HOME > キャッシングの豆知識 > キャッシングのQ&A > 個人信用情報ってなんですか?
キャッシングの豆知識

個人信用情報ってなんですか?

カードローンやキャッシングをするときに、個人の「信用情報」が審査に影響をすることはご存じでしょうか。

消費者金融に申し込みをすると、消費者金融は信用情報機関にあなたの信用情報を確認するため情報開示を行います。消費者金融を利用するにあたって、信用情報機関は切っても切り離せない存在です。

この記事では、信用情報に関する概要と各信用情報機関における加盟業種や保有期間について解説します。

個人信用情報とは

消費者金融などで申し込みする際に良く見る文言「信用情報機関への登録と同意」というのを見たことがある人もいるでしょう。

そもそも信用情報とは、利用者の「氏名・生年月日・自宅番号・勤務先」など個人情報や「他社での残高・返済回数・契約商品」などの借入データのことを言います。

これらの信用情報は民間機関である信用情報機関に登録されています。

しかし過去に一度もローンなどに縁がない生活を行っている人は、何も情報が登録されていないということになります。ちなみに社名も登録はされていますが(本人開示の際に見れる)業者が照会するときは見えません。

信用情報機関の種類

金融機関には大まかに「銀行」「クレジット及び信販会社」「消費者金融」に分類されます。

これらの業界は別々に成長を遂げた金融機関という歴史があるため、それに対応する信用情報機関も分かれています。

  • 全国銀行協会
  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 全国信用情報センター連合会
  • 株式会社シーシービー
  • 株式会社テラネット

主に信用情報機関は5つあります。

全国銀行協会とは(略称:全銀協)

全銀協は名前の通り銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、政府金融機関などが加盟している信用情報機関です。

他には銀行系消費者ローン及びクレジット会社や保証会社、保証協会が加盟しています。

株式会社シー・アイ・シーとは(略称:CIC)

CICは主に信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社が加盟している信用情報機関です。他には自動車ディーラーや保証会社などが加盟しています。

全国信用情報センター連合会とは(略称:全情連)

全情連は消費者金融専業者が加盟する信用情報機関です。また一部の信販会社も加盟していることが特徴ともいえます。

株式会社シーシービーとは(略称:CCB)

CCBは主に信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社、消費者金融、保証会社など多くの金融機関が加盟している信用情報機関です。

株式会社テラネットとは(略称:テラネット)

テラネットは信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社、銀行系ローン会社、消費者金融会社が加盟しています。この情報機関は単純に全情連の残高有りの情報にリンクしているというものです。

テラネットに加盟している業者は、全情連で登録している消費者金融の残高有りの情報が件数として把握できます。

返済予定日や貸付日など、基本的なところは全情連と同じように見えますが貸付残高だけは見えません。

信用情報機関の加盟業種と保有期間

金融機関の違いによる信用情報機関の加盟分類
  全銀協 CIC CCB 全情連 テラネット
銀行 × × × ×
銀行系ローン会社 × ×
銀行系クレジット会社 ×
信販系クレジット会社 × ×
流通系クレジット会社 × ×
メーカー系クレジット会社 × ×
消費者金融 × ×

◎まず加盟している/○ほぼ加盟している/△加盟していることがある/×加盟してしない

信用情報機関による登録期間等の違い
  全銀協 CIC CCB 全情連 テラネット
登録のタイミング 取引発生時 月1回 月1回 取引発生時 取引発生時
取引情報 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間
事故・異動 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間
延滞情報 継続中 5年間 5年間 継続中 5年間
延滞解消情報 5年間 1年間
公的情報(破産等) 10年間 7年間 7年間 10年間 10年間
本人申告情報 5年間 5年間 不明 5年間 5年間
照会情報(登録機関) 1年間 6ヶ月間 6ヶ月間 3ヶ月間 3ヶ月間
照会情報(閲覧期間) 3ヶ月間 6ヶ月間 6ヶ月間 1ヶ月間 不明
照会可能時間 9時~21時 8時~22時 8時~翌2時 9時~21時 9時~21時

事故情報はCRINで共有される

近年の破産者の増加から、全銀協/CIC/全情連で提携を結びCRINというシステムを使って事故情報の交流が行われています。

事故情報とは延滞、代位弁済、整理や破産などです。他には同姓同名別人の情報が登録されており、自分と間違えられる恐れのある場合や免許証の盗難や紛失の本人申告コメントなどが共有されます。

それらの事故情報などとセットに氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号が共有されています。

照会情報とは申込み情報のこと

申込みブラックや多重申込みという言葉を聞いたことがあるでしょう。これは各業者に申込んだ際に信用情報機関にあなたが個人情報を照会したときに登録されるものです。

つまり何社か申込みをするだけで申込んだ件数だけ照会情報が登録されます。

全情連では照会情報は3ヶ月間となっていますが、実際に会員が見れるのは1ヶ月間ということとなります。

他社件数と残高、事故情報が審査に関係

消費者金融では、信用情報機関を見るときに審査に関係する項目は他者件数と残高、事故情報が主なものになります。

他にも照会情報が多すぎたりするのも影響する内容ですが、特に他社件数は融資の可否に強く左右するものといえるでしょう。

オンラインですぐに審査が行われるものや大手消費者金融では、コンピュータが信用情報の取得も自動で行うのが特徴です。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?