息!
  • 管理人の一押し最短即日融資OK
  • 大手消費者金融口コミNo1!
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
  • イオン
  • JP BANK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード 50万円まで不要
4.5~17.8% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間 50万円まで不要
  • クチコミ
  • 審査情報
星5
審査通るか通らないか、待ってる間携帯に審査時間 最短30分って情報をみてると、5分以内に審査通ったんですけど! 素晴らしい、頭が下がります!
債務者 星5
web完結で申し込み。電話もなく全てネットで出来ました!借り入れまでとても早かったです!ありがとうございます!
平均年収 351万円
平均勤続年収 3年9ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:53%
  • フリーター:20%
  • 会社員上場:6%
  • 自営:6%
  • 他:15%
保険証
  • 社会保険証:49%
  • 国民保険証:31%
  • 組合保険証:8%
  • 共済保険証:2%
  • 他:10%
平均融資額 39万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

    ※30日間無利息サービスについてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • プロミス アルバイト、主婦(パート・アルバイトなどの安定した収入のある方)、自営業、学生の方もお申込みできます。


まとめ:金欠時は出費の見直しと緊急用にカードローンの契約も視野に


金欠時に次の給料日まで乗り切るためには、食費や光熱費など現状の出費を見直して、削れる出費を節約していくことが大切です。

またお金を工面する方法としては、不用品をリサイクルショップなどで買い取ってもらうというものもあります。

それでもどうしても金欠が解消されない時は、一時的な緊急措置としてカードローンの利用も視野に入れておきましょう。

緊急状態に陥ってからカードローンの契約をすると時間がかかってしまうので、余裕がある時に契約だけ済ませておくのも一つの手です。

プロミスなど大手消費者金融であれば、最短即日審査・即日融資も可能なので、申込をした当日中に借入することも可能です。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?