HOME > プロミスのフル入力ってカンタン入力よりいいの?

プロミスのフル入力ってカンタン入力よりいいの?

こんにちは。
「お金借りれる?」管理人です。

プロミスに申込みするときに悩むのが
フル入力かカンタン入力かでしょう。

このページでは違いを
一瞬でわかる表を作成しました。

どちらで申込むのがいいか
絶対に参考になりますので
ぜひ見てくださいね。

フル入力とカンタン入力の違いの表

それではプロミスの
2つの申込み方法の
違いがわかる表をご覧ください。
カンタン入力 フル入力
申込み項目の数 18項目 36項目
入力時間の目安 4〜8分 10〜14分
電話の回数 3回 2回
電話の総時間 36分 15分
在籍確認の相談 可能 こちらから電話
入力+電話時間 40〜44分 25〜29分
フル入力とカンタン入力の大きな違いは
入力する項目の数だけです。

ただ、それにより入力する時間と
電話の時間が変わります。

フル入力は下記の人にオススメです。
  • 文字入力は苦じゃない
  • とにかく早く申込みを終わらせたい
  • 電話により在籍確認は大丈夫
  • 話すのが苦手
カンタン入力は下記の人にオススメです。
  • 文字入力が苦手
  • 電話の在籍確認を避けたい
  • 申込み後に15分くらいの電話は対応可能

申込み項目の数

申込み項目は
下記のような違いでした。
カンタン入力 フル入力
お客様情報 6項目 9項目
自宅情報 3項目 5項目
勤務先情報 3項目 13項目
契約方法など 6項目 8項目
アンケート 無し 1項目
合計 18項目 36項目
所要時間 4〜8分 10〜14分
一番違うのは勤務先情報です。
この項目でわからないところがあるのであれば
カンタン入力にしておいたほうが無難です。

下記のような項目が勤務先情報です。
カンタン入力 フル入力
雇用形態
勤務先名 ×
勤務先名フリガナ ×
郵便番号 ×
勤務先住所フリガナ ×
所属部署 ×
電話番号
社員数 ×
最終学歴 ×
入社年月 ×
税込み年収
健康保険証の種類 ×
業種 ×
職種 ×
勤務先情報は審査に大きく影響する内容です。
入力に自信がなさそうな項目があれば
カンタン入力にしておくのが無難ですよ。

カンタン入力なら、オペレーターの方が
正しい勤務先情報となるように
しっかりと対応してもらえます。

 

続きますね。

トップに戻る
© 2002-2020 お金借りれる?