HOME > 一人暮らししたいけど「お金がない」と諦めているあなたへ!初めての一人暮らしマニュアル

一人暮らししたいけど「お金がない」と諦めているあなたへ!初めての一人暮らしマニュアル

社会人になって早数年。早く一人暮らしがしたいけれど、今はお金がないから……と漠然と諦めていませんか?

でも、そう言っていてはいつまで経っても一人暮らしはできません。

一人暮らしに必要な費用や、節約方法、貯金の仕方など、しっかり知って計画を立てれば、一人暮らしも夢ではないですよ!

諦めないで、一緒に頑張っていきましょう!

まずは自身の収入と支出を振り返ってみよう!

お金がないという漠然とした認識では計画の立てようがありません。

まずは自身の現状をしっかり把握しましょう!

20代の平均月収は20万円程度

現状、一般的な収入はどんなものなのでしょうか。

厚生労働省が公表している「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、20代の男女の平均月収は次のようになっています。
「平成30年版20代男女の平均月収」
年齢 男性 女性
20~24歳 212,600円 206,500円
25~29歳 247,900円 229,600円

20代前半だと月収は20万円程度だと分かりますね。

20代の後半でも、25万円近くになっているのは男性だけです。

自身の月収と比べてみていかがでしたか?

みんな、自分とそんなに変わらないなあと、感じられたのではないでしょうか。

本当にお金がない?毎月の収入と支出を振り返る

一番は家計簿をきちんとつけているのが理想ですが、お金がないと悩んでいる人は、そもそも家計簿をつけていないという人が多いです。

初めからきちんとした家計簿をつけるのは大変ですので、以下の点を、箇条書きでも良いので一度書き出してみましょう。

・月々の金額が決まっている支出(スマホ代、保険代、奨学金返還代など)
・毎月金額が変動する支出(飲食代、日用品代、衣料品代など)


皆さんが想像しやすいように、具体的な例を挙げてみますね。

「実家暮らし月収20万円の24歳女性Aさんの支出」
費目 費用
食費(ランチ代) 20,000円
衣料品代 15,000円
日用品代 5,000円
化粧品・美容代 30,000円
交際費 20,000円
娯楽 30,000円
スマホ代 10,000円
保険料 5,000円
奨学金返還 35,000円
家に入れるお金 30,000円

月々の金額が決まっている支出は黒字、毎月金額が変動する支出は赤字で示しています。

赤字部分が見直しの余地がある支出であることは一目瞭然ですね。


一人暮らしに必要な資金を貯金するためには日々の出費の見直しから

前述のAさんの例で考えてみましょう。

彼女は毎日のランチが楽しみで、1,000円程度使ってしまっています。

そのため1ヵ月に1,000円×20日=20,000円もの支出に。

これをランチ代は700円まで!と決めるだけでも、700円×20日=14,000円。

毎月6,000円浮かせることができますね!


衣料品代も、彼女は1着3,000円程度に抑えてはいますが、1着が安いからついついアレもコレもと、ひと月に5着ほど買ってしまっています。

結果的に15,000円もの支出になっていることに、気付いてもいないかもしれません。

これは衣料品に限ったことではないですが、ひとつひとつの値段に気を取られてしまって、余計なものを買わないように気を付けてくださいね。

衣料品の場合は「ひと月に2着まで」などと数を決めておくと良いでしょう。

3,000円×5着=15,000円の支出が、3,000円×2着=6,000円の支出に抑えられます。

なんと9,000円も浮いてしまいますね。

また「1着新しいものを買ったら、1着要らない服をフリマアプリ等で売る」というルールも設けるのも手です。


さて、Aさんは食費と衣料品代を見直すだけでも15,000円を浮かせることができました。

この15,000円を毎月の貯金に回すと、15,000円×12ヵ月=180,000円、なんと1年で18万円も貯金ができる計算に。

このように日々の出費を数百円単位で見直すだけでも、貯金はできるようになります!

皆さんもご自身のお金の使い方について、今いちど振り返ってみてください♪


一人暮らしに必要な初期費用って何がある?

実際に一人暮らしをするに向けて貯金を始めるには、まず目標額の設定が必要ですね。

一人暮らしに必要な費用には何があって、それぞれいくら程かかるものなのか、順に解説していきます!

一人暮らしに必要な初期費用一覧

一人暮らしの初期費用として必要なお金は以下の通りです。
例として「家賃6万円の物件へ6月10日に入居する場合」で費用を表にしました。

「一人暮らしに必要な初期費用」
費目 費用
敷金 60,000円
礼金 60,000円
仲介手数料 64,800円
前家賃 60,000円
日割り家賃(20日分) 40,000円
鍵交換費用 15,000円
保証会社利用料 60,000円
火災保険料 15,000円
引っ越し代 30,000円
合計 404,800円


①敷金
敷金とは、将来的に部屋を退去するとき、部屋の傷ついたりした箇所を直す費用として、入居前にあらかじめ払うお金のことです。

基本的には、修理補修にかかった費用が差し引かれたお金が退去時に戻ってきます。家賃1ヵ月分が相場です。


②礼金
部屋を所有する大家さんに対して、お礼の意味として支払うお金です。

敷金と違って、退去時に返金されることはありません。こちらも家賃1ヵ月分が相場です。


③仲介手数料
不動産会社に支払う手数料のことです。家賃の0.5ヵ月~1ヵ月分+消費税が相場です。

また、仲介手数料は「賃料の1ヵ月分以内」と法律で定められています。


④前家賃
入居を開始する月の家賃のことです。

ただし6月10日から入居開始、のように月の途中から入居する場合は、前家賃としては翌月の7月分の家賃を支払い、6月分の家賃は日割り家賃として支払うことになります。


⑤鍵交換費用
以前の入居者と鍵が全く同じままでは防犯上良くありません。

鍵の交換費用は入居者負担のところがほとんどです。

鍵の種類によって費用は様々ですが、15,000円が相場です。


⑥保証会社利用料
賃貸契約を結ぶときには「連帯保証人」を求められます。

その連帯保証人に保証会社が代わりになってくれる費用のことです。

最初の費用は家賃の0.5か月~1ヵ月分が相場です。

その後、毎年1万円程度の更新料を支払っていきます。


⑦火災保険料
入居時に加入を勧められます。必ずしも加入の義務はありませんが、もしものときのためにここはケチらない方が良いでしょう。

たとえ自分が火災に気を付けていても、隣の部屋の火災までは防ぎようがなく、その場合でも部屋が燃えてしまったときの損害は自分が賠償しなければなりません。


⑧引越し業者代
引越しにかかる費用は、距離や荷物の量によって変わってきます。

300km以内の距離であれば、費用は3~4万円ほどです。

また、1~4月は引っ越し業者の繁忙期で値段が高めになり、5~12月は閑散期なので比較的安くなる傾向にあります。


初期費用を抑える方法!

初期費用で数十万円必要だなんてとてもじゃないが準備できない!

そんな人のために、初期費用を抑える方法をいくつかご紹介します。


①敷金・礼金が0円の物件を探す
入居希望者を増やすために、敷金礼金を0円に設定している物件もあります。

敷金礼金が0円だと、家賃2ヵ月分の費用が抑えられるのでとても大きいですね!

ただし敷金は退去時の修理費用ですので、入居時に支払っていない場合、退去時に支払う必要があります。その点だけご注意を。


②仲介手数料を0円にしてもらう
物件によっては仲介手数料を0円にしてもらえることもあります。

手数料が0円だと不動産屋さんの利益が0円になるのでは?と思われるかもしれませんが、中には大家さんから「広告料」をもらっている物件もあるので、広告料で充分な儲けがある場合は、仲介手数料を安くしてくれることもあるんです。

ただ、どの物件がそれにあたるのかは、借りる側からは見えなくなっています。

なので物件ごとに、仲介手数料を安くしてもらえないか、借りる側から聞いてみる必要があります。


③月初または月末に入居する
日割り家賃を抑えることも、初期費用を抑える手っ取り早い方法です。

例えば28日や30日などの月末入居であれば日割り家賃は1~3日分で済みます。

月初1日入居であれば、日割り家賃を払う必要がなく、前家賃のみで済む場合もあります。

急ぎの引越しでないのであれば、入居のタイミングは賢く見計らいましょう。


④引越し費用を抑える
引越し費用は距離だけでなく荷物の量によっても値段が変わってきます。

距離はどうしようもありませんが、荷物の量は自分で減らすことができます。

必要のないものはどんどん断捨離しましょう。

また、引越しの時には荷物はあまり持っていかず、生活を始めてから少しずつ家具を増やしていくという方法もあります。

その場合、引っ越し業者には頼まず、家族に協力してもらって自家用車で引っ越し作業を済ませてしまう人もいますね。


以上の方法で初期費用を極限まで抑えた場合の表がこちらです。

「一人暮らしに必要な初期費用を抑えた場合」
費目 費用
敷金 0円
礼金 0円
仲介手数料 0円
前家賃 60,000円
日割り家賃(※月初入居) 0円
鍵交換費用 15,000円
保証会社利用料 60,000円
火災保険料 15,000円
引っ越し代(※自家用車) 0円
合計 150,000円

極限まで費用を抑えれば、なんとたったの15万円で済みます!

これなら1年ほどコツコツ頑張れば貯金もできそうですね♪


【PR】即日融資・初めてのカードローンはプロミス

一人暮らしにかかる生活費ってどれくらい?

一人暮らしに必要なお金は、初期費用だけではありません。

その後ずっと続いていく生活費の方が、やりくりは大変だったりします。

一人暮らしにかかる生活費一覧

2017年時点の統計ですが、一人暮らしの女性の1ヵ月あたりの平均支出は約20万円ほどと言われています。

その内訳は以下の通りです。
「一人暮らしの女性の1ヵ月あたりの平均支出」
費用 費目
食費 30,000円
水道光熱費 8,000円
保険料・医療費 5,000円
衣料品代 10,000円
化粧品・美容代 10,000円
通信費 20,000円
娯楽 15,000円
交際費 10,000円
その他消費支出 25,000円
家賃 60,000円
合計 193,000円

これはあくまでも平均値ですが、毎月これだけの支出があると、少ないお給料の中でやりくりしていくのは大変ですね。

削れるところは削っていって、毎月少しずつでも貯金ができるくらいの余裕は欲しいものです。

食費の節約法

一番最初に削りやすく、効果も出やすいのは食費です。

毎日の食事を自炊することで食費を抑えていきましょう!

自炊で食費を抑えるコツとしてオススメなのは「1週間分の食材を休日にまとめ買い」することです。

そして休日にまとめておかずを作り、小分けにして、冷凍保存してしまえば、その1週間はレンジでチンするだけで生活ができます♪

一度の買い物で購入する食材費は4,000円まで等と決めておきます。

すると1ヵ月の食費を、4,000円×4週間=16,000円までに抑えることができますね!

光熱費の節約法

光熱費で最も電気代に影響があるのはエアコンです。

夏場、夕方の涼しい時間帯は窓を開けて扇風機で過ごす、冬場は厚着をして寒さを乗り切るなど、ある程度の我慢も必要になってきます。

ただ、夏の酷暑は我慢しすぎると熱中症の危険性もありますので気を付けて。

自宅でエアコンを使わずに済むように、図書館などの冷房の効いた施設で日中を過ごすのも手です。

また、エアコンはフィルターが汚れていると効き目が悪くなってしまいます。

効き目が悪いと電気代も上がってしまいますね。

こまめに、2週間に1回程度はフィルターの掃除をすることも、電気代の節約になります。

日用品の節約法

ドラッグストアで日用品を購入される人が最近は多いと思いますが、このドラッグストアがなかなか曲者です。

取扱商品が豊富なドラッグストア。シャンプーを買おうと思って入店したのに、気が付いたら化粧品やお菓子までカゴに入れていたなんてことはありませんか?

これを防ぐためには、毎月購入が必要な日用品をあらかじめリストアップしておいて、月の初めにまとめて買っておくことです。

ドラッグストアへの入店は月に1回か、2週間に1回程度に留めましょう。


通信費の節約法

固定費であるスマホ代を今より安くすることができれば、毎月少しずつラクになりますよね!

思い切って格安スマホに乗り換えてしまうことも、月々の節約には有効です。

大手キャリアではスマホ利用料の平均はおおよそ6,000円程度ですが、格安スマホなら2,000円に満たないところもあります。

ただ、安い代わりにサービスが制限されている場合もありますので、ショップ店員さんの説明をよく聞いた上で、自分に合ったスマホを探してみてください。


【PR】即日融資・初めてのカードローンはプロミス


どうしてもお金がない、そんなときは……?

一人暮らしにかかる費用はわかったけれど、今の収入では初期費用も貯金することができない……。

そんな時は支出を抑えるだけでなく、収入を増やす方法も考えましょう!

日雇いバイトで週末に稼ぐ

日雇いバイトは日給1万円~2万円程度と単価が高く、手っ取り早く収入を増やすにはもってこいです。

週末のイベントスタッフや販売スタッフなど。本業とは違った仕事をするのも、気分転換になって意外と楽しいかもしれません♪

日給1万円の仕事を毎週1回入るだけでも、半年で24万円ほど貯金することができますね!

クラウドソーシングでスキマ時間に稼ぐ

休日まで外へ働きへ行きたくないという人は、クラウドソーシング在宅ワークという方法もあります。

クラウドソーシングとは、サイト上で募集がかかっている案件に応募して、ネット上で仕事のやりとりをすることを言います。

何時から何時まで仕事をする、というものではなく、自分の好きな時間に作業ができます。

募集がかかっている案件は、ホームページのデザインや、記事の執筆、動画の制作など様々です。

オークションやフリマアプリで稼ぐ

これは1件1件の収入は少額かもしれませんが、最も手軽で時間も労力もかからない方法です。

フリマアプリなら写真を撮って、商品説明を加え、出品するまで1件あたりだいたい15分~20分程度で済みます。

商品の写真は休みの日に撮り溜めしておけば、会社の休憩時間や通勤時間などのスキマ時間に出品することもできますね。

身内からお金を借りる

一人暮らしを始めるための費用となれば、ひょっとしたら、ご両親が援助してくれる家庭もあるかもしれませんね。

どうしても自分で用意ができない……となれば、一度相談してみても良いかもしれません。

ただし、いくら身内とはいえ、お金の貸し借りはきっちりしなけばいけません。

借りるお金は最低限度。いつまでに返済するという期日を明確にして、きちんと返していきましょう。

カードローンでお金を借りる

家族にも頼ることができない、そんな時はカードローンで少額借入することも考えてみてはいかがでしょうか。

カードローンは少額借入が可能で、申込もWEBで完結の来店不要なので手軽にキャッシングを受けることができます。

こういう時はカードローン

カードローンを利用するの少し怖い、と思われるかもしれません。

しかし次のような場合では、賢く使えば便利で助かる点もあるんです。

貯金額があと数万円足りない

一人暮らしに必要な初期費用15万円のうち、10万円までは頑張って貯金できたけれど、あと5万円どうしても足りない……。

そんな時、たとえば5万円を30日間金利18%で借入したとします。

お金を借りるって、利息が大きくなってしまって恐ろしいイメージがありますが、この場合に発生する利息はなんとたったの740円だけなんです。

カードローンは少額の借入が可能!どうしても足りない部分の補助として利用するのもありです。

ただし、当たり前のことではありますが、その後返済していかなければいけないんだということを忘れずに、借り過ぎには注意してください。

やむを得ない事情で今すぐ引越しが必要

家庭の事情で、突然来月にはもう引っ越さなくてはいけなくなった等、貯金をする猶予もなく一人暮らしを迫られる場合もあるかと思います。

カードローンなら契約当日の即日融資にも対応してくれるところもありますので、そういった急な事態には非常に助かりますね!

初めてカードローンを利用する人にオススメのプロミス

プロミスでは、初めて利用する人なら「30日間利息0円」で借入できるんです!

しかもプロミスの「30日間利息0円サービス」の適用は「借入日の翌日」から。

他社では契約日の翌日からの30日間というところがほとんどです。

契約日の翌日からだと、契約後すぐに借入しないと無利息期間がどんどん短くなっていってしまうので、この違いは大きいです。

プロミスフリーキャッシング

満足度3.5

プロミス

ここがポイント!

  • Web完結申込み!30日間無利息!
  • 管理人の一押し最短即日融資OK
  • 大手消費者金融口コミNo1!
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
  • イオン
  • JP BANK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード 50万円まで不要
4.5~17.8% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間 50万円まで不要
  • クチコミ
  • 審査情報
星5
審査通るか通らないか、待ってる間携帯に審査時間 最短30分って情報をみてると、5分以内に審査通ったんですけど! 素晴らしい、頭が下がります!
債務者 星5
web完結で申し込み。電話もなく全てネットで出来ました!借り入れまでとても早かったです!ありがとうございます!
平均年収 351万円
平均勤続年収 3年9ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:53%
  • フリーター:20%
  • 会社員上場:6%
  • 自営:6%
  • 他:15%
保険証
  • 社会保険証:49%
  • 国民保険証:31%
  • 組合保険証:8%
  • 共済保険証:2%
  • 他:10%
平均融資額 39万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

    ※30日間無利息サービスについてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • プロミス アルバイト、主婦(パート・アルバイトなどの安定した収入のある方)、自営業、学生の方もお申込みできます。


まとめ

いかがでしたか?一人暮らしを始めるにあたっての参考になりましたでしょうか。

お金がないからと諦めないで!お金を作り出す方法は努力と工夫次第でいくらでもあります。

節約したり、収入を増やしたりしながら、一歩一歩貯金していきましょう!

皆さんが楽しい一人暮らしを始められることを祈ります♪

カードローンコラム記事一覧

  • 新着記事
  • 人気記事

コラム記事をもっと見る

コラム記事をもっと見る

消費者金融・銀行カードローン一覧

実質年率
審査時間
融資限度額
(平均融資額)
融資目安
(最多融資日数)
特徴/サービス 公式サイト
プロミス プロミス 年4.5~17.8%
最短30分
500万円
(39万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
WEB完結
30日間無利息※
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アコム アコム 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(41万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
口コミが良い
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アイフル アイフル 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(40万円)
最短1時間
(即日)
1秒診断
WEB完結
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
SMBCモビット SMBCモビット 3.0~18.0%
10秒事前審査
800万円
(81万円)
最短即日
(即日)
WEB完結
おまとめ
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
J.Score(ジェイスコア) J.Score(ジェイスコア) 0.8~12.0%
最短30分
最大1,000万円
(55万円)
最短即日融資
(即日)
金融新時代へ!AIスコアで借入!
今すぐ!
お申し込み
じぶん銀行 じぶん銀行 年1.7~17.4%
-
800万円
(42万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
三菱UFJ銀行(バンクイック) 三菱UFJ銀行(バンクイック) 年1.8~14.6%
-
500万円
(102万円)
-
(-)
お試し診断
大口
今すぐ!
お申し込み
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
-
10万円~800万円
(116万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
楽天銀行カードローン 楽天銀行カードローン 年1.9~14.5%
最短2営業日
800万円
(149万円)
最短2営業日
(-)
大口 今すぐ!
お申し込み
セゾンファンデックス セゾンファンデックス 2.65~15.0%
最短即日仮審査
29,999万円
(1,000万円)
最短1週間
(-)
事業者向け 今すぐ!
お申し込み
※平均融資額とは該当の金融機関に実際にお借入れしたユーザー様(当サイト利用者の投稿)の数値です プロミス 30日間無利息サービスについてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 アコム お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要 アイフル 融資時間はお申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
主婦の場合は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
SMBCモビット 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
アルバイト、自営業の方は安定した収入がある方。
WEB完結はPC・スマートフォンからお申込みが対象です。
モビットローン申込機なら即日でカード発行 他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
J.Score(ジェイスコア) ()みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 ()貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある 情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である セゾンファンデックス 利用目的:設備投資・運転資金(仕入れ・買掛金の支払等)・事業者ローン組換えなど 諸費用:事務手数料(ご融資金額の1.5%以内<税抜>) 来社にてご契約いただけない場合は、別途20,000円~40,000円<税抜>をご負担いただきます。 調査料(ご融資金額の0.5%以内<税抜>) 収入印紙代相当額 登記費用(実費) 振込手数料(実費) 中途解約手数料:返済元金の3.0%以内
トップに戻る
© 2002-2019 お金借りれる?