HOME > ビジネスローンは借り換えOK!申し込み手順や審査の重要ポイントを解説

ビジネスローンは借り換えOK!申し込み手順や審査の重要ポイントを解説

利息の高さが原因で、ビジネスローンの返済に苦労してはいませんか?

そんな時は、ビジネスローンの借り換えを行うのがベストです!

ビジネスローンを金利の低いものへ借り換えると、返済負担を軽減することが可能です。

そのため最近は、いろんな方がビジネスローンの借り換えを行っています。

しかしビジネスローンを借り換える際は、一定の手順に沿って手続きを進めていかなければなりません。

ここではビジネスローンの借り換えを申し込む時の手順や、審査で重要となるポイントなどを解説します。

ビジネスローンを借り換える際の申し込み手順

ビジネスローンの借り換えを行う際はまず申し込みを行い、審査を実施してもらう必要があります。

借り換え時の手順は、以下の通りです。

【借り換え先のビジネスローンに申し込みを行う】
【後日に審査結果が通達されるので、結果を確認する】
【確認後、ビジネスローンの契約手続きを行う】
【融資を受け取った後、現在残っているローンを一括返済する】

 

また借り換えを行う際は、借り換え先のビジネスローンに「借り換えが目的であることを伝えておく必要があります。

もし借り換え先のビジネスローンに目的を伝えずに申し込みを行うと、多重債務者ではないかと警戒される可能性が高いです。

当然、ビジネスローンの審査にも少なからず影響が出てしまいます。

これからビジネスローンの借り換えを行う方は、カード会社にきちんと借り換えが目的であることを伝えておいてください。

借り換え先は全部で3パターン

ビジネスローンを借り換える際は、それぞれの目的に合った金融商品を選ぶのがベストです。

借り換え先の金融商品は、以下の中から自由に選択することができます。

ビジネスローンの借り換え先
銀行

日本政策金融公庫

他社のビジネスローン


ここではそれぞれの借入先が持つ特徴について解説します。

  • 銀行

銀行融資はビジネスローンに比べて、金利が低く設定されています。

そのため借り換えを行うと、ローンの利息を最小限に抑えることが可能です。

ただし銀行融資は審査のハードルがとても高いため、事業歴や売上が低い会社は審査で落とされる可能性があります。

審査に1ヵ月以上かかることもあるので、申し込みは早めに行っておくのが無難です。

  • 日本政策金融公庫

基本的に、日本政策金融公庫で借り換えを行うことはできません。

ただし災害などによって資金繰りが難しくなった場合は、「公庫融資借換特例制度」という制度が利用可能です。

この制度を利用すると、一部の事業者のみ借り換えができる場合があります。

ですが必ず借り換えができる訳ではないため、あくまで緊急用の対応策として認識しておいてください。

  • ビジネスローン

ビジネスローンは銀行に比べて審査のハードルが低く、会社によっては即日融資に対応できる場合があります。

ただ金利は銀行よりも高めに設定されているため、借り換えを行う際は契約内容をきちんと確認する必要があります。

またビジネスローンを取り扱う企業には、いろいろな規模の会社が存在します。

安全に取引を行うためにも、申し込みを行う際は会社の信頼性も確認しておいてください。

借り換えを行うといろんなメリットが得られる

ビジネスローンの借り換えを行うと、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 金利が下がることで返済総額が安くなる
  • 毎月の返済額を減らすことができる
  • 返済期間を短縮することができる

特にローンの返済総額を節約したい方は、絶対に借り換えを行うべきです!

たとえばビジネスローンで借りた300万円を3年で返済する場合、返済総額は以下の通りです。

  ビジネスローン
金利 約18%
毎月の返済額 108,457円
返済総額 3,904,459円

ですがビジネスローンから銀行融資に借り換えを行うと、返済総額は以下のように変動します。

  銀行融資
金利 約5%
毎月の返済額 89,913円
返済総額 3,236,857円

借り換えを行うだけで、返済総額は667,602円も安くなるんです!

毎月の返済額も18,544円節約できるので、返済負担の軽減にも役立ちます。

ローンの返済で資金繰りに苦労している方は、ぜひ一度ビジネスローンの借り換えを検討してみてください。

借り換えを希望する方におすすめなビジネスローン

ビジネスローンの借り換えで悩んでいる方には、こちらの金融商品がおすすめです。


ビジネクストカードローン

満足度3.7

ビジネクスト

ここがポイント!

  • 利用者数40000名の実績有。
  • 保証人不要で1000万円まで利用可
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード -
5.0~18.0% 1~1000万円 最短即日 最短即日 -
  • クチコミ
  • 審査情報
maline 星5
ビジネクストさんだけが、助けてくれました。 200の枠を戴けました。 銀行などは、冷たいもんです。 電話の対応も丁寧で問題ないと思います。 ビジネクストさん ありがとう
名無し(個人事業者) 星5
ビジネクストを利用中の個人事業者です。コツコツ返済していたら増額して頂きました。仕事も順調でビジネクストさん共々発展していきたいと思います。審査に時間が少々かかりますが対応は素晴らしい会社です。末長く利用したいと思います。
平均年収 527万円
平均勤続年収 6年1ヶ月
雇用形態
  • 自営:65%
  • 会社員一般:24%
  • 自由業:3%
  • 派遣:1%
  • 他:7%
保険証
  • 国民保険証:55%
  • 社会保険証:29%
  • 組合保険証:3%
  • 他:13%
平均融資額 240万円
最多融資日数 翌日

審査情報を詳しくみる

  • ビジネクスト (1)全国対応
    (2)法人契約の場合は会社、代表者の実印および印鑑証明書


ビジネクストは法人の方だけでなく、個人事業主の方でも申し込みできるビジネスローンです。

最短即日融資にも対応することができるため、事業資金が急に不足してしまった時などにも利用することができます。

銀行融資に比べると金利は高いですが、借入額を増やすことができれば最低金利5.0%で借入を行うことが可能です。

またビジネクストは、銀行よりも審査のハードルが低いといえます。

場合によっては、銀行融資の審査に落ちた方でも審査を通過できるかもしれません。

ビジネスローンの借り換えで迷っている方は、ぜひ一度申し込みを検討してみてください。

ビジネスローンの借り換え時に重要な3つのポイント

ビジネスローンの借り換えを行う際は、以下のポイントがとても重要です。

ここではそれぞれの重要ポイントについて詳しく解説します。

いろんな金融商品の金利を比較する

カードローンの金利は各社ごとに異なります。

そのため借り換えを行う際は、必ず金利を比較しなければなりません。

金利の低いカードローンを見つけておけば、ローンの返済総額はその分だけ安くなります。

ネット上に存在する比較サイトなどを利用すれば、誰でも簡単に金利を調べることが可能です。

ビジネスローンの借り換えを考えている方は、まず金利の低いカードローンを探してみてください。

諸経費の計算も事前に行っておく

借り換えを行う際に忘れてはいけないのが、諸経費の計算です。

ビジネスローンを借り換える際は、手数料などの諸経費が発生します。

そのため諸経費を計算せずに借り換えをしてしまうと、結果的に出費が増えてしまう可能性が高いです。

借り換えの効果をきちんと実感するためにも、諸経費の計算は忘れずに行っておいてください。

返済シミュレーションで返済総額などを確認しておく

ビジネスローンを借り換える際は、事前に返済シミュレーションを実施する必要があります。

返済シミュレーションを行うと、借り換え後の返済総額や毎月の返済額を確認することができます。

借り換え後の返済トラブルを回避するには、この対応が必須です。

借り換え後に返済負担が増えないか心配な方は、必ず返済シミュレーションを行っておいてください。

ビジネスローンを借り換える際の注意点

ビジネスローンの返済総額を少しでも安く抑えたい場合は、借り換えを行うのがベストです。

ただし借り換えを行う際は、以下の点に注意する必要があります。

  • 審査に時間がかかる場合が多い

基本的にビジネスローンの審査には、数週間から1ヵ月程かかることが多いです。

一般のカードローンに比べて、ビジネスローンの融資額はかなり高いです。

そのためローンを提供する金融会社は、慎重に審査を行って申込者の信頼性・返済能力を確認します。

即日融資が可能な会社でも、場合によっては審査が長引いてしまうことがあります。

なるべく早く融資を受け取りたい方は、できるだけ早めに申し込みを行っておいてください。

  • ローンの種類によっては担保が必要になる

ビジネスローンの中には、土地や物件などを担保にして借入を行う「不動産ローン」が存在します。

これらのローンは返済が滞った際、担保にした物件や土地を失う可能性が高いです。

ですので不動産担保ローンを利用する際は、申込の前にリスクをきちんと把握しておかなければいけません。

不動産担保ローンへの借り換えを考えている方は、事前に契約内容をよく確認しておいてください。

まとめ

ビジネスローンの借り換えについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

ビジネスローンの借り換えは、返済総額や月々の返済負担を軽減するのにピッタリな手段です!

しかしきちんと効果を実感するには、それぞれの目的に合ったビジネスローンを見つける必要があります。

それに借り換えを行う際は、金利・諸経費の計算などいろんな対策をとらなければいけません。

ビジネスローンの借り換えを考えている方はここで解説した知識を活かして、ローンの返済負担を軽減できるよう対応を行ってみてください。

カードローンコラム記事一覧

  • 新着記事
  • 人気記事

コラム記事をもっと見る

コラム記事をもっと見る

消費者金融・銀行カードローン一覧

実質年率
審査時間
融資限度額
(平均融資額)
融資目安
(最多融資日数)
特徴/サービス 公式サイト
プロミス プロミス 年4.5~17.8%
最短30分
500万円
(39万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
WEB完結
30日間無利息※
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アコム アコム 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(41万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
口コミが良い
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アイフル アイフル 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(40万円)
最短1時間
(即日)
1秒診断
WEB完結
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
SMBCモビット SMBCモビット 3.0~18.0%
10秒事前審査
800万円
(81万円)
最短即日
(即日)
WEB完結
おまとめ
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
J.Score(ジェイスコア) J.Score(ジェイスコア) 0.8~12.0%
最短30分
最大1,000万円
(55万円)
最短即日融資
(即日)
金融新時代へ!AIスコアで借入!
今すぐ!
お申し込み
じぶん銀行 じぶん銀行 年1.7~17.4%
-
800万円
(42万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
三菱UFJ銀行(バンクイック) 三菱UFJ銀行(バンクイック) 年1.8~14.6%
-
500万円
(102万円)
-
(-)
お試し診断
大口
今すぐ!
お申し込み
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
-
10万円~800万円
(116万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
楽天銀行カードローン 楽天銀行カードローン 年1.9~14.5%
最短2営業日
800万円
(149万円)
最短2営業日
(-)
大口 今すぐ!
お申し込み
セゾンファンデックス セゾンファンデックス 2.65~15.0%
最短即日仮審査
29,999万円
(1,000万円)
最短1週間
(-)
事業者向け 今すぐ!
お申し込み
※平均融資額とは該当の金融機関に実際にお借入れしたユーザー様(当サイト利用者の投稿)の数値です プロミス 30日間無利息サービスについてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 アコム お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要 アイフル 融資時間はお申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
主婦の場合は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
SMBCモビット 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
アルバイト、自営業の方は安定した収入がある方。
WEB完結はPC・スマートフォンからお申込みが対象です。
モビットローン申込機なら即日でカード発行 他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
J.Score(ジェイスコア) ()みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 ()貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある 情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である セゾンファンデックス 利用目的:設備投資・運転資金(仕入れ・買掛金の支払等)・事業者ローン組換えなど 諸費用:事務手数料(ご融資金額の1.5%以内<税抜>) 来社にてご契約いただけない場合は、別途20,000円~40,000円<税抜>をご負担いただきます。 調査料(ご融資金額の0.5%以内<税抜>) 収入印紙代相当額 登記費用(実費) 振込手数料(実費) 中途解約手数料:返済元金の3.0%以内
トップに戻る
© 2002-2019 お金借りれる?