HOME > 即日発行できるクレジットカード5社!即日発行する方法を解説

即日発行できるクレジットカード5社!即日発行する方法を解説

「クレジットカードを作りたいけど、手続きに時間がかかりそう・・・」

こういった理由でカードの申し込みをためらっている方はいませんか?

たしかに一般的なクレジットカードは、申し込みから発行まで2~3日程かかることが多いです。

応募者の数や申込内容によっては、手続きに1週間以上かかることもあります。

しかし現在では、即日発行に対応できるクレジットカードがいくつも登場しています。

こういったカードに申し込みを行えば、初めての方でも当日中にカードを受け取ることが可能です。

ここでは即日発行できるクレジットカードの紹介や、即日融資の申込方法などについて解説します。


即日発行可能なクレジットカード5社

申込日当日にクレジットカードを受け取るには、スピード発行が可能なカード会社を選ぶ必要があります。

スピード発行可能なクレジットカードは、以下の5つです。

  • エポスカード
  • イオンカード
  • ACマスターカード
  • JCB一般カード
  • 三井住友カード

カードに付いている特典内容なども、各商品ごとに異なります。

そのため申し込む時は、それぞれの目的に合ったクレジットカードを選ぶことも重要です。

ここでは即日発行が可能なクレジットカード5社について解説します。

エポスカード

エポスカードは、海外旅行を良く楽しむ方におすすめなクレジットカードです。

海外旅行傷害保険が自動的に付いているため、旅行中のケガなどにもしっかり対応することができます。

またエポスカードは「店舗受け取り」で申し込むことで、直接カードを受け取ることができます。

10,000以上の店舗で特典が利用できるので、買い物を楽しみたい方にもピッタリです。

ただしカードの受け取りは、エポスカードセンターでしか行うことができません。

即日発行を希望する方は注意しておいてください。

イオンカード

イオンカードはネット申し込みを行った後、イオン店舗に行くことで仮カードを受け取ることができます。

自宅に本カードが届くまでには数日程かかりますが、その間は仮カードを使って買い物を行うことが可能です。

その上イオンカードは、毎月20日・30日だけイオングループでの買い物が5%オフになります。

ポイントの獲得量も2倍になるので、イオンでお得に買い物を楽しみたい方に最適です。

ACマスターカード

ACマスターカードは、自動契約機(むじんくん)で発行ができるクレジットカードです。

ネット上で申し込み手続きを行い、審査を通過すれば近くの自動契約機でカードを受け取ることができます。

またACマスターカードは、自宅に利用明細を郵送することがありません。

家族に内緒でクレジットカードを作りたいという方にも最適です。

JCB一般カード

JCB一般カードは国際ブランド「JCB」が発行しているクレジットカードで、サービスがとても充実しています。

マイルを貯めることができる上に、手続きを行っておけばETCや電子マネーも利用可能です。

またJCB一般カードは、年間の利用額に応じてポイント還元率がアップします。

使えば使うほどたくさんポイントを貯めることができるので、クレジットカードを積極的に使いたい方におすすめです。

三井住友カード

三井住友カードは、最短翌営業日に発行ができるクレジットカードです。

海外旅行傷害保険が付いているので、海外を旅行することが多い方に適しています、

また三井住友カードには、ショッピング補償も付いています。

買い物中に盗難などのトラブルが発生しても、すぐに対応することが可能です。

クレジットカードを即日発行する方法

申込日当日にクレジットカードを受け取るには、手続きを迅速に完了させることが重要です。

手続きに時間がかかってしまうと、その分だけカードの発行も遅れてしまいます。

そのため申請を行う時は、最も利用しやすい申込方法を選ばなければいけません。

クレジットカードを即日発行する方法は、大きく分けて以下の2種類です。

  • 店頭受け取りを使った申込方法
  • ネット手続きを利用した申込方法

ここではそれぞれの申込方法について解説します。

店頭受け取りを使った申込方法

この方法は申し込み手続きを行った後、直接店舗に行きカードを発行してもらうという仕組みです。

エポスカードやACカードを発行する時は、この方法を使います。

店頭受け取りの一番のメリットは、すぐにクレジットカードを受け取れる点です。

受け取ってすぐにカードを使うことができるので、なるべく早くカードを入手しておきたい方に適しています。

また一部のクレジットカードは、店頭で申し込みから発行までの手続きを行うことが可能です。

スムーズに手続きを進めることができるので、申し込みの手間や時間も最小限に抑えることができます。

ただしこの方法を実践するには、指定された店舗に直接来店する必要があります。

自宅近くに店舗が存在しない場合、カードの発行や手続きに時間がかかる可能性が高いです。

この申込方法を利用する際は、事前に店舗の場所をよく確認しておいてください。

ネット手続きを利用した申込方法

直接店頭に行くのが難しい方には、ネット手続きを利用した申込方法がおすすめです。

ネット手続きのメリットは、どこにいても手続きを行うことができる点です。

仕事や家事が忙しくて暇がない方でも、空いた時間を使って気軽に申し込みを行うことができます。

またこの申込方法なら、必要書類の提出も簡単に行うことができます。

書類をコピーして郵送する必要がないので、手続き時間を短縮するのに最適です。

ただし、ネット申し込みを利用する際は時間帯に注意しなければいけません。

夕方や夜間に申し込みを行ってしまうと、その後の手続きは翌営業日以降に回されてしまいます。

そのため当日中にカードを受け取りたい場合は、なるべく夕方までに手続きを完了させなければいけません。

申込日当日にカードを受け取りたい方は、なるべく早めに申し込みを完了させておいてください。

クレジットカードを申し込む時の注意点

クレジットカードは手早く申し込みを行い、当日中に手続きを完了させれば即日発行することができます。

しかしカードの申し込みを行う時は、以下の点に注意が必要です。

申込時に注意すべきポイント
・仮カードを渡される場合がある

・ETCカードの発行には別途手続きが必要


ここではクレジットカードを申し込む時の注意点について解説します。

仮カードを渡される場合がある

一部のクレジットカードは店頭受け取りを選択することで、直接カードを受け取ることが可能です。

しかしカード会社によっては、本カードの代わりに仮カード(ハウスカード)を渡される場合があります。

仮カードは本カードと機能はほぼ同じですが、使用できる店舗が制限されていることが多いです。

当然対象外となっている店舗では、発行された仮カードを使うことができません。

そのため人によっては、仮カードの使いにくさに不満を感じてしまうことがあります。

店頭受け取りでカードを発行してもらう際は、事前にカードの種類を確認しておいてください。

ETCカードの発行には別途手続きが必要

クレジットカードの中には、ETCカードと同時に発行できるものが存在します。

ただしETCカードの発行も同時に依頼する時は、手続き内容に注意してください。

ETCカードを同時に申し込む時は、クレジットカードの申込時に「追加カードの発行」を選択します。

その後ETCの申請手続きを行い、ETCカードを発行してもらうのが一般的です。

そのため申込時にETCの申請を忘れてしまうと、カードは発行されません。

たとえ発行できたとしても、カードが届くまでにはかなりの時間がかかります。

またETCカードはクレジットカードとは利用用途が異なります。

ですので同時に申し込みを行ったとしても、カード会社によっては各カードを別々に発送することがあります。

ETCカードの申し込みを行う時は、よく契約内容を確認しておいてください。

まとめ

即日発行できるクレジットカードや即日融資の申込方法などについて解説しましたが、いかがでしたか?

クレジットカードの即日発行を申し込む時は、それぞれの目的に合ったカードを選ぶことがとても重要です。

自分にとって最適なカードを選択しておけば、発行されたカードを使って買い物や旅行などを思う存分楽しむことができます。

またクレジットカードの申込方法には、「店頭申込」「ネット申し込み」の2種類が用意されています。

それぞれの生活スタイルに適した方法を選ぶことで、誰でもスムーズにカードを発行することが可能です。

これから即日発行可能なクレジットカードを申し込む方は、ここで解説した知識を活用しながら手続きを進めていってください。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?