HOME > 45万円借りたいときはカードローンがおすすめ!無理なく返済プランを立てるには?

45万円借りたいときはカードローンがおすすめ!無理なく返済プランを立てるには?

結婚や引越しといった新しい生活の為に。

家具や家電、旅行など今ある生活の充実の為に。

何気なく過ごしている日常を変化させる為には何かとお金が必要になりますよね。

普段と違うことをしようとすればするほど、その金額も高くなる傾向になります。

今回はそんな日常の変化に伴って45万円が必要という方に向けて、45万円借りるときの注意点について解説していきたいとおもいます。

お金を借りようと考えている方はぜひこちらの記事に目を通してみてくださいね。

45万円借りるならカードローンがおすすめ

45万円という高額なお金はそうそう手に入るものではありませんよね。

ボーナスが入る月などであれば、もしかすると手に入る金額かもしれませんが、一気に自分がやりたいことにお金を使うわけにはいきません

誰かにお願いして借りるのも気が引けます

そこで自分だけでお金を工面できる方法として、カードローンがおすすめなのです。

カードローンについて詳しく知らないという人もいらっしゃるかと思うので、まずはカードローンの基本的な点について解説していきましょう。

カードローンは無担保で使途自由

ローンといえば自動車ローンや住宅ローンなど様々なローンがあるのは皆さんもご存知ですよね。

上記のようなローンは借りたお金の使用目的が決められています。

文字通り自動車ローンなら自動車を購入する場合。
住宅ローンなら家を購入する場合です。

他にも会社に勤めている人や自営業をしている人、起業したいと思っている人が新しい事業を始める為にお金を借りる事業者向けローンも、使用目的が決められたローンだといえます。

カードローンは今ご紹介したローンと違い、使用する目的が決められていません。
つまり、お金を借りて旅行に行ったり、欲しいものを買ったり、デートでいつもより高いレストランに行ったりするのもできるということです。

さらに、お金を借りる場合は保証人であったり、自宅を担保にしたりする必要がありますが、カードローンの場合はその必要がありません。

使途自由・無担保で借りれるというのがカードローンの一番の強みだといえるでしょう。


ただし、使途自由とはいってもカードローンは事業(仕事)で使用できないので注意が必要です。


消費者金融と銀行

カードローンは大きく分けると消費者金融から45万借りるカードローンと、銀行から45万借りるカードローンの2種類があります。

この2つはどう違うのかは下記のポイントにご注目ください。

  • 審査時間
  • 金利
  • 無利息サービス
  • 総量規制

審査時間の違い

カードローンを移用するためには申込をしてから審査を受ける必要があります。

この審査ではお金を貸してもちゃんと返してくれるか、という判断をするために行われます。
つまり、審査に通過しなければ45万円借りることはできないということです。

審査の判断材料は住所や年齢、収入などの申込内容と、信用情報(あなたがこれまで利用したクレジットカードなどの経歴)です。

それではこの審査時間ですが、消費者金融なら審査結果・融資までの時間が短く、逆に銀行なら審査結果・融資までの時間が長くなってしまうという点です。

消費者金融とメリットとしては、「審査時間1時間」や「最短即日融資」など、短時間でお金を借りることができる点が挙げられます。

「今週中に45万円用意しないと!」
という場合には消費者金融がおすすめです。

銀行カードローンの場合、申込から融資されるまで1週間~2週間、長い場合は1ヵ月と消費者金融に比べると長時間になってしまいます。


金利の違い

お金を借りるなら必ず気になる利息。

カードローンを調べていると「年利4.5~18.0%」というような表記をよく見かけるかと思います。
利息はこの金利(年利)を元に計算されます。

消費者金融カードローンの金利の相場は年利4.5~18.0%であるのに対して、銀行カードローンは年利4.0%~14.5%が相場です。
つまり、銀行カードローンの方が金利が安い為、発生する利息が少ないということになります。

後ほど、45万円借りた場合、利息はどれくらいになるのかについて詳しく解説したいと思います。
今は消費者金融と銀行カードローンの違いだけ覚えておきましょう!


無利息サービスの有無

銀行の方が金利が低いと聞けば、
金利を抑えれる銀行で45万円借りようかな
と思ってしまいがちですが、消費者金融でも利息を抑える方法はあります

それが大手消費者金融が提供している無利息サービスです。

無利息サービスというのは、およそ30日間金利がゼロで借入することができるというもの。
なのでだいたい1ヵ月分の利息を負担しなくてもよくなります。

もっと言えば、無利息期間中に借りたお金を全額返済できれば利息はかかりません。
例えば3月10日に無利息サービスを利用してお金を借りて、3月25日の給料日に全額返済すれば利息がかからないということです。

ただ、今回のように45万円という金額を30日間で準備するのはなかなか困難なことです。
無利息期間中にできるだけ返済しておくようにすれば、比較的利息の負担も少なくなります。

総量規制の対象か

カードローンを初めて利用する方にとっては総量規制という言葉は聞きなれないものだと思います。

総量規制というのは年収3分の1以上のお金を借りてはいけない(貸してはいけない)という規則です。
消費者金融でお金を借りる場合はこの総量規制の対象となります。

45万円借りたい場合、最低でも135万円の年収でなければ消費者金融からお金を借りることはできません。

一方、銀行でお金を借りる場合は総量規制の対象にはならないので、年収135万円ではなくても借りれないというわけではありません。

しかし、銀行から見ても年収の3分の1以上お金を貸すというのはリスクを伴うので、年収135万円以下の場合は例え銀行カードローンでも45万円借りることは難しいでしょう。


45万円借りた場合の利息シミュレーション

この項目では、45万円借りたとき利息は何円くらい支払う必要があるかについて、大手消費者金融や銀行を例にシミュレーションしたものをまとめています。

利息の負担が気になる方はぜひチェックしてみてください。


消費者金融カードローン

業者名金利最低返済額合計利息
プロミス17.8%16,223円134,029円
アイフル18.0%16,268円135,654円
アコム18.0%16,268円135,654円
SMBCモビット18.0%16,268円135,654円
レイクALSA18.0%16,268円135,654円


銀行カードローン

業者名金利最低返済額合計利息
三井住友銀行カードローン14.5%15,489円107,603円
三菱UFJ銀行(バンクイック)14.6%15,511円108,393円
みずほ銀行14.0%15,379円103,667円
楽天銀行カードローン14.5%15,489円107,603円
※返済回数36回(約3年)で計算しております。
※利息は必ず上記になるとは限りませんので、目安の数値となります。



利息を抑えるには返済期間を短くする

利息が高くなる大きな要因としては返済期間を長期間にしてしまうことです。

長期間にすれば1ヵ月に支払う返済額は減りますが、返済している金額のほとんどが利息となりなかなか完済できません。

利息は借りていないお金を支払っているようなもの。
利息をできるだけ抑えたいという方は、返済期間を短くすることが大切です。


カードローンと賢く付き合うために

ここまでカードローンについてと、45万円借りた場合の利息について解説しました。

最後の利息の金額を見て「え、こんなにも利息が必要なの?」と思った方も多いでしょう。

しかし、45万円という大金を一括で貰えることなんて、現実ではほぼありえないことです。
利息はそんなありえないことができた料金だと思って返済すれば、余分なお金を払ってるというネガティブな気分も楽になりますよ。

利息を抑えたい一心で毎月カツカツの返済額を払うのも大変です。
多少利息を妥協して、いつも通りの生活を送りながら返済していくのがおすすめですよ!

三菱UFJ銀行(バンクイック)カードローン

満足度3.2

三菱UFJ銀行

ここがポイント!

  • 銀行カードローンでクチコミ良し!
  • 安心の銀行カードローン
  • 口座開設不要でカードローン申込OK
  • 初めて
  • 審査に不安
  • 既に借入
  • アルバイト
  • 自営業者
  • 口コミ良い
  • 銀行
  • 消費者金融
  • 土日祝OK
  • 即日融資
  • 無利息
  • おまとめ
利用可能なコンビ二
  • セブンイレブン
  • e-net
  • ローソン
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード -
1.8~14.6% 10万円~500万円 - -
  • クチコミ
  • 審査情報
匿名 星5
20代前半 (契約社員) (年収300万) 現在アコムを契約はしているが借入は0。事故経歴なし 同日にバンクイック新規、アコム増額申請を申込み。 その日にアコム増額可決。 バンクイックはお電話で午前中に申込をし、 お昼過ぎに本人確認書類提出依頼のお電話。 その際に限度額と金利のお話を頂いて終話。 再度お電話頂いて仮審査通過の案内。 翌日テレビ窓口で契約の手続きをし、 オペレータの方に利用枠50万可決とお伝えされカード受け取り完了。 ※金曜日に申込みをして翌週の火曜日に仮審査通過の案内。
零細企業主 星5
【権利者より削除要請のため一部削除】 どうせダメだろうと思ったらまさかの30万可決



プロミスに50万 アコムに22万 のためダメ元でした。



後は支店のテレビ電話で【権利者より削除要請のため一部削除】に契約し必要のお金が【権利者より削除要請のため一部削除】手に入りました。



助かりました。
平均年収 395万円
平均勤続年収 5年5ヶ月
雇用形態
  • 会社員一般:53%
  • フリーター:12%
  • 会社員上場:10%
  • 派遣社員:6%
  • 他:19%
保険証
  • 社会保険証:58%
  • 国民保険証:23%
  • 組合保険証:13%
  • 共済保険証:2%
  • 他:4%
平均融資額 102万円
最多融資日数 -

審査情報を詳しくみる

  • 三菱UFJ銀行(バンクイック) アルバイト、自営業者もお申込みできます。

カードローンコラム記事一覧

  • 新着記事
  • 人気記事

コラム記事をもっと見る

コラム記事をもっと見る

消費者金融・銀行カードローン一覧

実質年率
審査時間
融資限度額
(平均融資額)
融資目安
(最多融資日数)
特徴/サービス 公式サイト
プロミス プロミス 年4.5~17.8%
最短30分
500万円
(39万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
WEB完結
30日間無利息※
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アコム アコム 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(41万円)
最短1時間
(即日)
3秒診断
口コミが良い
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
アイフル アイフル 3.0~18.0%
最短30分
800万円
(40万円)
最短1時間
(即日)
1秒診断
WEB完結
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
SMBCモビット SMBCモビット 3.0~18.0%
10秒事前審査
800万円
(81万円)
最短即日
(即日)
WEB完結
おまとめ
土日融資OK
今すぐ!
お申し込み
J.Score(ジェイスコア) J.Score(ジェイスコア) 0.8~12.0%
最短30分
最大1,000万円
(55万円)
最短即日融資
(即日)
金融新時代へ!AIスコアで借入!
今すぐ!
お申し込み
じぶん銀行 じぶん銀行 年1.7~17.4%
-
800万円
(42万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
三菱UFJ銀行(バンクイック) 三菱UFJ銀行(バンクイック) 年1.8~14.6%
-
500万円
(102万円)
-
(-)
お試し診断
大口
今すぐ!
お申し込み
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
-
10万円~800万円
(116万円)
-
(-)
今すぐ!
お申し込み
楽天銀行カードローン 楽天銀行カードローン 年1.9~14.5%
最短2営業日
800万円
(149万円)
最短2営業日
(-)
大口 今すぐ!
お申し込み
セゾンファンデックス セゾンファンデックス 2.65~15.0%
最短即日仮審査
29,999万円
(1,000万円)
最短1週間
(-)
事業者向け 今すぐ!
お申し込み
※平均融資額とは該当の金融機関に実際にお借入れしたユーザー様(当サイト利用者の投稿)の数値です プロミス 30日間無利息サービスについてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 アコム お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要 アイフル 融資時間はお申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
主婦の場合は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
SMBCモビット 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
アルバイト、自営業の方は安定した収入がある方。
WEB完結はPC・スマートフォンからお申込みが対象です。
モビットローン申込機なら即日でカード発行 他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
J.Score(ジェイスコア) ()みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 ()貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある 情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある 情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である セゾンファンデックス 利用目的:設備投資・運転資金(仕入れ・買掛金の支払等)・事業者ローン組換えなど 諸費用:事務手数料(ご融資金額の1.5%以内<税抜>) 来社にてご契約いただけない場合は、別途20,000円~40,000円<税抜>をご負担いただきます。 調査料(ご融資金額の0.5%以内<税抜>) 収入印紙代相当額 登記費用(実費) 振込手数料(実費) 中途解約手数料:返済元金の3.0%以内
トップに戻る
© 2002-2019 お金借りれる?