HOME > バレずにお金を借りる方法を徹底解説!カードローンのことがバレる原因とは

バレずにお金を借りる方法を徹底解説!カードローンのことがバレる原因とは

「カードローンを利用したいけど、家族や会社にバレないか心配・・・」

こういった悩みを抱えている方はいませんか?

家族・会社に内緒でカードローンを契約するのは、けして難しいことではありません。

現在では多くのカードローンが、WEBやスマホアプリでの申し込みに対応しています。

ただしカードローンを申し込む際は、バレないように対策を行う必要があります。

それぞれの目的や状況を確認し、最適なカードローンを選ぶことも大切です。

ここではバレずにお金を借りる時の重要ポイントや、家族や会社にバレる原因などを紹介します。

バレずにお金を借りる時に重要なポイント

家族や会社に内緒でお金を借りるには、対策をとってバレる可能性を下げるのが最も有効です。

バレずにお金を借りる時に重要なポイントは、以下の3つです。

  • 自宅に郵送物が届かないように手続きを行う
  • 在籍確認を電話以外の方法で依頼する
  • 申込時はカードレス式のカードローンを優先的に選ぶ

ここではそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

自宅に郵送物が届かないように手続きを行う

家族に内緒でカードローンを契約する時、最も注意すべきなのは郵送物です。

カードローンの契約が完了すると、カードローン会社は申込者の自宅に利用明細書などを発送します。

この時に届いた郵便物の中身を家族が見てしまうと、カードローンだとバレる可能性が高いです。

そのため申し込みを行う時は、郵送物なしで契約できるカードローンを優先的に選ぶのがベストです。

一部のカードローンはWEB申込を利用することで、郵送物の発送を「無」に変更できます。

WEB申込で郵送物なしに変更できるカードローン
・レイクALSA

・プロミス

・アイフル

これらのカードローンなら、郵送物を気にせずに申し込みすることが可能です。

ただし遅延が発生した時に発送される督促状は、発送を止めることができません。

家族に内緒でカードローンを契約する時は、返済遅延を発生させないように注意してください。

在籍確認を電話以外の方法で依頼する

会社に内緒でカードローンを申し込む時は、在籍確認に気をつけてください。

在籍確認とは申込者の勤務先に電話をかけて、申込者の在籍をチェックする作業です。

会社の同僚や上司などが電話をとった場合、カードローンの在籍確認だと気づかれる可能性があります。

そのため申し込みを行う際は、電話以外の方法で在籍確認を完了させるのが最適です。

一部の消費者金融は申込前に相談を行うことで、在籍確認の方法を変更できる場合があります。

うまくいけば、書類提出によって在籍確認を完了させることが可能です。

しかし事前相談を行っていても、確実に対応できるとは限りません。

あくまでも「変更できる可能性がある」という話なので、過信しないように注意してください。

申込時はカードレス式のカードローンを優先的に選ぶ

カードローンの多くは取引を行う際、ローンカードの発行が必要になります。

しかし家族や会社にバレることなくお金を借りたい場合は、カードレス式のカードローンを選択するのが適切です。

ローンカードは自動契約機で発行するか、金融会社にカードを郵送してもらうのが一般的です。

しかし自動契約機で発行する方法は、建物へ入るところを家族や同僚に見られるリスクがあります。

郵送で送ってもらう方法も、同様にカードを発見されてしまう危険性が高いです。

カードレス式なら、家族や同僚にローンカードを見られる心配がありません。

いつでも自由に借入・返済ができるので、利便性も抜群です。

これからカードローンを申し込む方は、カードレス式カードローンを探してみてください。

バレずにお金を借りたい時は消費者金融がオススメ

カードローンには、銀行・消費者金融・ネット銀行の3種類が存在します。

家族や会社に内緒でカードローンを利用したい場合は、消費者金融を選ぶのがベストです。

大半の消費者金融はネット申込に対応しており、自動契約機へ行く必要がありません。

スマホ・PCさえ持っていれば、誰にも気づかれずに申し込むことが可能です。

また一部の消費者金融カードローンは、郵送物なし・カードレスで利用可能です。

ここでは、バレずにお金を借りる時にオススメなカードローンをいくつか紹介します。

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込OK

在籍確認の電話が原因でカードローンのことがバレないか心配な方は、SMBCモビットに申し込んでみてください。

SMBCモビットは唯一、【職場連絡なしで申込OK】と宣言しているカードローンです。

WEB完結を利用すれば、電話連絡なしで申し込むことができます。

ただしWEB完結申込で申請を行う時は、以下の条件を満たす必要があります。

WEB完結申込の申請条件
・本人確認書類を提出する

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を持っている

・健康保険証が組合保険証、もしくは社会保険証である

・収入証明書として源泉徴収票、所得証明書などの書類をいずれか1点提出する

条件を一つでも満たせなかった場合、WEB完結申込で申請することはできません。

SMBCモビットに申し込みを行う時は、申請条件をきちんと満たしているか確認しておいてください。

柔軟な対応が可能なアコム

アコムは申込者の要望に合わせて、臨機応変な対応をとってくれるカードローンです。

WEBもしくは電話から申し込むことで、銀行口座に直接お金を送金できます。

うまく利用すれば、ローンカードを使わずに借入・返済を行うことが可能です。

持ち歩く必要がないので、家族や同僚にローンカードを見られる心配もありません。

ただし振込にかかる時間は、利用する金融機関ごとに違います。

各金融機関の振込実施時間は、以下の通りです。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 ~ 日曜・祝日 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行

ゆうちょ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行
月曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 19:59 受付完了から1分程度
20:00 ~ 23:49 翌日 9:30頃

借入を申し込む時間によっては、送金実施は翌日以降になります。

そのため当日中に融資を受け取りたい場合は、なるべく早めに手続きを完了させるのが最適です。

アコムに申し込みを行う時は、事前に金融機関の振込実施時間をよく確認しておいてください。

郵送物なしで借入できるプロミス

自宅に明細書などの書類を送ってほしくない時は、プロミスが役立ちます。

契約時にWEB明細を設定しておけば、自宅に郵送物が届くことはありません。

ただしローンの返済を1週間以上延滞すると、自宅に督促状が発送されます。

返済が遅れそうな時は、以下の対処法を実践するのがオススメです。

  • 延滞前に電話をかけ、○○日までに返済することを約束する
  • 利息のみ返済する(毎月の支払い額の半額程度)

うっかり返済を延滞してしまった時は、督促状が発送される前にこれらの対処を実践してみてください。

家族や会社にカードローンのことがバレる原因

カードローンのことがバレる可能性を最小限に抑えるには、申込前の対策が有効です。

しかし人によっては、対策をしていても家族や会社にバレることがあります。

ここでは家族や会社にカードローンのことがバレる原因について解説します。

自宅にカード会社の郵送物が届く

家族にバレる原因で最も多いのは、【延滞ハガキを家族に見られる】です。

ローンの延滞が発生すると、カードローン会社はまず利用者に督促の電話をかけます。

この電話に出れなかった場合、自宅へ発送されるのがこの延滞ハガキです。

延滞ハガキを家族や同僚などが見てしまうと、ほぼ確実にカードローンのことがバレます。

ハガキの発送を防ぐには、以下のように対応するのが最適です。

・電話に出て返済が遅れた理由を伝える

・返済できる日時を明確に伝える

カードローン会社から電話がかかってきた時は、必ず電話に出てください。

財布内にあるローンカードを見られる

ローンカードを発行する時は、家族や同僚にカードを見られないよう対応する必要があります。

カードに社名が表記されていると、一目見ただけでもローンカードだとバレてしまう可能性が高いです。

どうしてもカードを発行する必要がある場合は、バレにくいデザインのローンカードを優先して選んでみてください。

バレにくいデザインとしてオススメなカードローンは、以下の2社です。

  • レイクALSA
  • アイフル

これらのカードローンは、カードに社名が表記されていません。

そのため見られたとしても、ローンカードだとバレる可能性はかなり低いです。

銀行口座の引き落とし履歴を見られる

口座からローンの返済額を引き落とすと、通帳に会社名が必ず記載されます。

この時家族が通帳履歴を見た場合、カードローンのことがバレるのは確実です。

ただし口座の引き落とし履歴は、事前相談を行うことで別の会社名に変更することが可能です。

たとえばレイクALSAは【新生銀行】、アコムは【ACセンター】として記帳できます。

このように通帳の名前を別会社に変更しておくと、通帳履歴でバレる可能性は大幅に減ります。

家族が通帳を見る可能性がある場合は、ぜひこの対処法を活用してみてください。

夫婦共同名義の住宅ローンを組む際にバレた

家族にバレる原因の中でうっかり見落としやすいのが、【夫婦共同名義の住宅ローン申請】です。

夫婦共同名義の住宅ローンは、夫婦二人の情報が審査対象となります。

そのためカードローンで高額な借入を行っていると、審査を通過できないことがあります。

複数の会社から借入を行っている場合も同様、審査を通過するのが難しいです。

もし審査落ちが原因でカードローンのことがバレそうになった時は、以下のような言い訳がとても有効です。

・車のローンがまだ残っていた

・未払いだったクレジットカードの支払いが影響した

夫婦共同名義の住宅ローンを申請する際は、その前に信用情報を必ず確認しておいてください。

契約機に入るところを近所の方に目撃された

自動契約機はローンカードの発行や申込手続きを行うのに便利なものです。

しかし契約機へ出入りするところを知り合いに見られた場合、高確率でカードローンのことがバレます。

場合によっては噂が広まり、最終的には家族や会社にもバレてしまうかもしれません。

こうした事態を避けたい場合は、WEBから申し込みを行うのがベストです。

SMBCモビットやプロミスのWEB完結申込なら、自宅から気軽に申し込むことが可能です。

必要書類の提出も写真で対応できるので、近所の方に見られる心配は一切ありません。

自動契約機に行くのが不安な方は、WEBから申し込みを行ってください。

長期延滞によって給料を差し押さえられた

カードローンの返済を長期間延滞してしまうと、まれに給料の差し押さえが発生します。

当然給料の差し押さえが発生すれば、カードローンの存在が会社側にバレるのは必然です。

ただし給料の差し押さえが発生するまでには、いくらかの猶予があります。

給料が差し押さえられるまでの流れは、以下の通りです。

1.自宅や携帯に「返済が遅延している」という内容の電話がかかってくる

2.電話に出なかった場合、自宅に延滞ハガキが届く

3.ハガキを郵送しても返済がない場合、自宅に再び督促状が届く(1より強めの催促)

4.ローン会社の職員が自宅を訪問する

5.ローン会社の職員が勤務先を訪問する

6.ローン会社が貸金請求訴訟を起こし、「支払い督促」の申し立てをする

7.裁判所から「仮執行宣言」が下され、給料が差し押さえられる

給料の差し押さえは、基本的に返済を4ヵ月以上延滞した時のみ実行されます。

そのため4ヵ月以内にお金を返済すれば、差し押さえが発生することはありません。

ローンの返済を滞納してしまった時は、必ず4ヵ月以内には返済を行うようにしてください。

まとめ

バレずにお金を借りる時の重要ポイントやバレる原因などについて解説しましたが、いかがでしたか?

バレずにお金を借りるには、申込時に対策を行うことが必須です。

郵送物なし・電話連絡なし・カードレスの3条件を達成していれば、バレる可能性は最小限に抑えられます。

また家族や会社に内緒で申し込みを行うには、それぞれの目的に適したカードローンを選ばなければいけません。

WEB完結申込やWEB明細など、サービスの内容は各カードローンごとに違います。

誰にもバレずにカードローンを利用したいと考えている方は、ここで解説した知識を活かして対策を行ってみてください。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?