HOME > LINEポケットマネーの審査は厳しい?審査内容や申込手順などを解説

LINEポケットマネーの審査は厳しい?審査内容や申込手順などを解説

LINEポケットマネーは、2019年8月29日にリリースされた新しい融資サービスです。

このサービスはLINE株式会社のグループ企業である「LINE oredit」と、「株式会社みずほ銀行」「株式会社オリエントコーポレーション」が合併することで誕生しました。

ただしLINEポケットマネーを利用するには、まず審査を通過しなければいけません。

審査を無事通過するには、審査内容や申込手順をきちんと把握しておくことがとても重要です。

ここではLINEポケットマネーの審査内容や、申込手順などについて解説します。

LINEポケットマネーの審査基準

LINEポケットマネーは、みずほ銀行の審査ノウハウを利用して審査を行っています。

基本的には、以下の基準を満たしている方なら誰でも申し込むことが可能です。

  • 満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した収入を得ている方
  • 保証会社の保証を受けられる方

ただしLINEポケットマネーの審査を行うのは、保証会社であるオリエントコーポレーションです。

そのため大手銀行カードローンに比べると、審査の難易度はそれほど高くないといえます。

LINEポケットマネーの利用を考えている方は、どうぞ気軽に申し込んでみてください。

審査の際はLINEスコアも利用される

LINEポケットマネーの審査を行う際は、「LINEスコア」を使ったAI審査も実施されます。

LINEスコアはLINEアプリを通して利用者の行動を分析し、信用スコアを算出するサービスです。

AI(人工知能)が利用者の行動を分析し、算出されたデータをスコア化してくれます。

このLINEスコアの評価が良いと、審査を有利に進めることが可能です。

スコアの評価に合わせて金利・限度額も変動するため、LINEスコアの評価はとても重要なポイントです。

在籍確認は公言されていないが基本はある

LINEポケットマネーの審査では在籍確認なしで借りられた人の口コミ、職場への電話連絡があった人の口コミがあります。

必ずしも職場への確認が入るわけではありませんが、審査状況によっては在籍確認があります。

お金を借りることを周りの人にバレたくない方は、在籍確認なしのカードローンがおすすめです。

親・知人に知られることなく、お金を借りることができます。

金融会社は基本的に在籍確認を行いますが、柔軟な審査を行ってくれる会社もあります。

SMBCモビットのWEB申込みを利用すれば、職場への電話連絡なしでお金を借りることができます。

在籍確認なしのカードローンを知りたい方はこちらもどうぞ

当サイトでは、口コミの信用性を高めるために口コミの投稿者を募集しております。詳しくはLINEに登録した後、応募方法を記載したメッセージを送らせていただきます。

かりれるLINEに友達追加した方限定で、amazonギフト券10万円プレゼントキャンペーン実施中です!

当選確率は高くなっておりますので、ぜひこの機会にご応募お待ちしております。

友達追加はこちら

LINEポケットマネーの申込手順

LINEポケットマネーは、LINEアプリから簡単に申し込むことが可能です。

申し込みを行う際はまずLINEアプリを開き、「ウォレット」内に存在する「スコア」をタップします。

ここでスコア診断を行った後、LINEポケットマネーの申込手続きに移ります。

LINEスコアの申し込みから融資受け取りまでの流れは、以下の通りです。

LINEポケットマネーを申し込む際の手順

LINEスコアで診断を行う

スコアを確認後、LINEポケットマネーの登録手続きを行う

審査結果を確認後、契約内容を確認する

返済方法などの設定を行う

「借り入れる」を選択し、融資額を入力する


LINEポケットマネーで借入した資金は、LINEPayの残高にチャージされます。

借入を行った後は、すぐにLINEPayの残高を確認してみてください。

審査時間は申込者ごとに異なる

LINEポケットマネーは、LINEアプリからいつでも申し込むことができます。

スムーズに審査を完了させることができれば、即日融資にも対応することが可能です。

ただし審査時間は、申込内容やスコア結果に応じて変動することが多いです。

そのため人によっては、審査が完了するまで1日以上かかってしまうこともあります。

即日融資を希望する方は気をつけてください。

今すぐにお金を借りたい方は 消費者金融/銀行カードローンの口コミランキングをご覧ください。

今ならリリース記念キャンペーンが利用できる

現在LINEポケットマネーでは、リリース記念としてプレゼントキャンペーンが実施されています。

今LINEポケットマネーを契約すると、1,000円相当のLINEPay残高を受け取ることが可能です。

ただしこのキャンペーンは、先着10万名様限定となっています。

キャンペーンを受け取りたい方は、なるべく早めに申し込みを行っておいてください。

 

LINEポケットマネーを利用する際の注意点

LINEポケットマネーはLINEアプリを使っている人なら、誰でも気軽に利用できる融資サービスです。

しかし利用する際は、以下の点に注意する必要があります。

返済方法は元利定額リボルビング方式

LINEポケットマネーで借りたお金は、「元利定額リボルビング方式」で返済することになります。

元利定額リボルビング方式とは借入金額に応じて、毎月の支払い金額が設定される返済方法です。

この返済方法は毎月の返済額を一定に保つことができる分、返済期間が長引いてしまうことが多いです。

そのため借入額によっては、利息や返済総額が高くなってしまう場合があります。

利用する際は返済シミュレーションを使って、事前に利息や返済総額をよく確認しておいてください。

現金化する際は手数料が発生する

LINEポケットマネーはセブン銀行などのATMを使うことで、借入した資金を現金化することができます。

しかし現金化を行う際は、ATM手数料(216円)が発生します。

現金化を1回行うだけなら手数料はそれほどかかりませんが、何度も現金化を行えば手数料はその分だけ高くなってしまいます。

そのためLINEPayをあまり使わない方や、現金での借入を希望する方には不向きです。

LINEポケットマネーで借りたお金を現金化する際は、手数料が発生することを忘れないでください。

他のカードローンに比べて限度額が少ない

LINEポケットマネーの借入限度額は5万~100万円までと、他のカードローンに比べて少額に設定されています。

各カードローンの借入限度額は、以下の通りです。

カードローン名 金利(実質年率)
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
アコム 800万円
アイフル 800万円

そのため借入を希望する方によっては、十分な額の資金が確保できない場合があります。

100万円以上の融資を希望する方は、他社のカードローンを利用してみてください。

短期間の借入を考えている方は、30日間の無利息サービスがあるプロミスのご利用がおすすめです。

まとめ

LINEポケットマネーの審査について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

急にお金が不足してしまっても、LINEポケットマネーなら必要な資金をすぐ用意することが可能です。

信用情報とLINEスコアを考慮しつつ審査を行ってくれるので、審査落ちした方でも審査を通過できる可能性は十分あります。

しかも今なら契約するだけで、1,000円相当のLINEPay残高をもらうことができます。

「複数のカードローンに申し込んだが全て落ちてしまった」という方は、LINEポケットマネーを検討してみてください。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?