HOME > クレジットカードを審査なしで契約することは可能?

クレジットカードを審査なしで契約することは可能?

「クレジットカードを作りたいけど、審査を通過できるか不安・・・」

このような理由で、審査なしで発行できるクレジットカードを探している方はいませんか?

しかし結論からいうと、審査なしで契約できるクレジットカードは存在しません。

どのような系統のクレジット会社も、カード申込時は必ず審査を行います。

そのため審査を受ける際は無事通過できるよう、事前に審査の重要ポイントなどを調べておく必要があります。

ポイントを確認して有効な対策を行うと、審査を有利にすすめることが可能です。

また審査を申し込む時は落ちた時に備えて、代わりの選択肢を調べておくことも大切です。

金融商品の中には、審査なしで発行できるカードがいくつか存在します。

この記事では審査時に重要となるポイントや、審査なしで発行可能なカードなどについて解説します。

クレジットカードの審査時に重視となるポイント

カードを申し込む時は審査を無事通過できるよう、重要となるポイントを抑える必要があります。

クレジット会社が重視しているのは、以下の2点です。

  • 申込者の個人情報
  • 信用情報

ここでは審査時の重要ポイントについて解説します。

申込者の個人情報

クレジット会社は審査を行う時、まず個人情報をチェックします。

こうした対応を行うのは住所・年収などの情報を確認することで、申込者の返済能力を把握するためです。

たとえば年収が高い職業に就いている方は、返済能力が高いと判断される可能性が高いです。

逆に収入額が安定しない方や極端に年収が低い方は、審査で落とされやすくなります。

そのためクレジットカードを申し込む時は、安定した収入があることを証明するのが大事です。

毎月きちんと収入を得ていることを証明できれば、審査を通過できる可能性は十分あります。

年収が少ない方でも、安定した収入があればカードを発行することが可能です。

信用情報

信用情報とは、金融商品の申込履歴・利用状況などを記録したデータのことです。

クレジット会社は審査を行う際、信用情報機関に保管されている信用情報を必ずチェックします。

このデータの中に【返済の遅延・延滞】といった情報が記録されていた場合、審査を通過するのは難しくなります。

【債務整理・個人再生】などの情報も同様、審査に悪影響が出る可能性が高いです。

ですのでクレジットカードを申し込む時は、自分の信用情報を一度確認しておくべきです。

信用情報は、CICやJICCなどの信用情報機関に依頼することで確認することが可能です。

ただし、情報を提示してもらう際は手数料が発生します。

「昔カードローンやキャッシングを利用したことがある」という方は、必ずチェックしておいてください。

クレジットカードを申し込む時に有効な対策

クレジット会社は審査を行うことで、申込者の返済能力・信用をチェックしています。

返済能力や信用が低いと判断された場合、審査を通過することはできません。

そのため申し込みを行う際は審査を有利に進められるよう、対策を実践する必要があります。

審査で有効とされる対策は、以下の3つです。

  • キャッシング枠の設定は控える
  • 申込情報に固定電話の番号を記入する
  • 他社の借入がある場合は完済しておく

ここではそれぞれの対策について詳しく解説します。

キャッシング枠の設定は控える

なるべく審査のハードルを上げたくない場合、キャッシング枠の設定は行わない方が無難です。

「キャッシング枠」を設定しておくと、銀行ATM・コンビニATMからお金を借りることが可能です。

しかしキャッシングで借りたお金は、最終的に全て返済しなくてはいけません。

そのため申込時にキャッシング枠を設定すると、クレジット会社は「この申込者にお金を貸しても大丈夫なのか?」と考えてしまいます。

場合によっては、キャッシング枠の申請が原因で審査落ちになってしまうかもしれません。

そのため利用する予定がないのであれば、申し込みはキャッシング枠なしで行うのがベストです。

これから申し込みを行う方は、不必要にキャッシング枠を設定しないよう気をつけてください。

申込情報に固定電話の番号を記入する

カードの申し込みを行う際は、申込情報に固定電話の番号も記入しておくのが最適です。

こうした対応を行っておくと、クレジット会社から信用を得ることができます。

固定電話の番号を書いておくと、カード会社は「この申込者は公共料金をきちんと払っている方だ」と判断します。

審査通過率を大幅にアップさせることができるので、審査に不安を感じている方に最適です。

また居住期間が長ければ、「この申込者は支払いを踏み倒す危険性が低い」と判断されやすくなります。

初めてクレジットカードを申し込む方でも、高い信用を得ることが可能です。

自宅に固定電話を置いている方は、携帯電話と一緒に番号を記入しておいてください。

借入がある場合は申込前に完済しておく

クレジットカードの申し込みを考えている方の中には、カードローンを利用中の方もいるかもしれません。

しかし審査を有利に進めたい場合は、申込前に借金を完済しておくのがベストです。

冒頭でも説明したように、クレジット会社は審査を行う際に申込者の信用情報を確認します。

この時に借金の存在が判明してしまうと、「この申込者はお金に困っているかもしれない」と判断される可能性が高いです。

そのため銀行や消費者金融からお金を借りている場合は、申し込む前にまず借金の完済に励んでみてください。

たとえ借金のことを言わずに申し込んでも、こうした嘘はすぐバレてしまいます。

当然審査にも悪影響が出てしまうため、借金がまだ残っている間は申し込みを控えるのが適切です。

審査なしで発行できるカード

クレジットカードを発行するには、審査を通過することが大前提です。

そのため審査に落ちてしまった時は、代用となるカードを探す必要があります。

クレジットカードの代用としてオススメするカードは、以下の2つです。

  • デビットカード
  • 家族カード

ここでは各カードの特徴などについて詳しく解説します。

デビットカード

デビットカードは、クレジットカードと同じようにキャッシュレスで買い物ができるカードです。

このカードが審査なしで発行できるのは、クレジットと支払い方法が異なるからです。

デビットカードで買い物を行うと、カードに紐づけられた銀行口座から商品代金が即座に差し引かれます。

つまりカード会社が代金を立て替える必要がないため、審査を行う必要がないというわけです。

信用情報に傷がついている方でも、条件さえ満たせばカードを受け取ることができます。

そのうえデビットカードの中には、ポイント還元率が高いものも多数存在します。

うまくカードを使いこなせば、集めたポイントを使って買い物や旅行を楽しむことが可能です。

「クレジットカードの審査で落とされてしまった・・・」という方は、ぜひ申し込んでみてください。

ただしデビットカードにも、デメリットは存在します。

デメリットの内容は、以下の通りです。

デビットカードのデメリット
・携帯電話などの支払いには使えない

・カードが利用できるのは口座にお金がある時だけ

・使ってもクレジットヒストリーが残らない

デビットカードの大半は、買い物時の支払いにのみ使うことができます。

携帯電話・高速道路・ガソリンスタンドなどの支払いには対応していません。

また紐づけられている銀行口座の残高が0になると、カードは使えなくなってしまいます。

デビットカードを使う際は、口座内の残高に気をつけましょう。

利用してもクレジットヒストリーが残らないという点にも注意です。

デビットカードは長期間使い続けても、審査時に役立つ実績が得られません。

クレジットカードの申し込みに備えて実績を集めたいという方は、別の方法を検討してみてください。

家族カード

家族カードは、家族が持っているクレジットカードに紐づけて追加発行できるカードです。

このカードは本会員との生計が同一である、配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)のみが申し込みできます。

申込時には審査が行われますが、正確には家族カードを発行する方が対象になるわけではありません。

審査では本会員の信用情報などが使われるため、審査通過率は通常のクレジットカードより高めといえます。

家族がクレジットカードをすでに持っていた場合は、一度家族カードの発行を申し込んでみてください。

もちろん家族カードにも、デメリットは存在します。

デメリットの内容は、以下の通りです。

家族カードのデメリット
・カードの利用状況が本会員にバレる

・使ってもクレジットヒストリーが残らない


家族カードで使った分の金額は、本会員のクレジットカード利用額と一緒に支払うのが一般的です。

利用明細をチェックすれば、各カードの利用状況は簡単に確認できます。

そのため人によっては、家族カードを使う時にストレスを感じてしまう場合があります。

カードの利用内容が原因で、家族間で喧嘩が発生するかもしれません。

また家族カードにはデビットカードと同様、使っても実績が残らないという欠点があります。

クレジットヒストリーがない状態だと、今後クレジットカードを申し込む時に不利となる可能性が高いです。

まとめ

審査時の重要ポイントや審査なしで発行可能なカードなどについて解説しましたが、いかがでしたか?

クレジットカードの審査は重要ポイントを事前にチェックし、対策を行うことで有利に進めることが可能です。

信用情報に金融事故の履歴が記録されていなければ、初めての方でも審査を通過できる可能性はあります。

しかし対策を行っても審査が通過できない時は、デビットカードや家族カードを代用するのがベストです。

これらの方法なら信用情報に傷がついている方でも、問題なくカードを発行できる可能性があります。

クレジットカードの審査に不安を感じている方はここで解説した知識を活用し、対策を行った後に申し込みを行ってみてください。

© 2002-2023 お金借りる?