HOME > キャッシングの豆知識 > キャッシングのQ&A > 返済ってどういう風にしたらいいの?
キャッシングの豆知識

返済ってどういう風にしたらいいの?

返済方法の種類

消費者金融での一般的な返済方法は店頭窓口、ATM、提携ATM、銀行振込です。また郵便書留やコンビニやインターネットから返済が可能な場合もあります。これらの情報を調べるには当サイトの業者案内ページや各業者のウェブサイトで案内されていますので確認しておけば不安は解消されるでしょう。返済方法が多く用意されているのは大手→中堅→中小規模の順となります。

業者規模での返済方法の違い
大手/銀行系 準大手/中堅 中小/零細
店頭窓口
ATM
提携ATM ×
銀行での引き落とし × ×
銀行振込
郵便局の現金書留
コンビニ ×
インターネット ×

店頭窓口で返済するのは怖くない

現在ATMでの入金率は9割程度というデータがありますが、店頭窓口での返済がなんとなく怖いという傾向性がこういった結果になっているものかと考えられます。しかし消費者金融の窓口は怖くありません。逆に丁寧すぎるくらいですからある意味怖いのかもしれませんが、大抵は女性店員ということもあり対応は柔らかいのが特徴です。店頭で返済するメリットは店員と顔見知りになるということですので、今後の取引上有利にはたらく可能性があります。例えば毎月店頭で返済していると万一、延滞したときの相談が温厚な対応になったり、増額の際も有利になるケースがございます。

ATMの返済は簡単

先ほどは店頭窓口の返済メリットを伝えました。ATMの返済はなんと言っても銀行ATMと似たシステムで簡単で便利という特徴があります。手早く返済をしたいという方にはベストな返済といえるでしょう。ATMは大手から準大手、中堅、一部の中小規模の業者で用意されています。提携ATMとは他社でのATMが利用できることです。例えば信販系のCD機や銀行のATMで返済ができるということになります。例えば提携ATMが多い業者だと出先などで返済したい場合にすぐに返済できるのが便利でしょう。

銀行の引き落としは少ない

消費者金融での返済方法では銀行での引き落としがほとんどありません。確実な理由は知りませんが、銀行の引き落としの場合は引き落とし完了の情報が1週間程度かかりますので業者的に延滞顧客の管理が難しいのが主な原因でしょう。また引き落と手数料は業者負担というのも原因の一つともいえます。しかし一部大手や銀行系ローン会社では引き落としに対応しているケースが多く、最も楽で確実な返済方法といえます。

銀行振込の返済は手数料がかかる

銀行振込という返済方法はどの規模の業者でも存在するスタンダードな返済方法です。ただ銀行振込の問題は振込手数料がばかになりません。例えば毎月315円の手数料がかかったとして39回払いとすれば12,285円もかかるということになるのです。しかも午後3時を過ぎて振込した場合に翌日扱いとなり、延滞してしまうケースが多く無駄な督促電話が会社にかかってくることがあります。延滞しそうな際は面倒でもATMや店頭窓口に行くことが少しでもお得に返済するコツでしょう。

郵便局の現金書留は非常手段

現金書留は手数料が500円程度かかり返済方法としては最も損といえます。唯一のメリットは近くに銀行もATMもない場合に限られるでしょう。業者側としては土日でも書留は届きますのでゴールデンウィークなどの銀行が閉店になる3時以降に勧められることもある返済方法です。よほどのことが無い限りは別の返済方法が無難かと思われます。

コンビニでの返済は恥ずかしい

いくらキャッシングとTVCMで謳われても消費者金融、いわゆるサラ金の返済をコンビニに返済するのには気が引けるということもあるでしょう。しかしATMや窓口が閉まっている時間帯などは心強い返済方法ともいえます。ただ特殊な端末で操作しますので機械に弱い人は面倒な方法とも言えます。

インターネットでの返済は楽

大手などではインターネットから即時返済が可能というサービスを展開しています。これらは何が便利かと言えば24時間自宅から返済が可能ということ、土日でも銀行営業時間外でも即時決済されるのが大きなメリットでしょう。しかしこの返済方法はメジャーではなく、まだまだ提携銀行も少ないこともあります。

総合的に考えると店頭かATMが万能

このように消費者金融ではたくさんの返済方法が用意されていますが、総合的に考えれば店頭かATMでの返済がベストかと思われます。理由につきましては借金の返済をしている自覚を味わえることと即時領収書が発行されることです。借金返済の自覚の大切さはズルズル借入を増やしてしまうことを抑止する効果もあります。領収書の発行は今後もしものこと(払ったのに払っていない…法的整理時)があった場合に確実な証拠となります。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?