HOME > 銀行カードローンに審査が甘いところはない!借入したいならここがおすすめ

銀行カードローンに審査が甘いところはない!借入したいならここがおすすめ

カードローンの中でも信頼性の高さから銀行カードローンを利用したいと考えている方もいると思います。

銀行カードローンは、利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用することができるので、契約しておけばいざという時にとても便利です。

しかし銀行カードローンは、誰でも利用できるほど審査が甘いわけではありません。むしろ厳しいとも言われています。

今回は、銀行カードローンで審査の甘いところはあるのか、どういった方が審査に落ちるのかといった点についてお話していきたいと思います。

銀行カードローンの審査は甘い?

審査が甘い銀行カードローンを探している方は、おそらく以下のような状況のいずれかにあるのではないでしょうか?

  • 別の銀行カードローンの審査に落ちた
  • 他社借入件数が多い
  • 過去に返済を延滞したことがある
  • 過去に債務整理をしたことがある
  • 安定継続収入がない
  • 未成年、専業主婦、年金生活者
  • 正規雇用労働者(正社員)ではない

もちろん上記に当てはまる人すべてが銀行カードローンで借入できないわけではありません。しかし審査で不利になる状況ではあります。

そういった状況でも借入できる審査の甘いカードローンは存在しないのでしょうか?

銀行カードローンの審査は厳しい

前提として、銀行カードローンの審査は甘くありません。厳しいです。特に最近では、より審査を厳しく行なっています。

少し前に銀行カードローンの過剰貸付が問題視されました。銀行カードローンの貸付が原因として、自己破産者などが増加したためです。

そこで各行は、自主規制を敷いて対処するようになりました。審査基準も見直され厳しくなりましたし、申込者の年収の3分の1以上は貸付しない規制も設ける銀行もありました。

こういった背景もあり、基本的に銀行カードローンの審査は厳しいものだと認識しておいてください。では、その上で銀行カードローンの審査はどのように行われているのでしょうか?

銀行カードローンの審査内容について

カードローンの審査基準は、それぞれの金融機関ごとに設定されています。ただ実際、審査の内容自体はどこも大差はありません。

一般的に銀行カードローンの審査では、以下のような項目を元に貸付するかどうかを判断しています。

  • 申込者の信用情報
  • 申込者の属性
  • 申込者の他社借入件数

信用情報は、ローンの借入・返済の実績やクレジットカードの利用実績、携帯電話の割賦払いなど個人信用取引に関する履歴のことを指します。

属性は、年収や職業、年齢、雇用形態といった返済能力に関わるステータスのことを指します。

その他、他社借入件数やその金額などを元に融資の可否を決めていきます。銀行によって審査基準(審査基準は非公開)は異なりますが、審査で見る内容というのは基本的に同じです。

銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴は?

ここまでお話してきたように銀行カードローンは、審査で申込者の信用情報や属性を確認して融資可否を行います。

つまり審査で落ちてしまう方は、審査に落ちる理由がどこかに必ずあるはずです。では、銀行カードローンの審査に落ちる方の特徴としては、どういったものがあるのでしょうか?

大きく挙げると以下のようなものがあります。

  • 他社借入件数が多い
  • 過去に返済を延滞したことがある
  • 過去に債務整理をしたことがある
  • 短期間に複数社へ申込をした
  • 安定継続収入がない
  • 申込で虚偽の情報を記入した

一つずつ簡単に解説していきます。

他社借入件数が多い

すでに借入先が何件かあると審査に影響する場合があります。まず他社からの借入総額がいくらなのか、それに対して申込者の年収はいくらなのかを見られます。

その結果、返済が厳しいと判断されれば審査には落ちるでしょう。また銀行によっては、年収の3分の1以上の貸付はしないなど自主規制を敷いているところもあります。

他社借入総額がすでに年収の3分の1を超えていれば、融資を受けることが難しくなるかもしれません。

過去に返済を延滞したことがある

返済を延滞してしまうと個人信用情報機関に延滞した記録が残ります。特に61日以上の長期返済となると、ブラックとして記録されるので注意が必要です。

長期返済の記録は、最長5年間残り続けることになるので、過去に返済遅れの経験がある方は、一度個人信用情報機関に照会して自身の信用情報を確認した方が良いかもしれません。

過去に債務整理をしたことがある

債務整理は、返済が厳しくなった時に借金を減額し返済負担を軽減することができる法的措置です。任意整理や自己破産なども債務整理の一種です。

この債務整理も個人信用情報機関に記録が残ります。任意整理の場合は最長5年間、自己破産の場合は最長10年間残り続けます。

債務整理を行う=返済能力がないと判断されますから、当然審査で不利になってしまいます。

短期間に複数社へ申込をした

もう一つ、個人信用情報機関にブラックとして記録されてしまうことがあります。それは「申込ブラック」と呼ばれるものです。

申込ブラックは、短期間に複数社へ申込をすると記録されます。やはり短期間で何社にも申込すると銀行側は怪しんでしまうのです。

他社への返済に当てるのか、多重債務者なのではないかなど、やはり信用性が損なわれてしまうことになるので審査では悪影響を及ぼす要素の一つです。

安定継続収入がない

融資は、当然返済能力のある方にしか行われません。その判断として年収がいくらかといった点を確認します。そこで安定性の低い仕事をしていたり、勤続年数が短かったりすると審査では不利になります。

安定した収入を継続的に得ていないと、やはり返済できない可能性もありますから、アルバイトでもパートでも、せめて毎月安定した収入が得られる体制をつくることが重要です。

申込で虚偽の情報を記入した

銀行カードローンは、申込者の信用性が何よりも大切です。カードローンは、基本的に担保・保証人なしで融資を受けることができます。

申込者からすれば大きなリスクもなく、まとまったお金を借りられるわけですね。しかしそのためには、信用性がなければいけません。

審査で「この人はきちんと返済してくれるだろう」という信用を得られれば、きっと融資を受けることができるはずです。

そのため申込書には、絶対に虚偽の情報を記入してはいけません。勤続年数を事実よりも長く記入したり、年収を多く記入したりしても審査でバレてしまいます。

信用できないと判断されてしまえば、審査で落とされてしまいますから、必ず本当の情報を記入してください。故意でない場合も、事実確認のために時間ロスが生じてしまいます。

急ぎで借りたい方もいるかと思いますので、申込時はきちんと内容を確認した上で送るようにしましょう。

どうしても借入したい場合は?

借入できるなら銀行じゃなくても良いという方もいるかと思います。とにかく審査に通って借入できることが重要という方は、中小消費者金融に申込するのがおすすめです。

中小消費者金融は、比較的審査が甘いと言われています。もちろん審査は行われますが、他社借入があったり、ブラックの方でも借入できたという口コミもあります。

中小消費者金融の中でおすすめなのはフクホーです。最短即日融資にも対応していますし、Web申込も可能なので申込手続きも簡単です。

フクホー

満足度3.4

フクホー

ここがポイント!

  • 過去に債務整理した方も審査可能
  • 年7.3~9.8%特別金利です。11/30まで
  • 可決の場合は9.9万円の融資が多い
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード -
7.3~9.8% 5~200万円 最短10分 最短3営業日 -
  • クチコミ
  • 審査情報
カメカメ 星5
過去に破産しているので、ダメだろうと思いましたが、どうしても10万必要になって申し込みました。書類を揃えるのに時間がかかりましたが、書類到着後すぐ電話をくれて、そのあとすぐ在籍確認の電話があり、次の日には振り込んでもらえました。悪い口コミに見られるような印象はないです。電話をくれた方も丁寧な受け答えでした。本当に感謝です。
フクフク 星5
中堅のセントラルくんは審査が甘いと言う口コミを信じて申し込み 私は即決で否決されました。その後、他社の大手1社とフクホーさんと他中堅1社に申し込みした結果3社で合計50万円の審査に通りました。自分がブラックと思っている方は、まず最初に中堅のフクホーさんに申し込みをしてみたらいいと思います。自分が電話した時も、親切、丁寧に話して頂きました。
平均年収 376万円
平均勤続年収 4年11ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:64%
  • フリーター:11%
  • 会社員上場:7%
  • 自営:5%
  • 他:13%
保険証
  • 社会保険証:65%
  • 国民保険証:20%
  • 組合保険証:9%
  • 共済保険証:2%
  • 他:4%
平均融資額 28万円
最多融資日数 即日

審査情報を詳しくみる

  • フクホー (1)全国対応
  • ※フクホー Webでお申込みの場合は初回50万円まで

© 2002-2023 お金借りる?