HOME > 学生がお金を借りる方法!学生が借入時の審査基準とは?

学生がお金を借りる方法!学生が借入時の審査基準とは?

友人との交際費に教材費、そのほかに学生がお金を必要とするケースは意外に多くあるものです。

親からの仕送りが少なかったり1人暮らしの生活費が足りなかったりするとお金を借りて何とかしたいと思うこともあるでしょう。

しかし「親から借りるのは心苦しいし友人には貸してもらうのは難しい」となれば、借りてなんとかするしかありません。

そこで今回はお金を借りたい学生に向けて、どんな方法で借りられるのかを解説します。

また、借りるためにどんな条件が求められるのかもまとめてみました。

お金を借りる方法を探している学生の方、これからお金を借りる予定のある学生の方はぜひ参考にしてください。

学生がお金を借りるための条件

学生といっても高校生に大学生などさまざまです。

そこで、お金を借りたいと考える学生の方がクリアしないとならない条件はどんなことなのかをチェックしておいてください。

以下で挙げるポイントに該当すれば、お金を借りられる可能性は高くなるでしょう。

年齢が20歳以上

お金を借りる方法を知る以前に、まず年齢が20歳に達しているかどうかが重要です。

なぜなら、消費者金融や銀行などからお金を借りる場合、「申込時の年齢が20歳以上」であることを条件にしているからです。

要するに融資を受けられるのは20歳以上の専門学校生に大学生などに限定され、19歳以下の学生はお金を借りることができません。

この年齢に関する条件は法律で決められたことなので例外が認められることはないので覚えておいてください。

安定した収入を得ている

年齢が20歳以上の学生でも、毎月の返済をしっかりおこなえる支払い能力がなければお金を貸してもらうことはできません。

たとえば、単発のアルバイトで今月は15万円の収入を得ていても、来月は同じ金額を得ることが難しいのであればお金を借りるのは難しいでしょう。

しかしカードローンの大半は安定した収入さえあれば、アルバイト・パートの方でも申し込むことができます。

たとえ収入が少なかったとしても毎月安定した収入があるかどうかは重要なポイントなので、まずはその状況を作ることを目指してください。

これまでの借金利用時にトラブルを起こしていない

年齢や安定した収入を得ているかどうかはお金を借りる際に重要ですが、それと同じくらいに本人の信用力も大きなポイントになります。

たとえば、クレジットカードやカードローンにフリーローン、携帯電話の端末代金を分割で支払っている場合、2~3か月以上の長期的な滞納をしている場合は注意が必要です。

もし、これまでの借金利用時に何らかのトラブルを起こしていると信用情報に事故情報が登録されている可能性があります。支払いの滞納、債務整理、代位弁済、強制解約などを起こしている場合、お金を借りるのは難しいでしょう。

信用情報について

信用情報とは、国内に3つある信用情報機関で管理されている個人情報のことです。

クレジットカードやカードローン、フリーローンなどといった借金に関する事実の確認が可能で、契約内容に返済状況、支払状況に借金の利用残高などの取引内容を知ることができます。

カード会社やローン会社は審査をおこなう際に必ず信用情報の内容を参考にして、審査通過可否を判断します。

学生がお金を借りるための方法

学生がお金を借りるための方法は主に4つあります。

  • 奨学金
  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 学生向けローン

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

奨学金

大学生や専門学校生などといった学生の方が検討するお金の借り方といえば、奨学金でないでしょうか。

学生が奨学金制度を利用する場合はまず在籍中の学校に奨学生として応募した後、「日本学生支援機構(JASSO)」からお金を借りる流れになります。

日本学生支援機構の奨学金制度には2つの種類が存在します。

  • 利息なしの第一種奨学金(給付型)
  • 利息ありの第二種奨学金(貸与型)

ただし、これは自身の希望によって制度を選べるわけではありません。

本人の学力と親の収入などを参考に審査が行われ、その結果により適用される制度が決まります。

また、奨学金は「授業料などの学費」「教材費」「サークルや部活動の活動費」「家賃」「食費」「水道光熱費」などが使用使途となります。

奨学金はあくまでも学生生活の充実度をはかることが目的なので、学業に関すること以外には使えません。

さらに返済は卒業後からおこなわれるので、自身のそのときの収入などを考慮して申し込む必要があります。

カードローン

個人の目的に合わせて自由に借入を行いたい場合は、カードローンを利用するのがベストです。

カードローンは無担保なうえに保証人なしでお金を借りられますし、初回契約の際に設定される利用限度額の範囲内であれば何度でも利用することができます。

そして、20歳以上の方でアルバイトによる安定収入があれば、学生でもカードローンの審査に通過する可能性は高いでしょう。

最短即日融資が可能なことも多いですし、親や周囲の人にお金を借りたことを知られたくない方にも向いています。

また、カードローン会社には、無利息30日間サービスを利用できることもあります。

その場合、契約時より30日間は金利0%でお金を借りられます。無利息の期間はカードローン会社によって異なりますが、決められた日数内に借入額の完済をおこなえば金利負担なくお金を借りられるということです。

クレジットカードのキャッシング枠

なるべく早めに資金を用意したい時は、クレジットカードのキャッシング枠(利用限度額)を使うのも一つの手です。

クレジットカードにはショッピングに利用できるショッピング枠、お金を借りたり返したりできるキャッシング枠があります。

そして、20歳以上でアルバイトなどによる安定収入があれば、キャッシング枠の付帯は可能で、そのキャッシング枠の範囲内で銀行ATMやコンビニATMから現金を借りることができます。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は一般的に低めに設定されることが多いです。

1~5万円ほどの少額融資ならば向いていますが、必要なお金が10万円以上だったり、もしくはそれ以上だったりする場合はほかの方法を選んだ方が無難化もしれません。

また、審査通過が絶対なので、審査落ちしたときは別の方法を考える必要があります。

学生向けローン

一般のカードローンを利用するのが難しい方には、学生ローンが適しています。

こちらもアルバイトによる安定収入を継続的に得られるのであれば、お金を借りられる可能性は高いでしょう。

ただし、学生向けの商品なので借りられるお金は10万円程度なことが多く、場合によっては親の同意が必要なことがあります。

そのほかにも毎回、店頭窓口で借りる必要がありますし、毎月の返済以外に利息の支払いもおこなわないとなりません。

SNSを使った融資に注意

学生がお金を借りる方法はいくつかありますが、すべての方が利用できるとかぎりません。

お金が借りる方法がなくてどうしよう?となった場合、なんでも良いから借りられれば良いと考えることはやめてください。

なぜなら、最近は理由あってお金を借りることが難しい学生をターゲットにした個人融資がSNS上で目立つからです。

実際にSNSで個人融資、個人間融資などのハッシュタグで検索すると実態のわからないアカウントや投稿が多くヒットします。

このような投稿をおこなう方は違法業者や詐欺グループなことが多く、引っかかってしまえば個人情報や金銭トラブルに発展する可能性もあります。

お金を借りる方法がない…となった場合でも、これらの詐欺行為には近づかないようにしましょう。

まとめ

学生がお金を借りる方法についてまとめて解説しました。

学生がお金を借りるには、まず申込条件をクリアしたり審査に通過したりする必要があります。

ただし、アルバイトなどで安定収入を継続的に得られる状況かつこれまでの借金にトラブルがなければ、審査通過の可能性は見えてくるはずです。

いくつかの方法の中から自身にとって都合の良い方法を選んで申し込み、お金を借りてみてください。

そしてお金を借りたら必ず返済をおこなうこともしていきましょう。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?